2019-02-27(Wed)

U1000 in しらこばと公園 ファイナル


趣味のクルマに車検を入れて乗り出したのも10数年振りとなるが、それでクルマのイベントに顔を出すようになったのも2年目となることで、参加も2巡目になるのもチラホラ。。。

そんな 2月24日日曜日)は、埼玉県越谷市で行われた年式と排気量制限を設けた展示イベント 「U1000 in しらこばと公園に参加させて頂いた

このイベントが開催されるのは7回目となる様だが、色々と事情もあり、今回がファイナルとのことだった



昨年は事前エントリー制で、受付も9時からだったが、今回は一時間も早い8時からの受付であり、先着100台迄とのことらしいので、その受付開始時間を目標に逆算し、6時10分には出発とした

スタート時間は早いが、昨年の開催時期よりは2週間ほど遅いので、日の出前でも真っ暗ではなかった




出発して20分も走ると、東の空が紅くなってきた




途中、燃料給油に朝食の買い出しにコンビニに寄りながらの時間調整で、会場入りしたのは8時ジャストであった

既に締切台数の半分は入ってるようだが、事前申し込みで無い分、天候が大きく左右するだろうし、申し合わせしてなくても同じモデルの車両と並べられたのは良かった



このイベントは排気量は「 1,000cc 迄 」で年式制限は 「 2000年迄 」となったはいたが、比較的新し目の平成車両が少ないようなので、ワタシ的には落ち着く

そんな中、昭和30年代終わり頃から発売された ホンダT360が見据える方には、同じホンダから平成6年頃にアクティトラックを6輪にし、後輪ゴムローラーを巻いて駆動させたクローラが




事務局から開会の挨拶と、今回が最後となるが、引き続きこの場所で同じ様なイベントを継承してくださるチームが名乗りをあげて下さったとの報告などなど・・・



イベントを引き継いでくださるチームは、今回の並びでも早々にスタンバイしていたのが分かる位置にあった。
昭和42年から発売された空冷4サイクル2気筒360ccのホンダN360がズラッと




そして、N360でもⅠ型のタイプSなのだが、またこのクラブの主要メンバーさんが、その助手席を外してまで積んで来たのが、ホンダCB750型の子供用サイクルであった





こちらのダイハツ・ミラ・ウォークスルーバンに積んで来られたのは、やはりホンダの自転車。。。。とは言っても、時代は昭和27年頃と大真面目に作った自転車取り付けエンジンのことで、これこそ「 原動機付き自転車 」なので、 50ccの総称となる「 原付 」や「 原チャリ 」の文字通りでルーツの一つ。

後ろのクリーム色の丸い燃料タンクが特徴なのが50.3ccのカブF型で、手前のモデルは 58.1cc と排気量アップで強力化したモデルの カブF2型となる。 



今回は中央部にフィアットが10台前後停って小さい車体で大きな存在感をアピールしていた




昭和30年代半ばに発売された日野コンテッサ900は、それ以前に日野自動車は、フランスのルノーをライセンス生産していたことから、エンジンを後ろに積む流れになってる。



スバル360の背面に「 追突注意 」の文字
 すごく気持ちが分かる




昭和40年代後半に、三菱・ミニカからクーペモデルとして派生した、ミニカスキッパーが発売された。
後方視界を稼ぐために、テールランプの上にスモークウィンドウを採用してるが、これは後々にはホンダCRXトヨタ・プリウスなどでも見られる手法だ




解散の時間が近付いてきたので、帰り支度をするスズキ・フロンテクーペのオーナーさん。
クルマの前にディスプレーしていた、ポケバイのような車両をシート後部に積み込んでる
なんでも、スズキ・ランディー(オーナーさんの弁ですが、形状からスワニーかと思われる)の機関をベースに、ポケバイ全としたスタイルで仕上げてある



この日は終始風もほぼなく穏やかな天気で、ノンビリ出来た一日だった。
R-2のお隣さんからも、複数点のパーツを手に入れることも出来たので、ホント良かった
解散定時の14時も過ぎたので、また次回何処かの会場で会うことを約束したりで、会場を後にするのであった





帰り道、せっかくなので何年も会ってない知人のお店に顔を出したのだが、これまた話し込んでしまって、予定より数時間も多くお邪魔してしまった
 営業妨害みたいになってしまい申し訳ない

これまた店を後にしたのは、辺りも暗くなる18時を回った頃になってしまい、結局3時間は居たかな




走ること1時間半くらいで、無事帰宅できた。

と言うのも、前回出動した時に、原因不明のエンジンストップが有ったので、内心気になって仕方なかったのだが、あのストップが嘘のように終始快調に戻ることが出来た

次回も今回同様85キロほどあるイベント会場なのだが、天気に恵まれ何事もなく帰宅できると良いな


スポンサーサイト



FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR