2015-04-11(Sat)

試運転から引渡しまで



連載で書いてきたハヤテ号の公道復帰作業から試運転~引渡しまでとなります。
 
ハヤロイドさんが持ち込んだ不動車も、製造年と眠らせていた期間とをトータル的に考えれば悪い個体ではないと思う。
何より大きな欠品がないのが良かった

タイヤも含めて足回りのダメージや、シートの痛みがないのは奇跡とも思える

そんな完成間近で修理が済んだタンクから速度計周りを望む画像



左手元のスイッチが赤く灯ってるが、これは方向指示器のスイッチで方向指示器の作動と同時に点滅する。
 
昭和32年当時で方向指示器が標準装備の車両は少数かと思うが、この車両に関しては後付けだろう。

速度計の手前に付いてるコンデンサーの様な小さな筒型の物は、これも後付けかと思われるがメーターの照明である。



左側方向指示器を作動させている状態だ。 フロントの方向指示器は橙色レンズだが、リアは画像の通り赤色レンズである。

夜間用の尾灯はヘッドライトのスイッチとは別回路にて尾灯ケースに直接スイッチが装着されてる。
そのトグルスイッチを挙げると点灯するのだが、この頃までの車両には珍しくない機構だ。

画像内の○印の箇所は、後付け機能であるが、当時としても安全面に配慮したモノだろう。
と言うのも、右側に付く赤灯はブレーキランプの補助となるが、実際のところ以下の画像を見れば、これが無ければ危ないと分かるだろう。


 
左側方向指示器も作動状態で紛らわしいが、尾灯が点灯してる状態でブレーキを掛けると、尾灯の直ぐ上にある三角形のブレーキランプが点灯する訳だが、この角度で見るから分かり易いが、実際には大きな補助灯が無いと分かりづらい感がある。

何故なら・・・
 


実際の走行状態で少し遠目で見る感じに低い角度で、今度は尾灯を消した状態でのブレーキランプは・・・・ 大きな補助灯が無ければ見落とす危険性も高くなる
 
この辺の後付けアイテムは、昨日今日付けられた様相でもないので公道を走るに安全面を考慮すれば取り外すまでもないだろう。
 

 
そしていよいよ本格的な試運転を行った

丁度
桜も咲きほこり始めた暖かな陽気の元、オーナーであるハヤロイドさんの体重を想定して、子供を乗せての試運転とする。
緩やかな登り道でもトップギアのままクラッチの滑りは感じられないので、出だしは上々



昭和32年型の(株)高木商会製造・ハヤテHO型 125cc 
当時のデータから 最高出力6.5HP/4,500 最高速度 75km/h 燃焼比率 55km/ℓ 

この試運転時でのガソリンと燃焼オイルの混合比は20:1にしたが、混合時に使用したオイルジョッキに少々残っていたエンジンオイルもあえて混ぜ込んでオイル濃度を高くしたために、高回転での吹け上がりにモタツキは感じた。
それでも二人乗りでのメーター読みは50km/hを余裕で上回ったので、オイル濃度を適正にさせれば速度計の針はデータ通りに指すことも安易な感じがした。
しかし、そこまで指すにはリスクも大きいが
 


 
昭和の寂びれた単車に、寂びれた風情の背景で
一枚。
 
最終試運転は10キロほどを二人乗りで走り切ったが、緩い登り道も難なくこなせたので良かった

いよいよ引渡しの連絡をしよう



引渡し時に、最後の手直しを行うのだが、それはバッテリーのブリーザーホースの抜け道がバッテリーボックスに見当たらないのだ。

新規に空ける必要があるのだが、所有者に了解を得てからにしようと、試運転時は液垂れがないようホースを丸めたままにしていた。
 

 

穴空けの了解を得てから適度な場所に穴を空けるが、この画像を見て今更ながら もぉ少し奥に空けた方が良かったかも
 と思えた



ともかく排出口が出来たので、ボックス内の腐食は抑えられるだろう。

かつてのボックス内に放出されていた名残だろう、白い粉ふきの跡もうかがえる。



いよいよオーナーであるハヤロイドさんの初乗りとなるが、変速機のパターンやスイッチ操作など注意点を伝え、白煙を吐きながら走り出す


数キロ走ったかどぉかだが好感触で戻ってきた

まだ何か問題が起こっても全く不思議ではないだろうし、昭和30年代初頭の交通事情を踏まえて設計されたこの車両の扱い方にも慣れが必要なので、それも楽しみと思えるようにならないと 何が良くてこのような車両を好んで所有するか分からなくなってしまうだろうが、その点も踏まえ充分嬉しんでいるように伺える



この引取りのタイミングでも天気予報では既に雨降りと予想されていたが、引渡し時には試運転をしてもらいたいとのことが伝わったかのように、雨の降り出しは随分と遅れがちになってくれた
 

引取りに来たクルマにのせたままでイベント会場まで行くとのことで、積み込む前に記念写真
を撮られてる様子である。
 
持ち込まれた時との見た目には大きな変化はないが、現状を維持すれば その外観の変化がないままでも何時でも乗り出せる状態になったのは大きな違いであろう。



関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

ハヤテ号 間に有っちゃいましたね❣
お疲れ様でした 楽しませて頂きました
今から御目文字するのが楽しみです
ハヤロイドさん 後輪の空気圧 低くねぇ~❢

No title

ケツ
シルバーさんとの体重差は子供一人分も、とゆーかほとんどないように思われますが
みなさんとの併走が今から楽しみ~♪

No title

ステップの緑色のビニールテープとヤレヤレ風のピンクナンバーがナイス!

No title

ブログの更新が早いこと、早いこと。
もうバッチリですね。
ガソリンタンクの大胆な手術にはびっくりしました。

No title

完全に「新品」の様なレストアは、当然の如く「美しい」と素直に云えるモノだと思いますが・・・

今回のタンクの補修

新品以上に「美しい」と思えます。

長い年月掛かって「朽ちた」物は、やはりそれだけの「時間」を感じるモノですが、今回・仕上がったタンクは、その「時間」を残したまま、「新しいモノ」に仕立てているのですね。

このタンクのメッキ部分の「朽ち方」は、どんな芸術家にも作れないものの様に思えます。

「素晴らしい“仕事”を、されましたね。」(^_^)/

No title

> 一文字さん

先日は楽しませて頂きありがとうございます

ハヤテ号間に合わせました ちゃんと完走出来るかは少々不安でしたが

画像での後輪は、さすがの貫禄に潰れ気味なんですね~

No title

> ハヤロイドさん

子供をハンディとしての試運転でクラッチ滑りの問題が無ければって感じですね。
その分、お披露目での走行距離がありますから、それでイコールかな なんて思ってくれると良いかと

結果的に併走は出来たし、天気も良かったし、走りながらの花見もアリで、それより何より得票数がでしたね

No title

> Hm300さん

ステップやグリップ諸々の緑なビニールテープは、入手当初からなので、前所有者からの受け継ぎです。
時代性が伺えますので、剥がすには勿体無いですね

ナンバープレートは、ヤレてるのではなく番号などを読み取れないように画像加工したものでして、実際のモノはシッカリハッキリと読み取れます

No title

> ぎん殿さまさん

他の方への返コメでも分かると思いますが、例のお披露目となるイベントが先週末に行われました。
そこでご覧頂ける方への前振りとして記事を書いたので、必然的に更新を間に合わせた訳です。

そのイベントとは無縁の方々には、いきなりの更新頻度にビックリ(それほどでもないでしょうけど)でしたかね

ブログ更新の告知などもしてなかったので、お披露目時の反応でブログを読んで下さってるか否かの差も分かり易かったです

No title

> angelaさん

“ 新品以上に「美しい」”とのコメント、オーナーであるハヤロイドさんが読めば angelaさんに抱きついちゃうかも知れません

放置での朽ち方にも因りますが、その点今回のモノは何とか見られるレベルでしたので、車体全体のバランスを崩さないように上手く機能回復できました

この辺りも人によって好みが分かれるところでしょうから、同意される方々にはウケマスね
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR