2022-12-31(Sat)

クラブROKU・GO・MARU クルマでツーリング

当然ながら基本的にはバイク仲間(特にダブワン系の)としての繋がりである クラブROKU・GO・MARU だが、今回は その中でも趣味のクルマ繋がりでツーリングしましょ! と声を掛けられた。

2022.12.29 (1)

だが、ワタシのスバルR-2は今回お休みとし、その代わり やはりいつもはダブワンでご一緒してる方の昭和43年型日産セドリック130型に便乗させてもらうこととなった。

12月11日曜日)7時に迎えに来て頂いたと同時に、エンジンフードを開けキャブレター調整に余念がない。

2022.12.29 (2)

9時を少し回った頃に、待ち合わせ場所となってる道の駅はなぞのに到着。

既にクラブROKU・GO・MARU のメンバーの参加者は揃っていた。

2022.12.29 (3)

今回はクルマだけではなく、単車も複数台の同行もあるようで、暫しここでの会話も盛り上がってきている。

クルマが4台に、単車が3台で道の駅を出発することになるが、その中の2台のダブワンは途中で抜けることになった。

2022.12.29 (4)

秩父の市街地に入るまでは特に渋滞もなかったが、いつの間にか信号何回か待ちのノロノロ状態になってしまった。

再び市街地を抜けた頃になると、先ほどの渋滞のクルマたちは何処に行ったのか!? と思うほどになった。

2022.12.29 (5)

ほどほど走って国道から逸れ秩父鉄道を渡った先の山間に、目指した蕎麦屋に到着。

昼少し前の11時40分頃になるので、当然と言えば当然に先客が列をなしていたが、人気店だと聞いていたので、この時間の到着でも食材が間に合うのかも少々心配するところだ。

2022.12.29 (6)

30分以上待って席に案内され、お勧めのメニューをオーダーすることが出来た。

ここの店主は、毎日蕎麦打ちの採点を店内に掲げてるようで、この日は " 83点 ” とされていた。

比較的女性客が多く見受けられたので、女性にウケが良い様にも思える品揃えと量が頷ける。 


秩父の蕎麦を堪能できた後は、再び国道140号線に戻り、更に西に向かい程なくして県道37号で小鹿野へ逸れ、秩父ワインの直売所へと向かう。

2022.12.29 (7)

明治時代の樽の前で記念撮影!!

運転しないワタシと、もう一方の2人でワインの試飲をし、その意見を参考にお土産にとワインを購入される。

中々クオリティーの高いワインのようで、品評会でも高評価を頂いてるようだ。


秩父ワインから走ること、ほんの数分で着く小鹿神社にも足を運ぶ。

2022.12.29 (8)

小鹿野には何年か前、ほんの数年間だが、バイクのミュージアムもあったほど、バイクで町興しをしたほどだった。

2022.12.29 (9)

ここもバイク神社と呼ばれるほど、バイク乗りが多く参拝するそうだ。

賽銭箱の脇には、交通安全のお守りを始め、ステッカーやらタオルやキーホルダーなどなどバイク関連グッズが即売されていた。


空には雲が多くなって来たので、ワタシはバイクほどの寒さはないので気にならないが、バイクで参加されてる方や、オープンカー全開で参加されてる方も居るので、14時半ごろには撤収し、帰路方面と足を向ける。

2022.12.29 (10)

国道299号から、国道140号を経て、渋滞を避けるように県道82号を経由し再び国道140号を走り、道の駅はなぞのまで戻る。

フェアレディはそこで幌を張り、バイクの方とも ここで解散をする。
 
来るときは大泉から利根川を刀水橋で渡って熊谷経由で来たが、帰りは北武蔵広域農道で深谷を経由し妻沼運動公園を横切って刀水橋へと向かうルートで来た。
スマホナビに従った訳だが、通り慣れてない道なので結果的に早かったのかどぉか分からないが、悪い選択でもなかったのだろうと。。。。

DSC_1572.jpg

すっかり暗くなってからの到着ではあるが、時刻は17時45分なので、冬のこの時期でなければまだまだ明るい時間帯である。
それほど意外と早く到着できていたのだ。

バイク仲間ではあるが、同時に古いクルマの趣味も重なることから、今回の様な集まりもまた楽むことが出来た♪

またの機会にもお誘い頂けたらと思います!!




関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR