2008-05-31(Sat)

ダブワンのリアホイール組立 (後編)

以前紹介した、がちょさん昭和43年型カワサキ650W1Sの新車時のオリジナル度を高める依頼の続きになるリアホイールの組み替え整備。
リアホイールはブレーキパネルを除き、スプロケットハブ(カップリング)まで恐らくW1S-Aモデルのモノをそっくり組み替えられてることから、それを年式(車体番号)相応に戻す作業をする。
本日は昨日の続きで、後編となる。 



スポークの仮組まで済んだホイールは 次に振れ取りを行うが、先にベアリングを組み込まなければならない。
用意したのはテーパーローラーベアリングを2個! とは言っても これが純正指定品である。
ホンダCB750Four や同じカワサキ750RSやマッハなどの後発の大排気量車でさえハブにはボールベアリングを採用されてるのにダブワンにはこれなんです。
規格品なので、手に入れることが容易であるのは嬉しい♪



で、さっそく挿入~!
ハブ側を素手で触れられない程度にバーナーで温めてあげるとアウターリングを楽に入れられる。
その後、冷えるまでにべアリングにグリスをたっぷり練り込みセットし回転させ馴染ませる。



振れ取り台にセットし、縦方向からじわじわとニップルを締め付ける。
横方向の締め付けも考えて一気に締め込み過ぎない様に少しずつ締めて行く。
これは、地元のスポーク張りの名人?(昭和の)の話を聞き伝えで覚えていた調整の仕方であるが、ニップルは最後まで緩める方に回さない様にすること、その為全体を少しずつ締め込んで行って決める。
とまぁ~そんなところだが、最後はニップル回しでスポークを叩き張り具合を音で確認しながら微調整する。


 
満足行く張りが出来たことで、タイヤを組み込むが銘柄はもちろんダンロップK70 である!
このカワサキ650W1S の新車時に履かれていた同じパターンが今でも手に入るのにこれを履かない訳には行かない!!
まぁ~それ以上に拘りがあれば話は別だが、深いフェンダーには似合うと思いますね(笑)
せっかくだから鍔付きのカップリングも仮付けしてパチリ! とまぁ~ これでホイール編は終わりとなります。
  
肌寒い中 今日は地元で恒例の花火大会が行われたが、明日は久々のツーリングだ!しかし明日も天気悪いとテンション下がるなぁ~。  
 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

会社行く前に前編見て今帰宅して後編見ました。
あともうチョイっすね!
肝心の持ち主は風と一体にはなれずに会社のデスクと
癒着してますがな(泣)
YSRの件は申し訳ありません。6月の第3週目あたりの週末に
引き取りに伺います。天気悪くても軽トラ借りて引き取りに
伺います。BMWの方も何とかしたい・・・

No title

昨日の花火大会はあの天気で行われたんですよね~
今日は天気もいいのでツーには最高ですね。

No title

がちょさん、予測通り会社で埋もれてましたかぁ~(汗)
まぁ~また来る前に連絡でも下さい! それからBMWのバッテリーの件 了解しました!!

Riviera Blueさん、そぉなんです あの寒々とした中 花火は行われました!
あの℡を受けた時も花火を見ながらでした(笑)
本日のツーリングは最高でした! 他のオートバイのグループも多かった様に思えます♪

No title

ダブワンのベアリングはテーパーが純正とは驚きましたね!
文章を読まないうちに写真だけを見て『またシルバーさんの隠し味』だとばかり思ってしまいました。
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR