2018-08-31(Fri)

ホロルの湯 スーパーカブミーティング


まだ30℃を軽く超える日が連日な夏真っ只ではあるが、平成最後の8月の休日もメチャクチャ暑かった
その日 月26日日曜日)は、茨城県城里町に居た。  第4回ホロルの湯『夏まつり』に合わせて “ スーパーカブ・ミーティング ” が催される関係で、水戸藩カブも展示協力を行うとのこととなり、その関係者からのお誘いもあり参加させてもらった。



ワタシが持ち込むカブ系の展示車となると定番のホンダC310であり、ここのところはイベント展示のためだけの活動となる。
逆に、このような時に出さなくてどぉする ってことなので、必然的な存在だろう
 
そんな訳でペダルを漕いで受付場所へと向かう



ホロルの湯の玄関前ロータリーの向かって右側歩道がカブ系の展示スペースとなり、仮設テントで受付を済ませる。

当たり前だが、水戸藩カブの方々が持ち込むスーパーカブC100スポーツカブC110や、今回はそのライバル車も特別展示とし、トーハツランペッブリヂストン・チャンピオンホーマー山口オートペットなどもランダムに展示される。



青山のカフェカブなどでは見掛けるが、水戸藩カブでは見ることのない小さくチョップされたカスタムカブなども展示されて、多くのギャラリーが足を止めていた

ワタシのC310は、同じ様に足漕ぎペダルの付くリトルホンダPC50と並べて展示することとした



何誌かの雑誌の編集者も取材に来られ、めぼしい車両などトッピングし撮影されていた

この時もホンダスポーツカブC111C110をコンビで撮影されていた。
ワタシも撮影の対象になったが、さて雑誌に載るのかどぉか



スーパーカブのデビュー当時にライバル車両の一つであった、山口オートペットAP10型
ウインカーが標準装着される直前のモデルで、未再生原型となる希少な個体。

これより前のモデルになると、搭載エンジンはガスデン製ではなく、ハンドルもプレス仕様ではなく、パイプハンドルが付くタイプになるが、今となっては中々お目に掛かることが出来ない




展示参加以外に、ギャラリーとしての自走参加された方々にもホロルの湯から特典があったようだ。
この炎天下の催しに関わらず、ピーク時にはカブ専用の駐車スペースだけでは間に合わなくなるほどの盛況振りを見せていた



ホロルの湯の館内にも地元のホンダディーラーから新車のクロスカブやリニューアル発売された出来たてホヤホヤのマウンテンゴリラ巨大なモンキー125が並べられていた。
ちなみにクロスカブは日本製だが、モンキーはタイ生産車両だそうだ



地元 城里町出身のダートトラック・プロライダーの大森雅俊選手たちのスーパースライドデモ走行ショーなども午前&午後の2ステージで盛り上がってます



タイヤスモークも大盤振る舞いで、アスファルトもエグレ、エンジンはオーバーヒートでこの暑さも吹っ飛ぶほどの盛り上がり

革ツナギを着るだけでも汗だくだろうが、このパフォーマンスは凄まじいの一言に付く



暑さもピークを迎える昼を過ぎた頃、水戸藩カブの紹介タイムが特設ステージで行われるが、その前に雑誌の取材も兼ねて集合写真を撮るとのこと




水戸藩カブ主宰の阿久津さんと、展示車両の取り纏め担当をされていたエドのきしたさんがステージから水戸藩カブの行うイベントの紹介や案内を行う



しかし今回どれだけペットボトルで飲んだか
施設内に設置されてる自販機内の飲み物は水系のモノから次々と売り切れの表示に変っていた
 
普段あまり  カキ氷など食べないワタシでも子供から分けてもらう始末だった。
ちなみに、この日の水戸方面の気温は37℃を超えたそうだ

ところで、今回の開催場所の「ホロル」とは、開催地の城里町に伝わる伝説の中で登場するフクロウの名のこと。
町のマスコットでもあるそうだ

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR