2015-09-18(Fri)

50年に一度の・・・


あの忌まわしい豪雨から一週間が過ぎた
とは言っても、現時点でも市内一部地域では「避難指示」及び「避難勧告」が出てる状況だ

台風18号の影響による線状降水帯なる現象で、数時間に渡る豪雨がもたらした当エリア9日朝からの24時間降水量は444ミリを越えた

報道では50年に一度の大雨と言っていたが、それは過去50年の話であって、海水温の上昇により近海で発生した台風が影響したことを踏まえると、これから先は数年単位で起こり得るようにも解釈出来る


 
深夜になり自宅前の道路は急激に水位が上がり始め、向かい側の学校まで湖状態(川と言うより水の流れが穏やかなので

水の無い普段の状態は過去の記事に見付けることができます。

このあとも水位が上がり続け、とある時点で一気に床下浸水になってしまった
呆気に取られるも呆然としてると、目の前の排水口に吸い込まれる様子が途切れとぎれなのに気が付き、ヤバイ
と感じ枯葉や枝などで泥が詰まってるのを除ける作業を行った
 渦を巻く勢いが強くなり、排水のスピードも増してるように思えた
寸でのところで床上浸水は免れたが、その時点で2時半ころだったろうか雨は時折強く叩きつけるが、路面も見えて来たので、寝ることにした


 
翌朝も雨は降り続けてるが
 市の方で道路に蓄積された土砂を排除してくれた
最初はミニショベルで作業をしていたが、ラチがあかないとのことで、画像のような重機を要請していた

一通りの排除作業が済みそうになった頃に、
を撮ることを思い立ったのだが、それは昨夜の作業場が泥水でヒタヒタになってる状況も
撮り忘れたほどだった


 

のピークから翌々日になって、やっと
陽射しが

周りからの絞り水が湧き、泥も合わせて田んぼ状態となってしまった
この状況は一週間経ってる今でも変わらずに水が湧き出てしまってる

泥は何処からやって来たのかと言うと・・・



裏手の公園(ゲートボール広場?)に1次溜まった水が一定の水圧を超えて一気に放出されるようで、その水が集中して堕ちたところが 滝壺のように えぐられ土砂や石を巻き上げて敷地内を通過して行ったようだ


では分かりづらいが、4~5メートルほどの池状態になってる(元々ここは水などなく、単に傾斜になってるところ)


 
バイクやクルマを入れてるガレージの扉を水圧と共に土砂が破り、一気に内部に侵入したようだ


 
もちろん内部には泥が一面に流れ込んだ

水位はマフラーの腹下程度だったので、水没までにはならずに済んだようだが・・・


 
侵入したドアの反対側の壁を押し、土台のブロックを崩して抜けて行ったようだ


 
外側から見た状態
 

幸い今すぐに崩れそうな状況でもないので、対処は後回しにすることに・・・


 
作業場内の泥水は引いたが、トレイなどには引けない水が残ったままになってる


 
床面に平置きにしておいたダンボール箱などは、どんどん水を吸い上げて、内部は湿度100%になる。
箱の形も成すすべをなくし、積み重ねた箱は崩れて行き、更に上の箱にも水を吸い上げて行く始末


 
普段の水捌けは決して悪くない床も、地盤は飽和状態なのだろう翌々日でも水溜りとなってる。

これは雑巾などで吸い出すしかない


 
コレクションとしてメーカーポスターの一部はパネルには入れてるが平置きになってるモノもある。

排水が間に合ったので間一髪のところで免れた


 
こちらは生憎 避難が間に合わず わずかだが浸かってしまった
逆さまにして乾燥させてはみるが、痛いダメージを喰らった

先日走らせたS600も荷物置き場になってる


 
水浸しのダンボール処理と、片付け&掃除をやってはいるが、気持ちの上でも捗らない。

知人から聞いた近くの被害状況も気になって視察に行ってみるが、自然の力を思い知らされる


 

左側は河原のように見えるが、2日前までは手前に写る稲穂の延長で覆い尽くしていたのだ


 
近くを流れる黒川が決壊し、その流れ込んだ土砂は木々をなぎ倒し田畑や道路も破壊して行った。
県内を始め各所でも甚大な被害を受けてる方々にお見舞い申し上げます。

不謹慎かと思いますが、それらと比べれば我が家は可愛いもんだと感じるし、そぉ思えば気が楽だ
 

多くの方々からご心配の電話やメール連絡などお心遣いありがとうございました

今回はこの程度で済んでますので、少しずつでも処理を進め先延ばしになってる依頼もこなせるようにしたいと思ってます。
以前から申してますように、80年代以降の新しい車両に関しては扱いの縮小になりますので、これを期に尚更のご理解をお願いします
 
新しくなくとも苦手な機種も数多くありますので、無理に預けないでください
 

大雨から一週間経っても作業場の前は水が流れて田んぼ状態なので、通常作業に専念出来るのは いつまで先になるのやら
 ヤレヤレ


関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ニュースで聞いたことがある地名や見たことがある風景を見て心配になっていました。

関東平野は平らで良いと思いますがこのような状況の時は困りますね。

普段やらない重労働はいつも以上に体に負担がかかると思いますので気をつけて下さいね。

No title

あらら、大変だったんですね。お婆さんが亡くなったのがシルバーさんの住んでる市だと
聞いていましたが、シルバーさんも被害を受けていたとは知りませんでした
ポスター類は残念でしたが貴重なバイク達が水没を免れたそうで少し安心しました

No title

> アイアンONTHEROADさん

九州の地から お気遣いありがとうございます
お互い健康で平和な日々を過ごせますように

No title

> りょう@単気党さん

水害を経験した方々からアドバイスを受けての対処をしてますが、なかなかスムーズに捗らないもんですね
お手伝いを申し出て頂けた方々も居られましたが、天気が良くなっても外が田んぼ状態なので、出入りもままならない状況もありまして、気持ちだけ頂いてます

もし遊びに来られる時は、長靴だけはお忘れのなきよう

No title

> 一文字さん

先のにも返事書く余裕もなく申し訳ございません
もともとの前の排水は良い方だと思ってましたが、鉄砲水のような事態になっての枝葉+泥の詰まりに限界を見たようで
まぁ50年に一度と聞けばムリもないと思いましたが、9日の夕方頃からは雨雲レーダーで状況を確認するのが精一杯でした
その後にスマホには聞き慣れない着信音での警告のメールが鳴り続けて・・・

ワタシ的には人的被害も、生活スペースにも大きな被害もなかったのは幸いと思ってます

No title

> 旅がらSさん

つい先日お越し頂いた時とは随分と状況が変わってしまいました

ニュースでは人命に関わる情報が優先なのは当たり前ですが、時間を追って地元の水害状況が分かってくると 身近な所のアチコチで水害による通行止なども多いようです
我が家の床下浸水も被害件数にカウントされてるか分からないですね

No title

> 錆道楽さん

錆さんより少し年上程度ではと思いますが、真っ先に報道され、その後の痛ましい結果となったのは同市内ですが、場所は10キロほど離れたところでした

ワタシ所有の単車はまだしも、お預かりのモノに大きな被害がなかったのは幸いです
ポスターが2~3数枚ですが、一部フヤケテしまったのが精神的にイタイです

プレハブ内の土砂は手つかずのままですが、まずは作業場内の対処を済ませたいです
こんな状況でもシルバーウイークには数台の修理預かりが予定されてますが、目の前の田んぼ状態はなんとかならんものかと とは言っても自然相手なので、仕方ないですね

No title

シルバーさんお見舞い申し上げます。 ご家族ご無事で何よりです。作業場の被災の様子ご同情申し上げます。鹿沼市が相当な雨量という情報で、心配していました。こちらもお隣の県ですので親戚知人等が甚大な被害です。我があばら家は無事ですが、山裾にある作業場は道路からの浸水で資材等がやられました、畳屋の地域は無事です。建物の修理などお手伝いできることがあれば声かけてください。一応建築のプロですから

No title

ずいぶん降るなぁと思っていましたが、まさか堤防が決壊するほどとは思いもしませんでした
また何年後かにこのような大雨が降る可能性があるようですので、今のうちに上のゲートボール場の治水対策をしといてほしいですね

排水溝に落ち葉でノンキに土手を造っている場合じゃないですね
ちゃんに破壊されましたけど

No title

遅まきながら、今回の大災害”お見舞い申し上げます!
鹿◎って報道で聞いた時・直ぐにシルバーさんを思い浮かべました
思ってた以上に、凄まじい状態・・心痛”お察し致します・・
何か・・お役に立てれば・・と思いますが・・・・
ワタシに出来る事は・・SUS製で傘上げする様な物を作成する事以外出来ませんが・・・今回は地べたに置いて被災した物が随分と有った様ですので・・・

No title

>内緒コメントさん

短い間に2回も床上浸水ですかぁ~
床下でも未経験のワタシにとっては、現状でも精神的に参ってます
今後はそれなりに対策をしていないと・・・と思わされてます

No title

> 建具職人さん

鬼怒川決壊の場所からは近からずも遠くはないでしょうけど、作業場の被害及びご親戚にあられましては心痛お察し申し上げます

畳屋さんの被害はなかったこと良かったですね
逆に仕事柄忙しくなるんじゃないでしょうか

先程も茨城の知人から床上浸水の被害があったと聞きましたが、それでも避難させておいた単車のメンテにお越し頂けるとのことで、ある意味勇気づけられられます

No title

> ハヤロイドさん

早々に視察にお越し頂いて良い気晴らしになりました
時間を追って報道されてない被害情報を耳にするようになります

治水対策に関しては、早々に役場の方が調べに来てくれましたが、実際に着手するのはどれだけ先になるかは分かりません それだけ他所の被害も甚大なようです

No title

> ゴードンさん

ご心配頂きありがとうございます
川沿いに住まわれてる方々におきましては、生命の危険を感じるほどの豪雨でしたね
が流された方は元より、床上浸水などと比べれば可愛いもんですが、水を吸ったダンボールはいつまでも乾かないのはイタイです

こんな時、直置きにはプラケースを優先させるようにしたいと思いました

No title

災害で大変な時にバイク車検取って貰って・・・。
明日一泊ツーリングに行って来ます!!
我が家のガレージも浸水で冷蔵庫や精米機等浸水させない様に色々あの時は大変でした(汗)勿論バイクコンテナガレージは浸水させない様に大変でした。
鹿沼でこんなに被害が出るとは・・・。楡木橋は昨日の午後から通行出来る様に成りました。

No title

> で~くさん

当方でやるニンジャの車検はこれで最後かと思い頑張りました
水冷車両を持ってくる方は他に居ませんから

そんなことより、で~くさんも間一髪だったようですね
ワタシのところは今に思えば、もっと対処してれば・・・と悔やまれます

楡木橋(画像の橋)は橋自体にダメージは無いように思えましたので、復旧も早かったのかな でもまだまだアチコチが通行止めあるようですね
ツーリングも気をつけて行ってきてください

No title

心よりお見舞い申し上げます。

異物、異臭や泥水などの汚れは簡単には取れず苦労するかと思いますが、できるだけ窓等を開け放しカビの発生を抑えるように扇風機等を回したまま風を通してください。

友達のSA乗りで息子がSRのOKさん宅は床上20Cで一階部分は使えない状態になりSAはマフラーが隠れるころ移動して難を逃れたそうです。そのままだったらENGまで浸かったでしょう。

しかし自然のチカラは怖いですね。

私のチカラ必要であれば何なりとお申し付け下さい。材料と道具を持って参上致しますから。

No title

> しょろヨンさん

昨日はありがとうございました いい気晴らしとなりました

お友達のSA乗りのOKさんは、先にコメント返した中のメンテで来られた方です
詳しく話を聞きましたが、大変だったようですね

何か助けてもらいたいことになりましたら、その時は宜しくお願いします

No title

> 内緒コメントさん

初コメントありがとう

の日が長引く前の入庫でしたので、なかなか作業も捗らなくて 挙句の果てが工場内に泥水ですから

10日以上経った今でも湿地帯には変わりません これが一番泣けることです
自然の猛威には逆らえないですね

No title

> 内緒さん

あらっ うちもエアコンはダメになってしまいましたが、クルマ2台その他設備までお釈迦になってしまいましたか イタイですね
こちらこそお見舞い申し上げます。

置き場が別の単車だけでも助かって良かったですね

FC2ブログの引越し機能で漏れた21件以前のコメントをコピーして貼り付けました。


●お見舞い申し上げます。なんと言葉をお掛けして良いのか分かりませんが、1日も早い復旧復興を心より願っております。くれぐれも健康にはお気を付け下さい。

2015/9/18(金) 午前 5:58[ アイアンONTHEROAD ]
.


●シルバーさんのお宅が被害を受けていたなんて…お見舞いにも行かず大変申し訳ありませんでした。
昭和61年に茂木町の大水害を経験した私が言える事は、急がず無理せず復旧作業してくださいね。
何かお手伝いできることがあれば、何なりとお申し付けくださいね。近い内にお伺いします。

2015/9/18(金) 午前 6:59りょう@単気党
.


●お見舞い申し上げます
突然の天災に茫然自失で事態を見守るだけですが…
とっさの排水溝の枯葉の除去は 冷静でさすがです
枯葉と泥は BK乗りの天敵ですね
大変な復旧作業に成りますが 頑張ってください

2015/9/18(金) 午前 7:05[ 一文字 ]
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR