2009-06-18(Thu)

赤箱のオートヒーター

今日の当地は梅雨入りしてから初めて梅雨らしいシトシト雨が降る一日となった。
朝から肌寒く、長袖の作業着が恋しくなるような気分だ。 しかし、強がりではないが半袖作業着で通してしまったために夕方頃から喉に痛みを感じ、他にも風邪の症状がある… こんな日は早めに就寝しよう!

その前に、こんな記事を…  いくら寒さを感じたと言っても 季節的にそぐわないが、今から半世紀近く前となる昭和37年頃のホンダ純正グッズの紹介となる。



昭和30年代頃から40年代に掛けてのホンダ純正部品のパッケージである。
深紅に白抜きのHマークは、CB72世代の方々にとってなじみのパッケージと言えよう。

この頃のパッケージには、H文字に白抜きされたところに 部品番号を判で押してあるのが普通なのか、今となっては その判が経年劣化等で判読不明のモノも少なくない。
オプション品などのパッケージは画像の様に元から商品名が印刷されてるので分かり易いのだが…  そんな寒冷地用オートヒーターの登場である!



寒冷地走行には ありがたいアイテムだったのか?
暖める箇所は、シート&ニーグリップラバー部&ハンドルグリップ部であるが、方法として水をタンク&ホースで各部に巡らし、その一部をエキパイの中に突っ込む金属パイプ部で封入した水を蒸気化させ循環させ暖めるとか…(汗)
 


新品未使用品であり、作動を試してないので何とも言えないが、メーカーで採用され特許まで取ってあるようだ。
エキパイに穴を開け ねじったパイプ(蒸化器)を突っ込むのだが、寒さに耐えがたい方が単車に乗られる状況にあって、排気効率など ど~でもいいのだろう(笑)
一旦穴を開けたエキパイは夏のシーズンでも蒸化器は外せないのが難点であろう(汗)



先の画像と共に この説明書は画像部をクリックすると拡大して見ることが出来るようにしたので、興味のある方は目を凝らして読んで見て下さい(笑)

装着イメージの車両が、これまたレアな CM72 であることも面白い♪
 

 
現品は、昭和35年前後のモデルであるホンダドリームC72及びCⅡ72のモデルに適応される様に、シート用の部材は鞍型タイプで、ニーグリップ用の部材もそれらしい形に作られている。
メッキされた水タンクには、HMマークが刻印されていて マニア心をくすぐられる方も居るのでは?もしかしたら、寒冷地の方で未だに現役として使われてる方も居たりして…(^^; HMマークに弱い
ezoさん… まさか!?(笑)

 

さて、先週末に単車乗って走った記事は、そろそろ書かないと詳細な内容も頭から飛んで行ってしまう… 既にネタとしての鮮度は失われてるだろうけど… 同行されたブロガーも数回に分けて記事を書かれてる方も居るので、いい加減 記事の構想を練らないと…(笑)
 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

おはようございます。
こんな商品が純正で販売されていたのは、初めて拝見しました。なるほどと思いますが、実際の売れ行きはどうだったのでしょうか?
今もあるハンドルカバーと、フロントエンジンガードのところからシートを体に縛って、エンジンの熱を利用して乗っている人は見たことがあります。製造元の秋吉工業所はググッても出てきませんね。

No title

アポロウィンカーを始めて見た時の驚きを遥かに超越した、
まさに驚愕、いや、恐怖のオートヒーター・・・・

「ホルソー15mm、、、銅パッキン、、、石綿パッキン」・・・(爆)
「適用機種、、、CB72」・・・(心の動揺が隠せません!)

沢山のバイクブログを拝見してきましたが、これほど珍しい“純正部品”は初めてです!

No title

白スポさん、記事のアップ前に「秋吉工業所」ワタシも調べました(簡単にですが)確かに出ません(汗)
実際の売れ行きですか? 白スポさんの若い頃でも見たことないのでしょうから…(笑)

No title

toprex72さん、目を凝らして読んだ様ですね(笑)
各車種適応の差は、シート&ニーグリップ用の部材形状の差だけかと思います。 特に無理しなくともこのキットをtoprex72さんのCB72に装着する事も可能かと… 但しエキパイに穴を空けてまで装着したいか? どれだけの暖を期待できるか?が問題ですね(笑)

No title

こんにちは。

凄い物出しますねぇー、それも新品とは。
これを取り付けると世界に1台じゃないでしょうか?
72フリークは、ほおっては置きませんねぇ^^

No title

シルバーさん、こんにちは!
またまたものすごいのをおだしになられてびっくりです。
僕が生まれたころの商品!!
会津地方だから重宝するかも???
これがあればスパイクタイヤ履いて冬でも乗れそうですね????

No title

そねさん、この類のモノを記事にするには 文面を書くのになかなか面倒となります。(ワタシのブログの流れが面倒にしてしまう方向へと進んでます)
画像と商品名を簡単にあっさりとアップしても良いのかとも思いますが…(笑)

世の中には、マニアな方は底知れず居ますので…
実は、ワタシはこれをワタシ自身の手元に留めて置く気もしないのです(笑)

No title

ハナイズミさん、現代の防寒具は これ以上に優れモノが沢山存在するかと思います。

以前、ナナハンで雪の中を走った事がありましたが、寒さもさながらディスクブレーキに雪が噛み込み全く効かなくなった方がキツかったです(汗)
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR