2016-03-24(Thu)

戦後のメグロ、最初と最後の500シングル



先日、何年越しかの作業を行った記事を書いたが、ここへ来て少しだけピッチを上げたメグロのマフラー補修は理由があってのことだった。

先日の記事の中でも、数年前にメグロ500Zの取材の打診をされたが、タイミング的に多忙なことと、それなりに誌面を飾るにもマフラーエンドの形状が残念なモノだったので、返事もそこそこに先送りさせて頂いたのだが、そのことも切欠の一つとして、いずれは見られる姿にしたいとも思っていた。

そんな先々月も終わりの頃、知人の雑誌記者(以前打診された方とは別)から、誌面に取り上げたいのだが如何なものか
 と電話を受けた。
こんな機会にでも重い腰を上げないと進まないとの思いで、少々準備時間は頂いたが、仕事の合間に形だけでもとマフラーエンドの繕いをしたわけだ。



スケジュール的には撮影に耐えられる程度の状態に持っていったのだが、そんな取材は最初に
連絡頂いてからおよそ一ヶ月が過ぎた2月24日水曜日)。

撮影には絶好の日和となった
 (翌日は雪が降ったほどタイミングが良かった



車両にはナンバープレートを装着してるが、誌面に載るときは映らないように配慮してしてもらう。



当初、車に積み込み背景の良い場所まで移動する段取りだと聞いていたが、結局 直ぐ前の路上で撮影することとなった。



過去もそぉだが、取材を受けるたびにプロカメラマンの撮り方を傍から見る機会が楽しみでもあったりする



今回の雑誌取材はメグロ500Z1型のみが対象であったが、せっかくなので単気筒最終型となるスタミナZ7型とのツーショットも入れてもらうことにした。

戦後最初と最後の単気筒500繋がりで悪くない
 と快諾してもらったが、それにはワタシとしても意図があったのだ。



それは、このメグロ500スタミナZ7型は、ブログ繋がりもあった崔君さんの愛機でもあったからだ。

崔君さんは、数年前に若くして他界してしまったが、生前は ことあるたびにこのメグロ500Z1型を見ることを切望していたのだった。

その後 縁あってワタシの元にそのZ7が巡ってきたのだが、この機会にZ1との対面の場を誌面に飾ることで、叶わなかったことの一端を果たせたとの思いもあったのだ。



この撮影角度が誌面の扉の画像となるのだが、Z7の方はあえて「石川」ナンバーが確認出来るような位置づけにしてもらった。

このナンバーは直前の所有者ガチャピンさんの好意で、現在も名義を借りてる状況ではあるが、そのナンバーもいずれ変更されることになるが名残惜しいものだ。



ワタシの場合、雑誌の取材を受けるときは、基本的に事前に原稿チェックをさせて頂いてる。
今回の記事も既に確認とダメ出しをして修正を行ってもらい誌面に載ることになるが、時にはそれでも後から間違いに気付くこともある。 
その場合はチェックしても気が付かなかったので致し方ないと諦める

このブログに関しては、誤字脱字や文章の誤りに至っても後日 削除や修正も容易だが、印刷物となるとそぉは行かないので、間違うと厄介だ。

中には文面や名称が間違いだらけだったり、知人が誌面で紹介された時は肝心な名前に間違いがあったので気の毒に思ったこともある



本屋さんの店頭に陳ぶのは28日予定 別冊オールドタイマーNo.19

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

先日は、フェンダーありがとうございました。この記事読み始めて、あれ?そう言うことでしたか!崔君もシルバーさん所で、安心している事でしょうね。よかった。

No title

崔君はシルバーさんの500Zの話をよくしていましたが対面はしていなかったのですね
元崔君号も別冊に載せてもらえて今は天国から微笑んでいるかも知れませんね、良かったです
崔君は「もうすぐ別冊オールドタイマーNo.2が出るよ」と楽しみに話してた直後に亡くなり
No.2を見ていないんです。そんな別冊も、もうNo.19なんですね

No title

噂のZもとうとう一般公開されるんですね。
しかし素晴らしい代物ですね。

崔君さんの愛機とのショットが涙を誘います。
彼とピストンについて長電話した3日後に亡くなられました。
そのピストンもとうとう完成しました。
なんだか今回のテーマとダブります。
天国で見てますかね~😢

No title

これは買わねば。

No title

以前N360のエンジンを取りに行った時にZ1を見せて頂いてゾクゾクしたのを思い出しました。個人的には歴史のあるナンバープレートも含めて誌面で見たいなと思いました。やっぱりメグロは素敵だなぁ~。

No title

> rik*o74**ukiさん

ヤマハのタンクの方は今しばらくお待ちください

そんな訳で、元崔君のZ7は期せずして手元に来ましたが、そしてZ型とのツーショットで誌面に載ることも何かの縁でしょうね

No title

> 錆道楽さん

そなんです、本人の対面は残念ながら無かったのです それで、今回は愛機が代わりに果たしたことを誌面で公開することが出来てワタシとしても満足です

取材されたのも命日に近い日だったので、それも何かの巡り合わせなのかと勝手に思ってしまいます

No title

> 我流兄者さん

このZ型は、既に何度か雑誌に載ったこともありました 何年も前の話ですけど・・・。
確かに今回のようにクローズアップされて誌面を飾るのは初めてだったと思いますが、既に先週末には手元に届きましたが、特集の目次のページと言うのでしょうか? (具体的には9ページ目ですが)その画像は特に良いですね

我流さんとも数日前に長話されてたんですね、ワタシとも同じ頃やはりしてまして、毎度のことながら5時間も6時間も腕がシビレるほど話してるんですよね
今となっては懐かしい限りです

No title

> t_c*op1*78さん

ワタシが買わない分、買ってください
宜しくお願いします


いやっ ワタシも買います きっと。

No title

> 上尾のメグロ乗りさん

あぁ~もぉ20年くらいは経ってますでしょうかね
一度だけ来られましたね 今はそこから引っ越してますが、それも既に10数年経ってますので雰囲気は以前と同じようです

ナンバープレートは歴史を感じますが、この車両のではないので、このコラボはイベント用としてます。
なので、誌面での公開は避けるようにしました。 雑誌慣れしてればこそお察しください

ワタシも日本人として日本の単車を愛でることに大いに意義があると思ってます
とは言っても個々の趣味の問題ですけどね
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR