2018-11-23(Fri)

広重紅葉まつりにて・・・


先週末は都会の方では、古いクルマの大きめなイベントが連日行われたようだが、ワタシは地元のお祭り的なイベントに参加することにしていた。

地元と言っても同県内なだけで、行くにも1時間半は掛かる那珂川町旧馬頭町)、あと少し走ると茨城県大子町となる県境だ。



この日11月18日日曜日)は、数日前までの連日の天気予報によると、傘マークが外れずではあったが、案の定良い方にズレ込み雨の心配もはくなっていた

今回も見た目の悪さを左フロントホイールに残す、スバルR-2での出陣
 時間は7時10分頃



で、予測通り8時40分頃に所定の馬頭広重美術館駐車場に到着

参加台数はさほど多くないようだが、県内外からぞくぞくと集まる

ここは受付を行う場所で、車両展示は通り一本南側に向うところのようだ。



この通りを封鎖して広重紅葉まつりを行うスペースとなり、クルマの展示も行うこととなる。

お祭り開催が10時からなので、9時半には美術館駐車場を出てスタンバイさせる・・・ が、 参加予定のクルマたち数台のキャンセルがあったようで、事前に作られた配置図通りにするには行かなくなった模様

予定だと、奥に見える仮設テントからこちらはワタシのスバルの他 普通車が2台の計3台のみで、ここに見えるスバル360てんとう虫)の3台はテントの奥側に並べられるハズだったが、普通車2台の不参加によってこの一角はスバルの軽自動車4台で占めることとなった




運営スタッフの方に この4台の配置を任され並べた状態




先ほどの仮設テントより奥から年式順に並べられた展示車。

たまたまだろうが、スバルの軽は4台共にアイボリーで、こちらは赤い欧州車から始まる。

3番目に古い参加車となる、シトロエン・トラクシオン・アヴァン 戦前から製造されてるモデルで、前輪駆動車の先駆的モデル。
参加車両の型式は ライト15 なので、生産末期のモデルとなる昭和31年式。



ワタシのスバルR-2よりも新しい車両軍は、お祭りのメイン会場を挟む形で300メートルほど離れての同じ路上スペースに並べられてる。
(5台先に見える、スバル360ヤングSSは、R-2より古いハズなのに、何かの手違いでこちらに停まってる

普通車も、軽自動車もお尻の方を基準に並べられてるようで、残念ながら鼻先はデコボコになってた



昭和48年春過ぎから発売開始された3代目となる日産・サニーは、それまでより少し大柄になった。
画像の車両は4ドアセダンだが、グレードはGXと読めるので、ツインキャブ仕様なのだろう。



この辺りから80年代の車両となり、奥に従って新しくなり平成のモデルまで並ぶ。

ホンダ・シティ・カブリオレは、そのカブリオレたるオープントップ部のデザイン設計をピニンファリーナに委ね、そのネームが一際目を引く存在でもあった

その奥は言わずと知れたベルトーネデザインの最たるモデル



参加費に対して半額に相当する食事券を頂いてるので、出店であれこれ頂き自分のクルマのところに戻ってきた

ワタシもその内 てんとう虫を行動復帰させてあげないとと、並びの参加者たちに情報を頂きながら親睦を深める。
この てんとう虫のオーナーさんたちとは、この日が初対面かと思ったら、これまでの他のイベントで参加されてた同士の方も居たり・・・
イベントが大きかったりで、展示箇所が離れてると話す機会を失いがちで、今回のこの規模が意外と良かったりとも感じた



ワタシにとっては、この辺りより前のクルマは「クラシックカー」と呼ぶに相応しい

昭和も40年代の車両となると、「旧車」ではあるが、クラシックカーとは言い難い気もする。
昭和でも50年代以降には「絶版車」であり、その後の平成車は・・・ 確かに「絶版」は間違いないが、まず古いと言うより「中古車」的な感じかな
 確かにあと半年ほどで30年続いた平成も終わるので、それ以降は平成そのものが過去になり、更には「平成レトロ」とでも呼ばれるのかも知れないが・・・

それぞれの生きてきてる時代の感覚によって、捉え方は様々なのですけど、全てが過去のクルマなんですね



リアルでモノクロ写真が多く生きていた頃のクルマが懐かしく感じるワタシです

天候にも恵まれて、ノンビリ出来たイベントでした

スポンサーサイト



2018-11-07(Wed)

最初で最後の越谷市制60周年イベント


このスバルを走らせるようになって、古いクルマの参加出来るイベントにも毎月のように顔を出して、それは今月も先週末の11月3日土曜日)に今までで一番足を延ばしたイベントに参加した。
 
とは言っても、今年の2月に参加した しらこばと公園のイベントと同じ越谷市となる。



出発は5時半としたが、今の時期まだ真っ暗なので、いつも出発前に撮る場所と違い車庫から出したすぐのところでパチリ



40分ほど走り、思川を渡る橋で朝日とその左側に筑波山を望む

昨夜の天気予報では、向かう東京方面は終日曇り空とのことで、少々厚着をして挑む



集合時間の8時には越谷市役所で受付を済ませるが、それまで順調に来すぎて、30分は早く付きそうだったことから、数キロ前のコンビニで時間調整をし、7時50分頃に到着していたのだ。

この日のイベントは、越谷市制施行60周年記念事業ファイナルイベントとして、今回限りのクラシックカー展示イベントとなる



まずは、越谷市役所の直ぐ東側にある一方通行の通りに軽自動車を主体に停車スタンバイし、イベント本会場となる総合公園に向け数キロのパレードランで展示スペースに並べる。
 
この日に向け、今回は右フロントのホイール&ドラムをリメイクして望んだ
ホイール自体は何ヶ月も前に全輪分を調達&リペイントして準備万端であったのだ



本来は総合公園の通りを閉鎖し路上展示の予定であったが、申し込み参加台数が多くなったので、軽自動車は施設駐車場に押し込められるような感じの展示となった



先月の昭和のくるま自慢大会の記事で紹介したダイハツ・フェローバギーバージョンが再生仕立ての姿で参加されていた。
 
朝の受付に並んだ時から直ぐに目に入ったのだが、オーナーさんはバイク繋がりの知人で、何度かこのブロブの画像にも写りこんでる方だ

その奥に停まってる軽トラも今では珍しい愛知機械工業コニー360トラックだ。 空冷の4サイクル水平対向2気筒エンジンを積む。



通りを閉鎖して予定通りに並べたのは普通車クラスからだ。 先ずは外国車からで、続いて国産車となる。

今回はランボルギーニフェラーリなどの参加車両もあったが、手前のフェラーリ308GTSのオーナーさんは、子供限定だがギャラリーを乗せてあげるサービスをされていた

この308GTSのオーナーさんも、奥のディーノ246GTのオーナーさんも共に30年来の知人であるが、双方ともこれらの車両の入手は今となっては底値の頃かと思うくらいの時期だったそうで、良いタイミングで手に入れておいて良かったと話していた。




手前の見掛けない車両は、オランダのファミリーカーで、ダフ・44 昭和43年頃のモデルで、ミケロッティのデザインによる。 
前出のコニー360同様、排気量は違えど空冷4サイクル水平対向2気筒エンジンを積む。 ちなみに国内にはこれ一台のみと聞く。



ここからは国産車の並びの画像になる。 トヨタ・パブリカ トヨタ・S800。 ホンダ・S600 と、お馴染みの車両が揃う



マツダ・コスモスポーツも憧れの車両だ



日産・オースチンA50ケンブリッジ。 この車両は多くの映画やドラマにも貸し出され活躍してるそうだ。

この黒塗りの日産車3台はいずれも古い当時物のナンバープレートを装着さてれいて、ずっと良い環境の元で過ごされてるのかと思わせる。



こちらの日産・ブルーバード1200 と隣の日産・ローレルの初代モデルも共にナンバープレートが古めかしいスタイルで、佇まいが良い



東京タワーが出来た昭和33年頃の軽オート三輪のホープスターSU型
奥のダイハツ・ミゼットMP型は、昭和34年以降に発売開始された丸ハンドルとなった新しいモデル。



ハンドルはまだ丸型ではなく、着座もエンジンを跨ぐスタイルのモデル。
そのエンジンは空冷2サイクルで、シリンダーは2個あるが、燃焼室が繋がったU型ダブルピストンとユニークな設計となる。



特に年配のギャラリーは、吸い付くようにオート三輪から離れない



イベント会場では グルメフェスティバルが催され、昼食は頂いた金券で済ませてくれとのことだが、昼時ともなれば何処も行列が絶えない状況。



先ずは軽くでも腹に入れたいと、並ばないで買えます~
 との呼び込みのお兄さんに奨められて、越谷名物 鴨ネギ鍋を頂きます
このあと、カツ丼に豚汁も頂き、金券をキッカリ使い果たす



マツダ・サバンナ初代RX-7の後半に出たターボ仕様。 ホイールに至るまでノーマルなのは見てて気分も良い

結局、予報は全く当たらず、ほとんど曇らずに秋晴れを堪能することが出来た
行きは2時間、帰りは2時間半の道中だが、終始快調に走れて良かった

翌日は群馬県クラシックカーフェスティバルin桐生として群馬大学で恒例のイベントが行われたのだが、この越谷のイベント中にあちこちで参加者達が「明日は群大 行くの
」ってのが合言葉のように飛び交っていた
ワタシはエントリーしてなかったので、ギャラリーとしても不参加とした。
今週末も土日でクルマイベントが目白押しだが、年内はそれら以降のクルマイベントに3件の参加予定があるので、そこに絞ったスケジュールで臨みたい。
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR