2009-04-24(Fri)

オーバーフローパイプの亀裂

 
今年1月にナナハンのシリンダーヘッドを組み替えた記事を書いたが、後にそのエンジンを載せて車輌を仕上げたBSAさんであるが、今度は エンジン調整の為に車輌として持ち込まれる事となった。

オーナー自らが車体全体の組み付けを行って、エンジン始動まで漕ぎ着けたが… 
 


キャブレターからガソリンが滴り落ちるとのこと。
パッキン交換やフロートバルブ周辺やフロート自体の具合も診たが、ど~しても4番キャブのオーバーフローパイプから漏れが治らないとのことだった。
 
入手以前の車輌の状況は ある程度聞いていたので、車輌を見る前から原因の目星は付けてはいたのだ。
しかし事前打ち合わせで キャブの同調を含むエンジン調整も頼まれてることもあり、車輌を持ってきて頂いてからチェックしても遅くないと…。



車輌をトランポから降ろすなりエンジン始動にて現状のエンジンのバラツキ具合を確認する。 その頃にはガソリン漏れも発生してるので それも確認、その後に予測していたチャンバーカップのオーバーフローパイプをチェックした。

画像の様に予測的中であるが、実は同じようにパイプに入る亀裂は、長年乗っていないモノにありがちで珍しいことではない。
しかも この程度のことでチャンバーカップごと交換するには及ばない、何故なら修理するにも比較的簡単に済ませることが出来るからだ。 



真鍮製のパイプ相手には打って付けの方法として、ハンダ付けを施す。
ここまでは、モノの数分で作業は終了だが、その後油面調整を含め同調作業をするには時間的余裕が無かったので今回は預かることにした。
オーナーさんの一番懸念していた状況をクリアしたので、あとの作業に更なる不安材料はなかったことほど気楽なモノはない(笑)



数日後 程良くヤレた仕様の昭和45年型ホンダドリームCB750Four を引き取りに来られたBSA さんは、基本のノーマル仕様のままで一旦車検を受け、やはりヤレた様子を保たせながらカスタマイズする予定だと言う。

そんな飽くなきナナハン道は続くのである… が、今やホンダのナナハンだけに落ち着かず同年代のビッグツインにも触手を伸ばしてるのだ!(汗)
既に預かってるそれらもボチボチ着手しないと叱られてしまう。 そぉなったら そちらも後ほどブログにて紹介して行くことになろう(笑)
 

 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

おはようございます。
デジカメの写りは実際よりきれいに写るのでしょうか。
赤いCBがオイルタンクの他は、少しもやれて見えませんが。

No title

同年代のビッグツイン・・・この間十数台のWと走行しましたが
W菌に感染したようで排気音が未だ耳から離れません
恐ろしやW菌の感染力、どうやって治療したらよろしいでしょうか
既にCB菌、ドカ菌、トライアル菌(これは重症)に犯されいます

No title

シルバーさん、おはようございます。おかげさまで僕のK1は絶好調になりました。いつもありがとうございます。
毎日、近くの峠へ走りにいってますよ。
でもこの頃山菜採りの車が多くて危ないのです。
あの人たち山ばかり見て前を見ていないのです、困ったもんだ。
僕も山菜は採るので今度送ってあげますね!楽しみにしていてください。オーバーフローパイプ亀裂ですか??いろいろあるんですね、勉強になりました。

No title

話を聞いてるだけで悪いところの目星を付けてしまうなんて、なんちゅうか、本中華・・・古い??流石はシルバ~さん。。。


おかげさまで先日の信州ツ~、楽しく行ってこられました。ありがとうございました。。。。

No title

白スポさん、デジカメの写りは綺麗過ぎますね!
ネットオークションなどで画像通りに受け止めるとガッカリすることは常ですので、出品する時なども場合に因っては「その辺を踏まえて入札下さい」一言入れたりもします。

デジカメで撮影されたモノの色合い等は、同じ条件で撮ったモノとの比較画像がないと支障をきたすことも…(汗)

No title

万年さんも信州遠征楽しかったと思われます!(笑)
ダブワンと走るとナナハンを駆る自身のエンジン音も全く聞こえなくなることも… 例えそれがHM300マフラーだろうと…(汗)
でも、人のダブワンの排気音ほど良く聞こえますから(笑)

No title

hanaizumi015さん、絶好調とは良かったですね♪♪
このパイプの亀裂は、放置車両に良く見られますので、定期に始動されてる車輌なら無縁かも?(笑)
でも簡単に目視確認できますので漏れが止まらない時は疑ってみて下さい。

No title

鉄人さん、巨泉さんの全盛時代真っ盛りでしょうか(笑)
この亀裂の件は、記事中にも書いた通り放置期間があるモノには珍しいことではないので…!

サイドカバーのエンブレムは、オイルタンク側のを譲って貰ったようですね!
きっと当日も誰かに指摘されてませんでしたか?(笑)

No title

流石、シルバーさん。。。

付けてみて、アレッ??でしたが、判る人もいないかな。。。と。

でも、特に支障はありませんので。。。

No title

ちょっとした見た目と、ノブを回す時に邪魔になるかな? って程度ですが、鉄人さん本人が分かってて付けてるのなら良いって事ですね(笑)

No title

ここの亀裂は始めて見ました、こんな事もあるんですね ( ^ ^ )

No title

何故かナナハンでは何度か見てます。
確かに他社の単車では見ない(数を見てないからかな?)ですが、燃料コックのパイプでは同じように亀裂や割れがあるのを 錆道楽さんも見たことあるかと思いますよ(汗)

No title

今日バッタリでビックリした白CBです♪
壊れたら何でもかんでも交換すればOKって訳じゃないんですね☆
「修理」とか「補修」って聞くと、手間がやたらかかるイメージがあって・・・
毎度参考になりますo(`▽´)o

あっ・・・普通に名前変える事できました(汗)今まで何をしていたのだか(-.-;)

No title

おはようございます。
この間のラウンドツーリングお疲れ様でした。
ちょっと物足りない気もしましたが、
好天に恵まれ、とても気持ちよく、楽しい一日でした。

今回のCBも、カスタマイズするのに
まだ足回りのみの構想しか思い浮かばず
完成には、いつになることかって感じです。
メナーニの外装が、今も思い出すととても残念でした。(涙)

ドカの方も、何とか面倒を見ていただいて
気持ちよく走れるのを、楽しみに待っていまーす。(笑)

No title

白CBさん、やっとHNが設定できましたね!(笑)

修理や補修で手間を掛ける事に楽しみを見出してる方々も多いくらいですよ!
かと言って個人差も大きいので、それを行う事で余計に壊してしまったり再起不能までのトドメを打ってしまう方も居ます(汗)
ワタシも、自信がない(出来ない)事は、因り専門的な方にお願いすることも多いですし(^^)b

No title

BSAさん、先日はお世話になりました!

カスタマイズには決まりがなく、センスが大きく左右する世界ですので、その構想を練ってる期間も楽しいですよね♪
ワタシなんかカスタムの方向も決まってるし、構成パーツの殆どが手中にあるのに、なかなか着手できないでいますし… も~10年以上ですが(汗)

お預かりのビッグツイン2台は順を追って着手します… こちらの一台も既に1年経とうとしてますが…(大汗)
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR