2019-05-25(Sat)

第8回 モーターサイクルミーティングin足利


今年も5月19日(日曜日)に、恒例の足利大学で行われたのバイクイベントに参加してきた。



昭和30年代の車両を並べる常連さん達は、展示場所も毎回同じ場所でイベントに安定感を与えてるようも見える♪



こちらの並びも昭和30年代の浅間火山レース時代からのホンダCR71などは、先日ツインリンクもてぎで行われたグッドオールデイズにも参加されていた車両たち。



国産旧車の代名詞の一つ、メグロの末期的重量車のスタミナ500K1が展示されていた。

目黒製作所が経営難で川崎重工業に吸収された後3年足らずの頃のホンダでは、遊び心満載でシートやハンドルが折りたたみ運ぶことを容易としたレジャーバイクのモンキーは、Z50Mとして本格的に販売開始された。




この日は、湿度が低かったのか晴れ間が出ても さほど暑さが厳しくなかったようだ。

未再生のBMW R69 と真ん中は目黒製作所の設計だが、カワサキに吸収されてからの発売となる、カワサキ250メグロSGT、その先は昭和40年に発売開始されてからマイナーチェンジを受けた2代目のドリームCB450K0。

テールランプは、この2代目のみ専用設計になったタイプ。




今回ワタシが持ち込んだ車両は、以前にもチラッと紹介したことがある、スウェーデンの軍用自転車。
傍らでスマホを操作してる方から20年ほど前に譲って頂いたモノだ。



もちろん、今回のイベントのテーマでもあるモーターサイクルも一台持ち込んできてる。
この ホンダVT250F であるが、こぉ見えてこの初代モデルはデビューから37年の歳月が経つのだ。



今回一番古い車両に思えたのは、こちらのノートンで、この日は戦前車両は唯一だったように思えた。



昼近くになると帰り支度もチラホラ見えてくる。



今回一番気になった車両は、昭和30年代初頭の山田輪盛館・ホスク250NK-AB型

やはり、日本人が日本国内生産の特に消え去ったメーカーの車両を後世に残さないでどぉする!?



アマル三國製のキャブレターは、油面が目視出来るよう改良されていた。



昼を過ぎ1時近くになると参加者各位も昼食を求めてか? 益々空きが多くなる。

昨今急激に人気上昇している ホンダスーパーカブ だが、いわゆる “ 吊りカブ ” の愛称を持つ生産立ち上がりの頃になる昭和34年型のC100が自走参加されていた。

オリジナル度が高く、なおのこと未再生原型仕様で時代性を感じさせる色あせ方が魅力の一つだ。




午後の一時半を回った頃に、出店者各位等のご好意で景品争奪のジャンケン大会を何回戦か行って、閉会の挨拶へと流れる。
 
今回は快晴に見舞われながらも、特に暑くもなく快適な一日でノンビり過ごすことが出来た♪
今からまた来年が楽しみだ♪♪

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR