2018-05-18(Fri)

ホンダの原点(本田技術研究所)に接して


 5月6日日曜日) ツインリンクもてぎ で行われた  2018Good Oldays” の帰りしなには コレクションホールに寄るのも毎度の流れになってる



早速入館して右手の展示エリアに向かうと、コレクションホールが開館20周年を迎えた機に記念してHONDA創業時からの足跡紹介する「ホンダの原点へ」な企画が催されていた。 
 
カーチス号がいきなり出迎えてくれたが、戦後最初の湯タンポ転用タンクのA型自転車バイクから、独自のフレーム最初のチャンネル型フレームで2ストエンジンのドリームD型が・・・。



ガラスケース内には未再生原型でアルミ鋳物のA型用燃料タンクを置き、タンクマークの変遷を紹介していた。
 
かつてはワタシもこのすぐ後の未再生原型のC型を所有していたことがあったのが懐かしい



ホンダがドリームD型以降に4ストエンジンを載せたドリームE型が製造された後には、全国の自転車店を販売網に取り入れるために、再び自転車取り付けエンジンを開発、当時の箱入りで発送納品されたスタイルを再現展示されていた。



終戦後の農家にも機械化をと昭和28年には農機用エンジンを、昭和34年には耕運機を世に送り出したとさ。



自転車用補助エンジンからスタートして10年後には、4輪車開発に着手し、昭和37年に発表されたのはDOHCのトラックと画像にある360ccのスポーツカーだった

足跡の展示はまだ続いたような気がしたが・・・
 中庭の試運転コースで何か走行スケジュールが組まれているようなので、それまでのわずかな時間で3階のフロアを見学



昭和40年代のホンダフォーミュラー第一期参戦車両がズラリ
これまた贅沢な空間である



時間になるので中庭に向かうと、これまたホンダ創成期のモデルのA型補助エンジン付き自転車を 先ずは数十メートル漕ぎながらでエンジン着火
 
ジェット型のヘルメットが雰囲気台無しだが、取り付けられたエンジンは50cc 1馬力で、HGK(本田技術研究所)の浮き文字がベルトカバーに入る。



続いては、ず~っと新しい・・・ とは言え48年も前になる、昭和45年秋に発売開始された ホンダZ 360
 
今回走ってる初代モデルは空冷2気筒エンジンだが、翌年の12月にはマイナーチェンジを受け、エンジンは水冷化された



再び館内に戻り、今度は2階の市販車展示コーナーで またまた自転車バイクのA型と隣がC型で96cc、更に奥は最初にカブの名が着いたF型である(肝心なエンジンが写ってないので、単なる自転車にしか見えないが・・・)



2018Good Oldays” でも展示されていた ロードスターキット装着車両に、ラリーキットスチューデントキット装着の各CA105 
 
ワタシもかつては・・・ロードスターキットを新品でストックしていたり、ラリーキット装着の車両までも所有していたりもしたが・・・ それもかれこれ20年以上は経つのかな・・・



2階・3階の中央エリアには、スーパーGT特集と題して、かつてタイトル争いを繰り広げていたトヨタ、ニッサン、ホンダのライバルマシンが・・・
こちらの企画は来月半ば辺りまで展示されてるそうな。

たまに行くと展示企画など様変わりしていて飽きさせないので楽しい
コレクションホールは入館無料なのが嬉しいのだ。  また何かの機会に見学させて頂きます



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

まさにタイムスリップしたような1日でしたね~! A型自転車バイクの湯たんぽタンクは戦後の物資難の影響でしょうか?
時代が偲ばれます。。3枚目の画像の奥では…お子さんが耕運機と記念写真でしょうか?なんかほっこりしますね。未再生原型のC型の過去の記事はすっかり忘れてまして、すぐさま読み返しました!!

No title

> yukiusagiさん

ワタシの場合 普段が軽いタイムスリップ状態なのですが・・・
自転車バイクそのものが物資難の状況に生み出された産物でしょうから、至るところの創意工夫から始まったのでしょうね

そぉですね、3枚目の画像の奥ですね
カウル付きのバイクやオープンカーそのものは珍しくないですが、ピカピカの耕運機なんて都会の方にとってはね

かつて所有していたC型ですが、今も未再生状態なのかは分かりませんが、大切にされてるとは思います
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR