2017-08-09(Wed)

チャレンジ1,000 2017


毎年夏の恒例行事、既に先々週末となる7月29日(土曜日)に行われたが水戸藩カブ主催の “ チャレンジ 1,000 ” に参加させてもらった。

先日は、その前準備記事を書いたが、遅まきながら本編となる。
今回も画像20枚ほど貼って長編記事一本とする予定
 
で、早速ツインリンクもてぎ南ゲート前からの画像になる。
昨年のことを踏まえて、今回は10時半前には星ふる里にトランポで乗り付け、そこから自走にて南ゲートまで来たわけだ



スタート間際とは言ってもスタート30分前。 主宰者である阿久津さんスーパーカブC105が電装系等の不良で、急遽バッテリー交換に至る。

このあたりは取り巻きの手練が颯爽と処理してゆく



大方参加車両は集まったようで、記念の整列写真を撮ったりして いよいよ走行準備も整えエンジン始動しスタンバイ。

今回も30台余りのOHVスーパーカブが横一列に 0時スタートのカウントダウンを待ち、一斉にスタートした。。。 が、ワタシはキックスタートに手こずり、スタートのタイミングで走り出せずゲート直後の下り坂まで足でバタバタしながら押し掛けのような不甲斐ないスタートとなった
もちろん、ほぼ最後尾になったのは言うまでもないが。。。



スタートこそ だらしなかったが、似たようなスペックの車両なことと、走り出せば長丁場ゆえ時期に先行組に追い付くもんだ。

画像は92km地点足利辺りで、2時間ほど走った国道50号線の交差点
 
最後尾から出たことで、この集団より先にどれくらいの台数が居るか不明だが、各人との競争でないのでマイペースで先へ進む



関東での最後になる安中のスタンドで最初の給油を行う。
毎度のスタンドなので、過年との時間確認にも役に立つが、データ確認すると昨年より5分ほど早く到着してる

ここはセルフではなく、店員が給油作業を行うのだが、この時は店員が一人しか居なくて、この時間帯にも関わらずクルマが先にも後にも入ってくることから手が足りず、給油作業を済ませたのは昨年と同じくらいになるほどロスタイムが生まれた
まぁ、こんなこともあるさ



この日は国道50号線走行時に前橋に入った頃に雨具の着用に迫られ、その後 高崎ではドライ路面になったが、旧碓氷峠を登りだした頃には再びの雨模様となった
 
いつのも撮影ポイント、軽井沢駅の交差点 4時30分なので、昨年より数分遅れてる。 



その後は順調に進み昨年同様、松本トンネル有料道路では料金徴収時間直前に通過することができた。  
ここ3年連続でほぼ同タイムってことだ



これまたパターン化(とは言え、昨年はスルーしたような??)してる最初の休憩場所となる道の駅風穴の里は、6時40分頃になるので まずまずの流れと思われる
 
ここに来る頃が最初の眠気に襲われるころでもある



安房峠旧道長野岐阜の県境ポイント。
画像データのタイム的には昨年とほぼ同じ7時35分になる。

ここからは平湯へ一気に下るのだが、その平湯からは再び上り坂で、平湯トンネルから再び下るのだ。
そこからの下り坂は高山まで長く続くので、下り優勢にしたスプロケットの減速比が本領を発揮する。
ただし、そのスプロケ変更で登りは思ったより散々な結果であっただけに、下りには挽回したいところだ



高山を経由して岐阜から富山に入って最初の道の駅細入( 林林 : りんりんの愛称で呼ばれてる ) で、多くのチャレンジャーが休憩するポイントだ。 時間は10時チョイ前で、昨年より20分ほど早いようだ。
 
先行されてるチャレンジャーの一台がヘッドライトの点灯不良で点検整備をされてる

このあとは熱風に見舞われる富山市街を抜けるのだが、今回は冴えない天候が幸いして、暑さを感じるまでにないのが嬉しい



案の定 酷暑を感じることもなく穏やかに富山を抜け、国道8号新潟に入った道の駅越後市振の関で小休止
 
時間は、今までで一番早いと記憶する12時2分となる。



日本海を左手に見ながら延々と進む国道8号線
この日の空模様は大方こんな感じで、夏の日差しを浴びる時間はほとんどなかった。



親不知の手前辺りの駐車スペースでなにやら修理作業らしきことをされてる方々を見掛け伺ってみたが、道の駅細入でヘッドライトの点灯不良を点検されていた方だった。
状況的にヘッドライト用の発電コイルに異常が起きたようなので、補助ライトもあることから、それをメインに置き換えて凌ぐ作戦で進むとしたようだ

スタート直後は問題なく点灯していたので、今回の走行中の故障らしい。
走行自体には全く問題ないだけに、深刻な事態でないのは幸いだ。



これまた毎度の休憩&撮影ポイントとなる日本海を望む最後のコンビニ
 

時間は13時45分。 過去一番早く到着した一昨年のタイムとほぼ同じなので、明るいうちに国道294号に入れる期待が持てた



2回目であり最後のスタンド給油を昨年同様越後堀之内国道17号線沿いで済ませ、只見六十里越峠に望む。

画像データから 16時56分と確認できたので、一昨年の時間より15分遅れとなってしまってるが、この撮影時には過去の通過時間は覚えていなかったので比較も出来なかった。
 
しかし、先を急ぐ気持ちは先行してるので、停まってゆっくり眺めてる気もない。


 
会津坂下国道49号線に出るのだが、そこまでが意外と長く感じる毎回なのだ。
 
会津坂下の交差点角にコンビニがあり、休憩し易いポイントでもあるが、今回は先行のチャレンジャーが休憩してる様子もなく、その信号も丁度青信号で通過できたタイミングだったこともあり、スルーして会津若松を目指した。
 
会津若松を過ぎ国道294号に右折したころで時間は19時であった。
一昨年より15分ほどの遅れのままだが、今回はこの頃から路面はウエットとなる。 しかし雨が落ちてくる訳でもないので、単純に雨上がりなのだと思った。



国道294号線に入ってウエット路面だけと思ってはいたが、序々に霧雨状態になり、やがては完全な雨粒を受けるまでになった。
その頃には辺は真っ暗で、街灯もほとんどなく雨宿り出来る屋根があるような場所も探せない状況で、雨は本降りとなって来てる。
 
雨宿りをしたくて屋根を探しながらの走行ではなく、この状況下で雨具を着用してなかったので、その着用のための場所を探しながらと、路面が濡れてるために唯でさえ見づらい国道294号線の路肩を確認しながらなので走行ペースも半減してるのだった。 
 
そして、散々雨で濡れた先に見たのはコンビニの灯りだった(20時)
今更ずぶ濡れの上に雨合羽 と多少は躊躇したが、この先何処まで雨模様が続くかわからないので、仕方なく着用することにした。。。



先に停まったコンビニでは軒を借りて雨具の着用を済ませたが、そこから20分ほど進んだ天栄村の電気自動車用の充電スペースには屋根があったので、そこで荷箱に積んである携行缶から燃料を移すことにした

あとはノンストップでツインリンク北ゲートまで行けるハズだ
 



今回も車両的には難なく完走できた
結局ゴールまで雨は止むことなくウエット路面で幕を閉じたが、こんな状況で待ってる方など居ないようだ。
 
まさかワタシが一番乗りの訳ではないないが、時間は22時37分
 


 
北ゲートで少しだけ待とうとも思ったが、雨が落ちる中で来る気配もないことと、先行された方々は水戸藩カブの拠点でもある星ふる里に既に移動してるのではとの思いで、御前山に向かうこととした。
 
星ふる里に着いてみて出迎えてくれた方々からは、此処にはワタシが一番乗りだと聞かされたのは意外だった。
とは言え、北ゲートにゴールしてから帰宅された方も居るのは分かっていたのと、レース競技ではないので1着2着の問題ではないことでもあり、ただ単に無事に戻れたことは良かったと思った。
 
その安堵感から次は、同行のチャレンジャーの状況が心配になるが、今はモバイルツールから各人の状況報告も入り、各人色々なドラマがあることが伺い知れる。




参加された全員がツインリンク北ゲートでゴールした後に星ふる里に来る訳ではないが、半数以上の方々は星ふる里で寝てゆくパターンとなる。

今回はパンクは聞かないが、エンジンや電装のトラブル発生率が多かったように思える。
リタイヤした車両も複数台あり、他人の状況を持って過酷さを知るのであった。 まだ他人事だが、出来ることならトラブルは終始他人事で済ませたいものである
 
 

逆に期待度として、暗くなった国道294号線でのウエット路面でペースダウンしてしまったことのロスタイムに、昼過ぎの行程として無理せずとも暗くなる前の国道294号に少なくとも30分は早く入ると思われ・・・ と、自分なりのタイムを詰めることを目標に次回に繋ぐことが出来るハズ

で、毎回このイベントが済むと左手が痺れ、それは3ヶ月くらいは続くのだが、その改善策としてグリップカバーを付けると良いと聞き、今回から装着してみたが・・・ 結果として、いつもはチャレンジ1,000が済んだ2,3日後から症状が出るところ、今回は翌朝に症状が出てしまった
もしや、解消されるのも早いのかも??
逆に毎度ひどいケツ痛の後遺症もあるが、今回はそちらの方は軽い症状になってる
 何の違いかは分からないが結果が良い事は嬉しい



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

記事を読ませていただきました。

シルバーさんがあえてスーパーラウンドラリーよりもチャレ1000を優先した気持ちが分かるような気がしました。

高性能車では無く、あえてOHVのカブで走ることで自らへの挑戦としていますが、見方を変えるとマゾの一つですよね!

皆さん良い大人なんですねぇ~

No title

> Hm300さん

昨夜一気に書きましたが、まだ書き足りないこともあり加筆すると思います。

スーパーラウンド・ラリーとチャレンジ1.000キロは、Hm300さんなら分かると思いますが、丁度CB750とW1の様なもので、馴染むとどちらも良いんです

高性能車で走るなら楽に誰でも出来ますし、24時間も要らないことから「チャレンジ」にもならないですね
50年以上前の車両で走るリスクや、反面そのスーパーカブの歴史と耐久性を体感することが良いのかと思います。
なので、手動クラッチ化させたり過度な排気量アップなどで楽を求めるのも主催の趣旨に反するようです。
ワタシも4速ミッション化にしようと思いましたが、自粛してます

No title

先日はお疲れ様でした。
今年は仕事の都合でもてぎからのスタートではありませんでしたが
無事3年連続で完走を果たしました。しかも初の24時間切り!

全行程で天候にはあまり恵まれなかったものの、
それが幸いして例年よりも疲労度が少なかったです。

来年は今年出来なかった課題を克服してチャレンジしたいと
思います

No title

> がちょさん

お疲れ様でした。
がちょさんは、自宅スタートですから微妙な結果ですが、本人が納得出来てればイイんですよね 仮に納得できなくとも、次回に繋がる結果なのは間違いないですね

ワタシの課題は、数ヶ月も続く左手のシビレの発症を抑えることが出来るか でして、こんな嫌な余韻は要らないですから
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR