2009-05-30(Sat)

20数年ぶりに公道復帰 (後)

またもや今週末も天候には恵まれない。 予報通りとは言え、本日は地元で恒例の花火大会が行われた。 霧雨~小雨程度だったので執り行ったのだろうが、見物客の動員数に影響を与えてなければ良いが…(汗) 
そして、明日は
しょろヨンさんの北関東W1ツーリングSガラガラさんの鰻屋ツーリングがあるのだが、こちらも好天に恵まれる可能性は低いだろ~(汗) 
 
さて、話はガラリと変わって
前回の修理からの続きとなる 長年放置された昭和43年型カワサキ650W1S の件だ。
燃料タンク内の錆除去やエンジン始動までは現所有者自らが行ったが、それ以降の各部調整や車検整備&取得の依頼を受けることとなった。



たまたま行った時だけだったのか、GW前の陸運局はやけに空いてる感じがした。
前に列ぶオフロード車は、社外マフラーの装着に因り騒音測定を受けていたが、こちらのダブワンよりは静かな排気音であるのは言うまでもないか…(汗)
当然だが、純正ノーマルであるダブワンのマフラーから発せられる排気音は、規制に引っ掛かるモノではないのだ! 仮にもこれが現行法でもクリア出来ない事になったのなら、ダブワンの魅力半減になってしまう (^^;

スムーズに検査ラインをパスして、めでたく公道復帰となる♪ のだが… その後、現所有者に引き渡してからも問題発覚!!(汗)



車両を引き渡して10日ほど経った、GWも過ぎたある日のことだった。
それは電話でクラッチに関して不具合の状況を受けたのだが、話が通じないと言うか、各部品の構造上の説明に食い違いが起きてしまって状況の把握が出来ないのだ。
 
既に300キロ程度走らせたが、滑る感覚があるとの事で、プライマリーカバーを外しクラッチを分解しての話で… 「摩擦材が付くプレートは内側に向かって歯が出てるよね?」って、それは違います!外側にまばらに出てるプレートに摩擦材が付くのですが…
こんな感じで、話が噛み合わないので外したプレートをすべて持ってきてもらったら… 確かに言ってる事に間違いは無かったが…(大汗)



スチールプレートとフリクションプレートが交互に組み合わさるところ、長年の放置期間中にフリクションプレートに張ってあるべき摩擦材が剥離して そっくりスチールプレート側に張り付いてしまったのだ(汗)
 
そこまで酷いとは想定外だったが、解りやすい不具合状況に笑いが出てしまうくらいだ。 もちろん純正新品のフリクションプレートを用意しておいたので解決も早い♪



スチールプレートの方に張り付いた摩擦材は、スクレパーで難なく剥がすことが出来たが、歪みやダメージ状況の確認して問題ない程度だったので再利用も可能であった♪

しかし、この様になってしまったのは、今回初めて見た! 
組み付けももちろん所有者自ら行うのだが、その時にクラッチハウジングやチェーンの状況も細かく確認してもらって問題があったら再度連絡をして頂くように促した。



このクラッチハウジングの画像は別の車両のモノだが、ダブワンのクラッチは多板と言えど4枚しかなく、しかもその外側に張り出してる爪は数える程しかないのだが、そのハウジングに掛かる爪は少しでも接触面積を多く稼ぐ為にL字型とする工夫が施されてる。(画像2枚目参照)
伊達に折り曲げてある訳ではないが、それでもエンジンの動力を伝えるには足りない様に思える。

乗り方に因っても大きな差もあると思うが、フリクションプレートの爪が掛かるハウジング側は段減りが起こり、それが大きくなるとクラッチを切る時の妨げにもなる。
 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

やっぱり放置プレイも程々にしないといけませんね・・・

残念ながら、今日はシルバーさんの予言通りになってしまいました(^^;)
また改めて天候と相談して計画を練ります(^^)b

No title

Sガラガラさんの相談に天候がノッテくれるか…??(笑)
中止の件は、今朝のモモコさんのブログから拝見しました。
しょろヨンさんの方は決行してるそ~ですが、事故はもとより 風邪引かなければ良いですね~ (^^;

No title

旧車に携わって早数十年のシルバーさんでも初めて見る症状なんてあるんですね…!?

しかし、誰かの行いが悪いのか、週末になるとお約束のように雨が降るのでイヤになりますネ。。。(TT)

No title

私のBMは長年の疲れか、ブレーキハッドが剥離したことがありますよ。そのくらいですから、クラッチで起きてもおかしくはないですね。

No title

ハヤロイドさん、摩擦材の部分剥離なら何度も見てますが、ここまで盛大に剥離して、しかもスチールプレート側にへばり付いてるのは初めて見ました(笑)
こんな状態でも300キロ以上は走ってられる(滑る感じはしても)なんて大したもんです(^.^)

週末は悪天候で、月曜になると絶好のバイク日和が続きますね~(^^; それって、誰かの行いのせいだったの??

No title

てんとう虫さん、ブレーキパッドの剥離なら何度も見てます。
BMWではありませんが、同じタイプのブレンボキャリパーを備えるドゥカティ900でしたが、放置車両じゃなかったんですが… 綺麗に剥離しました(^^;
長期放置車両なら CB750Fourでも社外品パッドでしたがこれまた綺麗に… その他にも何件か目の当たりにしてます。
ブレーキシューの場合は、もっと多く何度か記事にもしたくらいです(^^;

No title

これでは確かに話がかみ合わなくても無理ないですね(^^;

それにしても、ここまできれいに摩擦材が移植?されちゃうなんて・・・スゴイ(汗)

No title

崔君さん、これも百聞は一見にしかずでしょうかね!?

スチールプレート側に張り付いた摩擦材は、スクレパーでなら難なく落とせましたが、指の爪程度で剥がれてはくれませんでしたよ(汗)

No title

クラッチ板がこのような現象になるんですね。
永年眠っていたためでしょうか。
たとえ新品に近い物でも永年使わなければこの状態になる事もアリですね。

それよりも競馬新聞が気になるのですが……

No title

しょろヨンさん、お疲れさまでした!
結局 当地は終始雨模様でした (^^; 今現在はカミナリさえ聞こえてます (TT)
しかし、解散間際まで雨に打たれなかった参加者ってホント晴れ男ですか!? 特に大内宿の時にも参加された しょろヨンさんは強力!!(笑)
参加者の中でブロガーは、しょろヨンさんだけだったり?? その場合ツーレポを記事にする責務が待ってますよ!! タノシミ♪

さてさて、コメントへの返答となりますが…
確かに例え新品でも、数十年もの間クラッチスプリングで圧着させて、この記事の状況と同じ環境に置かれると剥離するんでしょうね!(^^;

ところで競馬新聞は… オーナーさんがクラッチを包んで持ってきたモノですが… ご贔屓の馬名でも目に留まりましたか?(笑)

No title

Sports_60's 様
meguronetです。
お手数ですがe-mail: toba@violin.ocn.ne.jpまでお願いします。
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR