2008-05-17(Sat)

CB1100R 燃料タンク下地作り

先月書いたCB1100R タンクキャップ加工の続きの記事を思い出したかのように書きます(汗)

前回は、塗膜剥離をしたら右側面に受けたダメージを全て?パテ成形されてた箇所の粗出しをした所までだったが、その後サンドブラストを用い旧塗膜を落とし新たに薄付け用のポリパテで成型する。



パテのブランドは20年以上の愛用品だが、その後の新製品などは使ったことない、きっと良い物があるんだろうな~♪
しかし特に不便は感じないし、20年くらい前に塗装したタンクに使用した部分でも 表面上パテ使用の形跡は分からない位だから現状で満足なのだ!(笑)



転倒に因るダメージは受けてない左サイドだが、ホンダCB1100Rのタンク全てに共通して前後方向のセンター部に入る仕切り板(セパレータ)の接合部はガソリンの加圧に因る歪みが生じる。
その為、その箇所も少々の板金の後パテ成型で整える。



今回のキャップ部交換に因る折角の大きな穴だからタンク内の仕切板の溶接ぐあいも覗けるのでパチリ! と公開!!
こんな具合なので、ガソリンが傾くたびに 板は揺すられ溶接箇所に歪みをもたらす(汗)
転倒歴が無かったり、モノを当てた記憶がないのに タンクが凹んでる!(爆)と思われたオーナーの方も居るのでは?? 
急加速&急制動は更なるダメージを与えるので要注意ですよ!!
 


ウレタンの2液サフェーサーを噴き十分乾燥した後に、ラッカーパテを塗る。
下地作りの最終段階になるが、一液の極薄付けパテで、巣穴や僅かなたわみやキズ取り等に使用する。


 
耐水ペーパーで塗装前の面出しをすると、緑色のラッカーパテは殆ど削ぎ落とされる事となる。
この後もお少しペーパー掛けして、上塗り塗装段階へと進める。 
 

関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

No title

どうも御苦労さまです。
カウルも仕上がったそうですが、カウルのステッカーが無いのですがどうしたら良かんべ~

No title

DrKさん、いらっしゃいませ!
カウルのステッカーは、後貼りなので自身で貼ることで送って来ないのかと思ってました(汗)
リプロですら存在しないって事でしょうか?
ひとまずタンク&カウルは今週中に送ろうと思ってますが… 今週末にはこのタンクを装着してツーリング参加されるのでしょうか??

No title

どうしてタンクの中に「仕切り板」があるのでしょうか?

No title

はじめまして
私もプライベートで1100Rを2台仕上げている途中です。
タンクマークはマスキングしてペイントで仕上げる予定のと
カッティングシート仕様の2台です。

タンクキャップの加工は参考になります。

No title

タンク内の仕切は、急加速時等に燃料の傾きに因り重心がズレ走行に支障が起きるのを防ぐ為かと思われますが…。
ぎん殿さんは、知ってて聞くんだから~(汗)

jj_rivierablueさん、コメントありがとうございます。先程ブログ拝見させて頂きました。
今年購入なされた1100Rに装着されてるのは、同じタイプのキャップの様ですね!? もしかしたら、その加工も10数年前にワタシが行った物かも知れません… 前々所有者を辿れば行き着く気がします(あくまでも推測ですので…)

No title

シルバーライン様
今週末は仕事の関係でバイクではなく車での参加を予定しています。タンク並びにカウルは直接引き取りに伺いたいと思っています。ツーリングに間に合うよう御配慮頂きましたがm(__)mステッカーはオリジナルに準して後張りでオッケーです。さて、何処にあるか、、、

No title

「燃料タンク上塗り編」の記事をアップした昼間にタンクの発送は済ませてしまいました!
カウルは、梱包材料を探してから発送予定でしたので、引き取りに来られるとのこと助かります♪
クルマでツーリング参加はストレスが溜まるかと思われますが、楽しんで来て下さい!!
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR