2023-05-26(Fri)

会津田島 再び

ゴールデンウイーク中の5月木曜日)は、またまた世界に誇る文化遺産的な日光杉並木を走ってる。

2023.05.20 (1)

しかし、この日は天気が良いのにクルマで北上中だ。

会津田島駅前の蕎麦屋さんへ単車を届け、帰りは別の修理車を預かる予定となってるからだが、本来なら昨年同様に蕎麦屋さんは電車で来て自走で乗って帰る予定であったが、とある事情によりトランポにて納車となったのだ。

2023.05.20 (2)

この日は天候の良い休日であることから、ダブワン仲間が2名とトランポへの同乗者も含め4名で向かうことに。

先日、試運転を兼ねて大笹牧場ミーテングに乗ってゆき、帰宅10キロ手前辺りから走行中にチャージランプが点灯した件の修理も終えたのは、そのミーティングの2日後であった。

DSC_1669.jpg

そにミーティングの帰宅後に、エンジン稼働時のバッテリー電圧を計るが変化なし、即座にレギュレーターを未使用品と交換しても変化なし、残るはダイナモからの発電不良に絞られるが、それは時間の都合で翌々日に持ち越す。

Yカバーを開け、ホーンを外し、ダイナモを摘出し分解し始め直ぐに内部へのオイル混入を確認したので更に分解しながら洗浄も行う。

DSC_1673.jpg

洗浄しての目視確認では、幸いオイルの混入が直接的原因ではなさそうに思えた。

消耗品であるブラシや、ブラシを押さえるスプリングの状態も悪い感じはしない。

コンミテータ―やアーマチュアコイルにフィールドコイルも見た目で分かるような焼けやダメージは見受けられなかったので、導通テストをすると。。。。

DSC_1675.jpg

フィールドコイルの抵抗値に反応がない!!

DSC_1676.jpg

早速分解確認すると、フィールドコイルの導線に分かり易く断線を見付けることが出来た。

ヨークに固定されてる時は、絶縁材のガラスチューブ内に隠れてる箇所なので分解しなければ目視では分からない箇所となる。

焦げ跡など無かったので、単純に経年劣化による半田剥がれのように見て取れた。

DSC_1677.jpg

半田付けし再び抵抗値を計ると復活の兆し♪

組付け後にエンジン始動確認しバッテリー電圧の確認をすると、回転の上昇に伴って電圧も上がり、適度なところで電圧の制御もされることも確認し、一件落着となった。

2023.05.20 (3)

久し振りに蕎麦屋さんの元に戻った カワサキ500メグロK2 となる。

代わりに修理預かりとなるのは、黒/白のツートンシートが装着されてる メグロ500スタミナK1 だ。

2023.05.20 (4)

この日はゴールデンウイークともあり、朝から暖簾も出してないのに午後2時を過ぎても店先にお客さんが並んでいる。

店じまいの札を出し、我々が蕎麦にありつける頃には、店主自慢の天ぷらは品切れのようだった。
まぁ、それは次回の楽しみとして暫しの談笑後 帰宅の途につくこととした。




で、下の画像はその23時間ほど後の再びの会津田島5月5金曜日) この日も世界遺産でもある日光杉並木を走ってやって来た

DSC_1686.jpg

このこどもの日も店先にはお客さんが並んでるが、昨日より1時間ほど早かったので、今日こそは 天ぷらにもありつけた♪

まさか、前日に食べられなかった天ぷらを食べる為だけに、100キロ以上も走って来たわけではない。
この日も仕事がらみとなるのだが。。。。

2023.05.20 (5)

この細かな金属片を作り出した単車を引き上げた場所が、蕎麦屋さんから数キロしか離れてない所だったので、たまたま昼時だったこともあり、昼食に天せいろを頂くことにしたのだった。

お昼時だったのと、この日は営業してることは知っていたので、連絡無しでの いきなりの来店に店主もビックリされていたのは言うまでもない。


話を戻すが、上の画像の金属片の元は何かと言うと、下の画像の通りだ。

2023.05.20 (6)

カワサキ650W1Sの左ピストンの砕けた欠片が、クリーナーケース内と、エキパイへ分散した訳だが、、、 この単車を20年以上乗ってるオーナー曰く自宅から100キロほど走った頃に、突然後輪がロックして停車後に車体各部の点検とプラグ確認交換もしてみたが、プラグは異常燃焼を思わせることもなくどちらかと言うと黒っぽかったと。
後輪がロックするまでの走りは、至って好調だったとのこと。

プラグ交換後にエンジン始動を試みるが、その時はあっさり掛かって30キロほど走ったところで今度は完全に停止。 再びキャブトンと音を響かせることが出来なかったのでワタシを呼んだ訳だ。

なぜこんな事になったのか帰りの道中に、色々と可能性を考えてはみたが、その場では分かるはずもない。
ワタシがこの車両に関わったのは、今の所有者さんが入手した20年ほど前に、主に外装のリメイクとエンジン調整など。
その後は数年に何度か点火系と燃料系の調整程度で、それ以外の各々のメンテナンスや車検なども含め全く関与してなかったのだ。

帰宅後早々に分解してみたら この様であったが、後輪ロックの原因はピストン焼き付きなのは想定内だが、問題なのは何故焼き付いたのかだ。

それも判明するのに時間は掛からなかったが、原因はオーナーさんも納得なのでここでは伏せておくことにする。



片道100キロほどの同じ道を2日続けて走るのは結構シンドイもんである。
計画的に走るなら心構えもあるだろうが、2日目が突発的なことだったので尚更だった。



スポンサーサイト



2023-05-21(Sun)

雨降り三昧の グッドオールデイズ

昨年もこのイベントは行っていたハズだが、何故か昨年は見学すら行かなかった。

見学も含め参加などの記事はここに残すようにしてるのだが、不参加の時の理由などを書き記すことがないので、何故行かなかったのか直ぐには思い出せないが、今年は参加したのでそのことだけ書くことにしましょ~♪

2023.05.04 (1)

で、今回は特別企画の展示で「50cc最小排気量のレーサーマシン展示コーナー」のテーマに沿う車両を持ち合わせていたので、この機会に展示しようと思い、イベント前日には何年振りの日差しを浴びさせてみた。

縁あって手元にある ホンダ・ドリーム50TT なるHRCのフルコンプリート市販レーサーで、サーキット未走行のストック状態の車両。



さて、開催日の 4月30日曜日)は、朝から生憎の雨模様で、他の参加者方々の持ち込む珠玉のレーサーが気の毒に思えてしまう。


2023.05.04 (2)

ワタシが持ち込んだ車両の特別企画展示コーナーには、スポーツモデルではあれどレーサーではないマシンも少なからず混ざってるが、それは良しとして、ロングタンクの車両がずらっと!!

2023.05.04 (3)

昭和30年代後半のホンダ・カブレーシングCR110に対抗すべく、スズキが送り出したスーパースポーツM40

残存数だけで言うなら、CR110より少ないだろうなぁ~!!

2023.05.04 (4)

一番手前は、スズキワークスのRM62で、この日も雨の中 デモ走行をお披露目していた!!

2023.05.04 (5)

ドリーム50の原型ともなる ホンダ・カブレーシングCR110 レーシングバージョンに加え、保安部品の付いたロードバージョンが2台も展示されていた。

2023.05.04 (6)

こちらの5台は全てワークスレーサーとなる。
スズキRK66 ・ トーハツ105Y ・ ブリヂストンEJR 全て50ccでありながら2サイクル2気筒エンジンなのだ!!
 
このあと、トーハツやブリヂストンは雨の中でもデモ走行を披露してくれた。

2023.05.04 (7)

とに角あいにくの雨降りが悔やまれるが、走行に備えて準備を整える

2023.05.04 (8)

ヤマハの水冷並列4気筒750ccマシンもこの日を目指してメンテナンスを行って来てるのだが、完調には今一歩のようだ。
しかしながら、持て余すパワーを武器に水飛沫を揚げて走る様は傍からは不調を感じさせない。

2023.05.04 (9)

昭和20年代のパリラ250SOHCエンジンを持つ市販レーサー250SS


2023.05.04 (10)

昭和20年代終わりころからのイタリア製 MVアグスタ175CSS で、排気量こそ175ccだが、やはりSOHCエンジンである。

2023.05.04 (11)

特別企画展示されていた ブリヂストンEJR が始動を試みるが、右側のエキゾーストから中々白煙が上がらない。 

そもそもシビアなワークスレーサーなので、コンディションを維持するだけでも大変なのだろうなぁ~!

2023.05.04 (12)

時代も進んでカワサキH2R。 750㏄の3気筒ともなると、先のブリヂストンのピストンの何倍もの大きさになるだろうか!?

さすがに走りも豪快である。


2023.05.04 (13)

ホンダワークスのRC173 350ccのDOHC4気筒で、RC時代の末期のモデル。

まず国内で個人所有なだけでもビックリなうえに、コンディションも抜群な様子!!



さて、久し振りのコレクションホールに足を運ぶ。

2023.05.04 (4.)

今回のテーマは「 働くクルマとバイクの特別展 」と題された中、まず目に付いたのは消防の赤バイで、CB175K4FVCB350FV

CB350ベースのモデルは過去に何度か見ているが、CB175バージョンの方は今回初めてである!

2023.05.04 (14)

こちらは、CB500P だが、メーターの文字盤が黒色なのは初めて知った。

ちなみに、奥に映り込むCB750Pの方のメーターは、よく目にする白色の文字盤になっている。


2023.05.04 (15)

こちらは、ワタシが日頃の足や、原付ツーなどで使ってるCT110のかつての姿となる、CT110オーストラリア郵便局仕様そのものだ!!

スピードメーター器が飛び出した様にセットされてるのは、ハンドル部に付けられるバックの陰になって見えなくなるのを避けたと聞いてはいたが、実際に装備された姿を見たら、なるほど!!と思わされた。


2023.05.04 (16)

NR750 鈴鹿サーキット コース・マーシャル仕様と、S800M 鈴鹿サーキット コース・マーシャル仕様

NR750は、こぉ見えて既に発売されて30年以上の時が経つモデルとなる。
世間一般的には " 旧車 ” と言える世代なのか!? 例えれば、今20歳の人からすれば、生まれる10年以上前のバイクなので、その方の感覚からするとどのように見えるのか!??

それをワタシ自身に当て嵌めると、昭和20年代のバイクを指して旧車とはシックリくるが。。。。



結局、この日は朝から夕方までしっかり雨降り三昧で、サーキットの路面がドライになる瞬間など微塵もなかった。 
予報では昼過ぎには雨降りも納まると聞いていたのだが、こんな時の天気予報は当たらないもんだとつくづく思う。

この週末から3週連続して日曜日になると雨降りになるなんて、思いもよらなかった。



FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR