2022-10-29(Sat)

伊豆・箱根ツーリング ~

何年振りかに参加させて頂いた5月のW1箱根ミーティング」には " 当時 "のナンバー欲しさに入手したカワサキ650RS-W3を 何十年かの眠りから覚ましての参加だったが、そのW3は今回参加される方へと受け継ぐこととし、その代わりにワタシは カワサキ650W1スペシャル(初期型)を7年ぶりに公道復帰させた 

2022.10.20 (1)

 今回もW1箱根ミーティング」の先乗りで伊豆方面に泊まることとし、10月8土曜日)6時50分頃には出発とする。

2022.10.20 (2)

5月の時と同じようなルートで、圏央道の白岡菖蒲I.Cから乗ることにしたので、インター手前のコンビニ休憩まで一気に走る。

2022.10.20 (3)

高速道路に入る前には単車も腹いっぱいにしてやる。

2022.10.20 (4)

狭山パーキングエリアにて、メグロ&ヤマハ親子と合流し、箱根を目指すが、事前打ち合わせとして小田原厚木道路を経由し箱根新道へ向かうこと。 小田原厚木道路に入ったら一つ目の料金所付近のパーキングで一旦休憩することを申し合わせた。

タイミング的に八王子ジャンクション付近での渋滞は免れないだろうが、その予測以上に手前から渋滞は始まっていた。
しかし、その渋滞の先頭はトンネル内での玉突き事故が発生しており、それを過ぎると一時的ではあるが、流れが良くなってから本命の八王子ジャンクションで再びの渋滞となった。

2022.10.20 (5)

大型車両に阻まれて遅れた1台を厚木インター出口で待つが、それより先に行った3台に連絡をするも反応得られず。
 
先に行って、既に予定のパーキングで休憩してるハズだろうから、多少遅れても着信履歴に気付けば折り返しの連絡も来るだろうと思っていたが。。。

2022.10.20 (6)

小田原厚木道路のパーキング毎に先行の方々を探したが、見当たらない。
最後のパーキングでやっと連絡が来たと思ったら既に箱根新道の途中まで登ってとのことで、そこで待ってるとのことに。

何と、一番道に明るいハズの方が、予定ルートの小田原厚木道路を外れ西湘バイパス経由でここまで来たとのこと。
途中のパーキングにも入れず、この場まで連絡する術がなかったとのこと。
どぉりで会えないハズであった。 まぁ~事故や故障などでなくて安心したが(苦笑)

2022.10.20 (7)

W1箱根ミーティング」の会場となる十国峠ドライブインの翌日は、多くのダブワン関係で埋まるであろう。

この日は初代トヨタ・ソアラが20台前後集まっていて、その中の「水戸ナンバー」のソアラ乗りの知人から思わず声を掛けられた。
ダブワンやCBナナハン乗りでもある彼が、見覚えのあるワタシのダブワンが停まったことからだったが、なんとも奇遇である。

2022.10.20 (8)

ドライブインで軽く食事をしたら、伊豆スカイラインで中伊豆を目指す。

2022.10.20 (9)

熱海の街を見下ろせるビューポイントで休憩。

ちなみに、この真下には、東海道新幹線が通ってるようだ。

2022.10.20 (10)

亀石峠インターで降りて、修善寺方面へと。。。。

2022.10.20 (11)

天城湯ヶ島のコンビニにて小休止。

2022.10.20 (12)

伊東西伊豆線から仁科峠宇久須線に逸れ、直ぐの西天城高原駿河湾を見下ろす。

2022.10.20 (13)

仁科峠宇久須線から西伊豆を走る国道136号線へと向かう。。。

2022.10.20 (14)

観光ポイントとして外せないとやらの " 恋人岬 " に寄り込むが、さすがにそこでの記念写真は見送ります(苦笑)

2022.10.20 (15)

" 恋人岬 " から国道を北上して間もなくの左カーブ先のガソリンスタンド前で、先行のヤマハXS650は対向車がガソリンスタンドへと無理に横切るのを白煙を上げて車体をスライドさせながら間一髪で交わした。
後から横切ったクルマの運転手から謝罪は受けたが、改めて路面を見ると20メートルはあるだろうタイヤ痕が生々しい。

2022.10.20 (17)

中伊豆のライダーハウスに着いたのは、すっかり暗くなった頃ではあるが、単車を屋内管理して頂けるのは有り難い♪

2022.10.20 (16)

ひと風呂あびて、落ち着いてから頂くビールは美味い!!

水戸藩カブの常連さんで地元近くの方から、地ビール&日本酒の差し入れで乾杯!!!
事故や大きなトラブルもなく、この場で笑って宴会が出来るのが一番の幸せ♪
 
明日はメインイベントでもあるW1箱根ミーティング」への参加なので、深酒は控えて日付が変わる直前までにするのであった。


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR