2009-04-29(Wed)

裏表紙まで飾ったナナハン

今回の記事もBSAさんの連続登場となるが、先日記事にした赤のナナハンとは別で、しかもその作業は赤のナナハンよりも2週間前に済ませた出来事であった。
 
今回の車輌は、十数年前に入手し自らが仕上げた昭和44年型ホンダドリームCB750Four で、通称 “砂型クランクケース” と言われるタイプになる。
まぁ~このブログ中にも何台となく 砂型モデルのナナハンは登場してますし、かつて「幻のK0」と言われた30年ほど前の日本より今の時代の方が圧倒的に多く見られ、もはや「幻の…」とは言えない状況とも…(汗)
本来の意味で、かつて「幻のK0」と謳われた国内モデルなら 減る一方なので、確かに現時点でも「幻」と言い切れるが…(笑)

さて、BSAさんの砂型ナナハンが国内モデルでも逆輸入車でもワタシの扱い方に全く変わりはないのは言うまでもないが… 今回の依頼は前後のタイヤ交換となる。
 

 
まずはフロントタイヤからの交換作業を行い、いつもの様にハブベアリングの具合も同時に診るが、ベアリングには特に問題なさそうだが、スピードメーターユニットを回転させるとカタカタ音を発する。
これは内部のグリスの劣化に因ることが多いのだが、点検と同時に
以前ハヤロイドさんのナナハンのタイヤ交換時にも記事にした内容通りの作業を行い組み付け直し、一段落。



さて、ここから先に問題発生!? ってか、発覚!!(汗) 
後輪のタイヤを交換するにあたり作業開始したが、アクスルナットを緩め始めるとスイングアームと右側のカラー間に どんどん隙間が出来てくる。
通常なら多少の隙間は出来るものの そのクリアランスの広がりに「なぜ?なぜっ!?」って異常を感じた。

スイングアームが変形してしまったのか?とも一瞬思ったが、CB750Fourの角断面構造スイングアームは そんなにやわじゃない!!



念のためスイングアームを目視確認する為、ホイールを外すことに… その直後スイングアームの問題は払拭された。
それは、スプロケット側に入るカラーの組み付け方に間違いが有ったためなのが直ぐに分かったからだが、そのカラーの組み間違いだけであんなに隙間がでるのか? とも思った。
 
とにかく、本来内側に入る段付きカラーを元の場所(ハブとスプロケットフランジ間)に戻す為にフランジを外すと… 妙な隙間の答えが待っていた。



本来表面(今回段付きカラーが入っていた箇所)に入るべきカラーが、内側にセットされてると思ったら… 無い!!
その代わりフランジベアリングとハブベアリングの入る縁が直に接触して、スプロケットダンパーの働き分が削れた様になってしまってた(汗)

十数年前に自身で組み付けた BSAさんは、記憶からは遠のいてしまっているが、その時から今回が初めてのタイヤ交換となるくらい走行距離は稼がなかったのだ。
しかし、今回のこの程度ならまだ軽傷な方で、ベアリングの状態確認と正規のカラー取り付けに、亀裂の入ったダンパーラバーをセット交換して済ませる事が出来た♪

以前、某メーカー直系ディーラーで行ったタイヤ交換時に、この段付きカラーを入れないままで組まれた車輌(砂型K0)の修理もやったことが有ったが、その時はもっと酷かったし…(汗)
 


ワタシがタイヤ交換や関連作業をしてる間、BSAさん自身も各部メンテナンスやチェックをして、ここ近年まで低迷していたナナハンライフからの復活に再確認していた。
 
BSAさんと知り合う切欠となったのが このブルーグリーンのナナハンではあるが、この車輌に関してワタシが乗るためのメンテナンス(今回はタイヤ交換だけだが)を依頼されたのは今回が初めてとなった。

今回記事にした内容以外にも、トルクリンクのボルトの問題が発覚したり、距離を乗り込むとトラブルに発展しかねない箇所もあったが、ツーリング等に同行しただけでは 全く分からない不具合も多いことも分かった。


 
因みにこの車輌は先だって発刊されたハイパーバイク VOL.31のメイン車輌でインプレッションに起用されもし裏表紙までも飾ったその物であるが、インプレを書いた山田純さんは、後輪付近に違和感を覚えたと試乗後記者に伝えたという。

いつもの様に今回の作業直後にもBSAさんに試運転して頂いたが、とてもスムーズな走りが出来、今までがまるで何かを引きずったような感覚に思えたとも言われた。
これが、ハイパーバイクの試乗前になされていた作業なら、格段と良くなった(本来これで普通のナナハンの状態だが)モノをベースにインプレを書けたかと思うと少々悔やまれる。
 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

われわれ素人は、バイク屋さんは皆同じ技術を持っていると思っていますから、ディーラーで安心できないのは困りますね。
お医者さんと同じで、これはうちでは無理だから、専門医(大学病院とか)へと紹介してくれるような、かかりつけのバイク屋さんが、案外少ないのではないでしょうか。
私も最新型の電波腕時計など、他店で電池を交換したのだが、その後時間が合わないなどというケースで、お客様がマニュアルなど保管していないので、時間合わせのための設定手順を(これをやらないと電池交換しただけでは時間が正しく合わなくなります)インターネットを通じて検索する始末です。

No title

僕も自分が乗っているバイクをいじるのは楽しい作業なので積極的にできる所は自分でしたい気持ちが強いですが、やはり人間なので忘れてしまったり、間違ったりということはつきものだと思います。
名車とオーナーさんが大事に至らなくて何よりでしたし、自分自身はこの記事を踏まえて今後もバラした順番と位置は覚えておくように心がけたいと思います。

そしていつかBSAさんとツーリング等でご一緒できればナナハンをナメ回したいと思います(笑)。

No title

わたしは・・、ベアリングが正しく入ってなくて・・・??
その際は、シルバーさんが気付いてくれまして!
直して頂きました!!・・有難う御座います!ペコリン

BSAさんのナナハン!えぇ音奏でるんですよねぇ♪♪
かっちょえぇなぁ~・・・・(羨々!

No title

シルバーさん、おはようございます。僕も今回の修理(ホイルベアリング交換)でこの部分やりましたよ。忘れないようにデジカメでたくさん写真とりながらやりました。作業せずにおいとくと忘れちゃったりするんです。間違いなく組み付けた・・・・と思います。)
BSAさん、シルバーさんとこに修理出してよかったですね。
音、聞いてみたいな。!!

No title

バイクでは無いのですが、以前に私も似たような事が有りました。
ディーラー系で安心して作業を任せたのですが、新人が作業をしたらしく部品を交換しただけで、付随作業が成されていなかった為に、半年もしない内に同じ作業をしなくてはならないハメになってしまいました。(ブレーキ廻り)

No title

これぞプロ!!

試乗しただけで後輪に違和感を覚えた・・・・なんて、ゴイス~ですねぇ。。。

ボクなんてパンクしてても走っちゃいそうです^^^

No title

先日は大変お世話様でした。
今回の、タイヤ交換でいろいろな事にきずきました。
やっぱり、いろいろな車両を見て、触っている人にはかなわないなっと。
指摘をされなければ、この先ずっと気がつかずに乗っていたかも(汗)と思うと。
タイヤ交換作業をやるだけでなく、全体に目を向けられるっていうことは、出来そうで出来ない事と思います。
タイヤ交換後、試運転をして、スムーズさに驚きでした。
やはり、古いバイクでからこそ、細かなところに目を向け
メンテナンスすれば、決して乗りずらいとか、故障が多いとか
世間で騒がれるほどの物では無いと思います。


今後も、懲りずにメンテナンスを宜しくお願い致します。

ps;ツーリングでお会いした時は気軽に声をかけてください。宜しくお願いします。

No title

白スポさん、ワタシもかつてはディーラー(四輪の)で働いていた経験もありますが、入社1年目で何十台となく車検整備もこなしてました。 言い換えれば、メーカーの看板を背負った新米が法定整備を次から次へと…(汗)

ディーラーさんの場合、同メーカーの車種を依頼されたら いくら古くても断り難いのではないでしょうか?
あとは依頼する方の判断に因りますね (^^;

No title

旅がらSさん、ワタシも間違ったり忘れたりはあります(汗)人間なもんで…(笑)

近い将来 BSAさんともツーリング出来ると良いですね!
ワタシもBSAさんと最後にツーリングしたのがいつだったか記憶にありませんが…(汗)

No title

えびぞ~さん、タイヤ交換だけの依頼でも、折角の分解ついでに周辺の確認はするようにしてます。
その時に発覚する不具合も修理もしくは注意することで、その後の走りにも影響すると思いますから…

BSAさんのこのナナハンのマフラーは当時の無番ですから良く聞こえるのでしょうか?? 内部が腐ってるから余計に大きな音になってると思いますよ!(笑)

No title

hanaizumi015さん、記憶しにくい所は、デジカメで撮影しとくと良いですよね! ワタシはブログネタとして作業の合間にデジカメ登場が頻繁にありますが、その為にカメラは汚い手でよごされてヤレヤレです(笑)

そ~そ~今度、大内宿方面に走りに行きますが、もしかして近くではないですか??

No title

黒街さん、ディーラーだからって安心は出来ませんよね!
それってもしかして、ワタシが新米の頃にやらかしたミスですかな??(汗) 既に昭和の出来事ですが… いやいやブレーキ関連でクレーム付いた記憶はないが…(笑)

No title

鉄人29号さん、違和感があるって話を聞かされたのは、作業に着手した後だったので…(汗)
作業後のオーナーさんの試運転の様子から、以前は かなりの違和感だったような… 作業前にワタシも違和感を体感してみたかったです(笑)

No title

BSAさん、古いモノもそのままで乗っていては故障と修理の繰り返しになりそうですね!
でも、調子が良い時(所)は、そのままで弄らない方が良いし、新しくしたところで調整が悪ければ不具合に至りますので注意が必要かと思います。 なかなかそれが難しいところでもありますね(汗)

この手の状態くらいなら まだまだ序の口ですので懲りませんよ(笑)
今度は、走る方でもご一緒したいですね!

No title

シルバーさん、おはようございます。
そーです、かなり近くなんですよ。
大内宿にはいつ行かれるのですか??
できればお会いしたいです。

No title

hanaizumi015さん、やっぱり近くだったのですね!(笑)
新たな記事に予定も書きましたが、時間までは… 走りがテキトウなので読めません(笑)
内緒コメントにして携帯のアドレスを入れて頂ければ、当日 行きすがらメール連絡できますが…♪

No title

hanaizumi015さん、内緒コメント了解です!!
後ほど連絡させて頂きます(^^)
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR