2023-08-09(Wed)

クラブROKU・GO・MARU 酷暑のキャンプツー

「海の恩恵に感謝するとともに、海洋国日本の繁栄を願う。」との定めで7月の第3月曜日は「海の日」なる国民の祝日で、今年は 7月17(月曜日)に当たる。

昨年の「海の日」の記事の書き始めをまんまコピーした今回の書き出しだが、今年の同じ「海の日」にも昨年と同じ場所で遊んでいたのだ。
それも、これまた昨年同様 クラブROKU・GO・MARU のメンバーからの誘いで参加した今回のイベントだが、実はこのイベント 昨年から企画されては悪天候で流れての3度目となるキャンプツーリングで、今回こそは決行出来そうなのだ。

2023.08.05 (1)

出発は、海の日の前日となる 7月16日曜日)になるが、更にその前日にたまたま遊びに来たダブワン乗りも誘ってみたら、昼までなら走りを付き合えそうとのことで、同行して行くことに。

2023.08.05 (2)

クラブROKU・GO・MARU のメンバーとの合流は、道の駅喜連川だが、集合時間ギリギリとなる11時頃に到着した。

それにしても酷暑状態で、日差しの下には居られない。

2023.08.05 (3)

次のポイントまで炎天下の走りに出発!!

2023.08.05 (5)

そんな次のポイントとは、道の駅喜連川の目と鼻の先にあるスーパーに寄り込んで・・・・。

2023.08.05 (4)

キャンプ時の食材や飲み物を調達するために寄った訳だったが、当たり前に店内は涼しくて、外に出たくない気にさせられる。

2023.08.05 (6)

実はこの日 大失敗してしまって、ワタシはジャケットを着るのも酷だったので、半袖ツナギの軽装でダブワンを走らせたが、陽射しを甘く見たわけではないが、思いの外 酷い目に遭うことに。。。。

2023.08.05 (7)

目的地は茨城県奥久慈で、食事処と旅館を兼ねて、更に少し離れた自宅前にキャンプ場もあるバイク仲間が " かくれ里 ” として経営する場所へと向かった。

2023.08.05 (9)

ご主人は、カワサキダブワンやハーレーダビッドソンは長年愛用してるようだが、昨今は昨年入手されて各部に手を入れて楽しんでるメグロ250ジュニアS8 を披露して楽しませてくれる。


2023.08.05 (8)

お昼は、ここで奥久慈名物のしゃもを使ったせいろと田楽など頂く♪


2023.08.05 (10)

キャンプ場に移動して、陽が落ちる前にテントの設営やBBQの火おこし準備などなど。。。

そんな中、雨雲が近づいてくる予報もあるので、メンバーが揃ったところで記念写真など撮ったりして。。。
この写真を撮った直後に予報からは遅れ気味だが、雨が落ちてくるのであった。


2023.08.05 (11)

昨今流行り!? のゲリラ雷雨ではなく、昔ながらの夕立的な雨降りだったので、1時間足らずで上がった雨は、過ごし易さを残してくれた感じでかえって良い雨だった ♪

ここからが本番で、日付が変わる頃までアッと言う間の感じで時が過ぎてゆくのであった!!



テント宿泊組と、旅館での布団寝組に分かれたのだが、ワタシは布団組としてグッスリ眠ることが出来た。
聞く所によると、テント組も思いの外 心地く過ごせたそうで、良かったようだ ♪

2023.08.05 (12)

いよいよ海の日となるこの日も、陽射しは刺さるようにキビシイ そんな 7月17(月曜日

キャンプ場に戻ってテントやテーブルなどなどBBQ絡みの道具撤収を済ませ、再び旅館に戻り軽く朝食も済ませてノンビリしながらの11時を回った頃に宿を出る。

本来は3日間のスケジュールで、2日目はここを拠点としてのツーリングを行うことになっていた様だが、訳あって一泊コースとなったそうだ。


2023.08.05 (13)

国道迄の道はこんな感じで、しかも国道までの高低差もそこそこあるのだ。

このあと、数分で到着する「月待の滝」の所の蕎麦屋へと向かう。

2023.08.05 (14)

月待の滝は、滝の裏側まで簡単に行けるので、良い感じに涼むことも出来るが、酷暑の折この滝を目指す方々も多く、駐車場も満車状態だった。

しかも、隣接されてる蕎麦屋さんの方も案の定 満席状態で、ここの蕎麦は見送ることにした。

そして昼食は、よく忘年会の帰り道に寄らせて頂いていた烏山の蕎麦屋さんに向かうことにする。

2023.08.05 (15)

忘年会の宿からと同じルートとなるアップルラインを経由して、烏山へと進む。

2023.08.05 (17)

運が良いのは、日曜定休となるこの店に、この日が上手いこと避けられたことと、我々の注文で丁度 蕎麦が完売となったので滑り込みセーフってな感じで良かった ♪

そんなことで、冷たいとろろ蕎麦を頂きます!!

食後は、ここまで来たら今や那須烏山の名所となる「山あげ会館」に寄らずにはいられないとのことで、ほんの数百メートルの移動とする。

2023.08.05 (18)

山あげ会館のスタッフにシャッターを押して頂き、カワサキ・メグロK3の看板前でパシャリ!!

会館内のメグロ車両や展示物を見ながら涼み、売店でアイスを頂き体もクールダウンしたところで、解散の段取りとなる。

2023.08.05 (19)

帰る方向とルートを相談しながら、ここで解散となるが、ワタシは東北自動車道・鹿沼インター経由で帰る方の道案内をしながらの流れ解散とする。

皆さま終始 酷暑の中お疲れ様でした。


ワタシの失敗は炎天下の元 半袖で走った3時間ほどで、陽にさらされた腕が真っ赤になり、2日目のこの日に大子のホームセンターで腕カバーを調達してしのいだ訳だが、この2日目も素肌を晒していたら完全に低温やけど状態になったのでは!?
数日間はヒリヒリが納まらなかったほどだった。

昨年のチャレンジ1,000 でも同じようなクッキリ日焼けをしたのだが、一年経つと忘れてしまう不甲斐なさである。




関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR