2009-04-17(Fri)

ブログからの繋がりから…

人と人との繋がりって言うか、付き合いの切欠となるのは様々有るもので、その一つに この様なインターネット上から横の繋がりに広がりを展開させる場合もある様だ。
ワタシの書いてるブログの場合、宣伝になるような事を書いてるつもりもないので、所在も連絡先も明かさないし、宣伝&広告HPの様には明かす必要もないシステムだったのでブログを選択した訳だが…(笑)
 
ブログからは 仕事としてではなく、趣味の単車好きとして繋がりを持つ場合もあるが、それが結果として仕事に繋がるのも悪い事とは思ってなく、逆に自然の流れとでも言えるだろう。
とは言っても、過去にブログ以外の接点が無い方から新規に仕事を請けたことは一件もない(たぶん)し、率先して請けたいとも思わない。 何故なら仕事に一生懸命な性分でもないし、それによって現在請け負ってる車輌も停滞気味だからだ(大汗)
 
しかし、今回の作業は… そんな状況を打破?した最初のケースとなったようだ(汗)
 

 
既に、信州のW3さんを介して面識はあった隣県在住の鉄人29号さん(上州W3さん)であるが、面識を持った後にちらほらとコメントを頂ける様になった。
そんな一ヶ月ほど前のある日、ブログ記事の内容とは全く関係なく「走行中サイドカバーを落としてクルマに踏まれてしまったので、在庫があったら譲って欲しい」との内容のコメントが…。
 
素っ気なく断るのもなんだし、特に商売気もないので、「余分に有ったかも知れないので、後で探して見つかったら連絡します」てな感じの返答はしておいたは良いが、正直言って他のダブワン仲間に都合して貰えるだろ~と思ってた(汗)
 
そして数日が過ぎ… ベース品の「都合が付いたら塗装までお願いしたい」との依頼に進展してしまった(^^;
それなら色合わせも必要なので、潰れたサイドカバーを見本として送って欲しいと伝えたら、先々週の末日に届くことに…
鉄人さん特製のコーヒー豆も同梱包されていて、開封と同時に芳ばしい香りが♪



実際は、丁度良い感じの塗装ベース品が見つからなかった為に、再生ベースの車輌(W1S-A)から外し都合付けることとした。
画像は、そのベース品をサンドブラスト後サフェーサーを入れて 僅かな歪みをラッカーパテで補い研磨した状態。
 
鉄人29号さんの車輌は、カワサキ650RS-W3 だが、サイドカバーは その前のモデルとなる W1S-A と同一型で、塗色のみの違いとなる。



事前に伺った時には、塗色はリペイントされてないオリジナルの状態との事だったが、現物確認するとリペイント品であることが濃厚だ。(聞き違えたかな?)
純正なら、サイドカバーエンブレムを外すと紫外線に侵されてない箇所との違いがハッキリ出るハズので…。
 
純正塗色の場合、退色が激しい時代のペイントなので、その退色されたなりに調色が必要である。
リペイントされてるにしても、同じく調色は不可欠なので現物確認は必須である。

純正色はキャンディー塗装による色使いだが、現物はパールを使用しキャンディーの風合いを再現してあるようで、同じようにパールを駆使することにした…。



鉄人さんのサイドカバーの裏側に限っては、純正ペイントのままで黒色塗装であった。
こちらも同様に下地に黒色ペイントを施す。
 
因みに、~W1S 迄のキャンディーレッドやブルーに関しては、下地色は表裏面共に白色を施してあり、やはり後ろ面まではキャンディー塗装を施さないである。
要するに、表面の色は 後ろ面までキッチリと塗らないのがメーカーのやり方であった。


 
潰されたサイドカバーは、エンブレムは元より取り付けノブまで再利用を拒む状況であるが、割れたノブは純正品ではない様だ。
塗装も済ませ純正タイプ(十字のレリーフが施されてる)のノブも装着し完成とする。 アルミプレスのエンブレムは
信州のW3さんから手配が着いてるとのことで、良かった♪

カラーチャート等ないところからの現物調色とパールの粒子(多さ)の関係もあり幾分色味に違いも感じるが、この程度で勘弁して頂きたい(汗)
今週末には、
ゴードンさん主催の信州花見ツーリングもあることから、それに間に合わせるべく納めることが出来たのは幸いであった♪
 
折角なので、週末は好天に恵まれツーリングを楽しまれることを期待したい!(笑) 
 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

をを”間に合いましたかぁ・・
私も、紆余曲折が有りましたが・・(滝汗”)
何とか行けそうです!♪
シルバーさんも都合付きましたら是非!!!

No title

おはようございます。
さすが、シルバーさん、仕事とはいえ、鉄人さん涙の感激ですね。
19日に見せてもらおーっと。
ところで、塗料の色合わせっていうのは、一人前になるのにどのくらいの年数を要するものですか。
ハヤロイドさんのところの塗装では、キャンディー色だのは、たぶんやらないでしょうから。

No title

我が 弟分の W3の 再度可婆の 面倒を みていただきまして
誠に ありがとう ございました!!
先日は バッテリーむき出しで 信州まで 乗ってきましたが
明後日の 信州・お花見ツーには 写真の 再度河馬亜を 拝見できますね!!

ところで 私の手持ちの 青Sのカバーを 私の W3に付け 私のを 鉄人さんに 貸してあげようと したのですが・・・
取り付け部の 形状が 微妙に 違うのでしょうか??
・・・取り付け出来ませんでした!!

写真の コーヒー豆!・・・こちらでも 香ばしい香りを 放っています!!

No title

シルバーさん、本日商品が到着しました。本当にありがとうございました。機会がありましたらまたお願いします。・・・ヤフオクか~~い。。。

いやいや、本当に感謝です。19日のツーにも間に合わせていただき、ブログネタにまでしていただき・・汗!・・・ありがとうございました。

でも・・・純正色って聞いてたので、ちょっと残念・・かも!!

運良くサイドカバーの在庫があったわけじゃないんですね。。。なんだか申し訳なかったですね^^^今度は落とさないように、紐で縛り付けましたよ。。。

No title

ごーどんさんのW1Sは、半分だけでも復活された様で良かったですね~♪
ワタシの今月の週末予定は昨月末には確定してまして、残念ながら信州遠征はなりませぬ(汗) みなさまにヨロシクお伝え下さい! ご安全に!!(笑)

No title

白スポさんも明日は信州花見ですね!(笑)
塗料の色合わせは、ワタシでも一人前と言うほどではありませんし、個人差が大きく出る所でしょうから、何年やれば… なのかは皆目検討がつきません(汗)
明日は、天候も宜しいようでお気をつけて!!(笑)

No title

信Wさん、ダブワン系のサイドカバーは基本的に全て同じです。 W1S-Aからエンブレムの取り付け穴が有るか無いかの違いだけです。
前方裏側の爪が曲がってたりすると装着に困難なモノもありますが、個体差程度です。
もしかしたら信Wさんのは「再度河馬亜」だから着かなかったのかも知れませんね(笑)
明日は楽しみですね♪♪

No title

鉄人29号さん、商品が無事に到着した様で安心しました! まだ入金確認は出来てませんがスムーズな… ってヤフオクじゃないって(笑)

純正と同じ塗り分け… ってことだったの鴨? もしかしたらサイドカバーは過去にも落としてリペイント歴があった訳だったり!?(汗)

他でも紐を付けてる人はたまに見掛けますね!
ワタシは、走りながら時々ノブの締まり具合を確認する癖が付いてます。
明日は、好天の様で楽しんで来て下さい!!(笑)

No title

私のと同じ火の玉カラーですし、りょうさんの所にアップされたサイドカバーなしの写真が気になってましたが、鉄人さん号だったんですね。
W3初期の純正色は、ブルーと山吹色のみだと思ってましたが、このカラーも存在したのでしょうか?

しかし、潰れたサイドカバーは残念ですね。

No title

ひのたまWさん、ダブワン系は全ての型式に基本で2色ずつ、W3のみは前期型&後期型に分かれましたが、やはり2色のラインナップです。
PCモニターでの色の判別は、し難いのが現実です。 しかし大抵の新車時装着の純正ペイントモノは退色が激しいのが現状で綺麗に残ってるのは非常に希かと思います。 後年にストック品を着せ替えた車輌も有りますし、補充パーツは新車時の色と違いが有ることもアリますのでPCで確認しただけでは断言したくない訳でして…(汗)

潰されたサイドカバーは下取りとしましたので、もしかしたら板金の手間を掛けて復活させるかも? しかし、その手間を考えると、断然 買った方がマシですが…(^^;
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR