2016-03-17(Thu)

メグロ500 魚の尻尾再形成



何年越しの作業だろうか
  所有してから20年近くになるのかも知れないが、以前の所有者の元にあった時から残念な箇所であった。

特徴的でもある意匠は、それを知らない者には別段違和感をも感じないかも知れないが、かと言って気にしながら何年も放置してたもどうかと思ってしまう自分自身である。



2013年の秋に「お台場旧車天国」なるイベントで参加要請を受けた時は、このマフラーを装着していた。

実は、それ以前にも雑誌の取材依頼があったが、珍しく多忙だった時期で取材を受けるタイミングは失っていた。
このマフラーの状態で誌面に載るのも少々気乗りがしなかったのも一端にはあったが・・・



この直に溶接されてる筒状のテールパイプ部の本来の姿は、所謂フィッシュテールと呼ばれる形状なのだが・・・。



おおかた元の姿の部分は腐ってしまい

 
それともいかにも旧態依然のスタイルが嫌だったのか
 いずれにせよ現状のパイプを直付けして体裁を図ったのであろう



溶接されてるテールパイプを分離させるのだが、元来のフィッシュテール部は別の構成部品でバンド留めされてるようだ。

もしかすると、バンド留めの元になる筒状の作りが残ってる可能性も
期待しながら少しずつ削り落として行く・・・・ が、残念ながらそれらしいモノは見当たらなかった




実は懸念していた魚の尻尾部の形状がハッキリ分かる資料が手元に無かったのも復活させるのに何年も要した原因でもあった。

同じような車体構成の戦前モデルのZ97及びZ98と、戦後モデルのこのZ1とでは、尻尾の意匠に違いを持たせてある。とも聞いたこともあったので、余計に放置状態が続いていたのだが、今から4年以上前になるが簡易プレス
された素材となるモノがヤフオクに出品されていた。

その頃に今は亡きメグロ500マニアの崔君さんも、これを元にスタイルの復活に応援してくれたのだが、特に競り上がることもなくスタート価格で落札出来たのも、運が良かったように思えた



単気筒デュアルポートなので、左右対称のマフラーを持つことから、プレスされた素材をモナカ合わせに2個組立する。
バンド留めなので、丸みの付いたバンドも1対製作する。

戦後モデルのメグロ500 Z1の尻尾はこの形状で良いのか
 確信出来ないではいるのだが、少なくとも素材をプレスした方も調べた挙句の製作だろうから、大きな間違いはなかろうと思うと同時に、それまでの筒型テールよりは何倍もサマになるだろう
 と。



モナカ合わせした尻尾の取り付け内径に合わせて、マフラー本体にそれを受けるべくパイプを溶接しておく。

ここで、実はしくじったことが一つ。
戦前型のカタログなどを確認すると、尻尾の取り付け角度は水平になるようであったが、画像でも分かるように若干上向きに付けてしまった

この手のマフラーを持つ数少ない資料では、画像のように若干上向きと見て取れるのもあったが、それがイラストだったりするのも信憑性が低い。



とりあえずではあるが、戦後モデルの尻尾角度に確信的なものもないことから、仮に水平にさせるにしてもまた更に先延ばしとなるだろう。

出口の箇所にもまだ一手間掛けなければならないのも事実なので、尚更だが、今回はスケジュール的に余裕がなかったので、このままでってことで

何のスケジュールかと言うと、それは次回へと・・・


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

おぉー

No title

素晴らしい仕上がりです。黒染めすると廻りと馴染み易いかもしれませんね( ^ ^ )

No title

> t_c*op1*78さん

例の件、明日には発送いたしますので、今しばらくお待ちください

No title

> 錆道楽さん

錆さんに そぉ言われると嬉しいですね

このあとの状況は、この時の画像で見るより良い感じに馴染んできてます。
確かに錆の進行を防ぐ意味でも黒染め処理も良いですよね

No title

おおおおおおぉ~~~~!!!でたぁ~~~~~~!!!
この記事は最近の作業の物ですか?最近でしたらまだ作業場にあると言う事ですよね?拝みたいですねぇ。どんな音がするんでしょうねぇ。
きっと

No title

> りょう@単気党さん

この作業自体は先月以前のモノになります。
作業場に置いたのは2日程度でしたが、再び倉庫から出すのは難しいことでもありません

この時もそぉですが、エンジン始動はしなかったので、そこまでヤルには更なる手間を掛ける必要があります
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR