2017-11-09(Thu)

会津田島 蕎麦食いツーリング


本来は10月15日に行う予定のツーリングだったが、毎週末の悪天候が重なり延期に延期を重ねて、やっと週末に お日様が見られる日となったのは先週末となる11月5日日曜日) 
 
二日後には立冬を迎えるこのタイミングまで先延ばしになったが、流石にこの日も見送ったら行先の変更も考えなければと思うまでになった。
 


今回もここ最近の足に代車に活躍してるいつものホンダドリームCB750Four - K2 但し今回は外装を換えたので少々趣が変わったが、この外装(タンク・シート・チェーンカバー・風防などなど)は15年ほど前までワタシ自身が乗っていて代車などで使っていたナナハンから外して取っておいたモノに着せ替えしてみた。
 
で、ここから同行参加者のナナハン達と集合場所に出発   
あっ、ちなみにたまたまだが、手前から新しいモデル順に K2 - K1 - K0 と 並んでます



集合場所は真岡市井頭公園東駐車場で、時間は大体8時半に集まり 適当に参加者が揃った頃を見計らって出発しましょ~かって感じ。



気の合う人同士の参加呼びかけだが、参加不参加の確認もしないことから当日でも誰が来られるか分からない。

予定も延び延びになってることから、タイミングに因って都合も様々だったりしたようだが、出発時間も多少幅を持たせてるので、さてそろそろ出ましょうか って頃にやって来る参加者も居たり・・・、ゆるく行きましょ~



最初の休憩ポイントは道の駅東山道伊王野で、距離も70キロほどあった。

天気は良いが寒さが沁みてくる季節になるのでトイレが近くなる人も少なくないようで、ここまでの間に何処かトイレ休憩場所を入れておいた方が良かったと思った。

ここで休憩することはわかってるので、間に合わない方々は離脱して再び合流してるから良いが



この道の駅はオートバイ駐輪場のすぐ前がトイレなので、ある意味好都合でもある

風も強くなってるようなので、ボチボチ先に進みましょ~ ってことで、次のポイントまでは50キロ弱です



東北は福島県に入り白河の市街地を迂回するようにしながら甲子道路へ入る。

甲子トンネルへ入る手前で山の上に見えるのは、雪やら氷やら 見るだけで身体が冷え込む



何本かあるトンネルを抜けて来たが、最後に入った長いトンネルは暖かく感じた

トンネルを抜け間もなくにある道の駅しもごうで休憩と時間調整をするのだが、ここも標高800メートルは裕に超えてる場所なので、やはり寒い

昼食場所であり目的地の蕎麦屋さんが混む時間を避けるために時間調整するのだが、なにもこの寒い吹きっさらしに長居することもなかろう、ってことで程なくして出発~   



そぉ言えば甲子トンネル付近にあった電光気温計の標示は5℃を指していたのを思い出した

この辺りもあと一月足らずで単車を走らせるなんて出来なくなるのだろうな



甲子街道から突き当たりの国道まで出て田島方面に南下するのも良いが、そこはクルマ通りも多いし味気ないので、その手前の県道を走ることにした。 ところが妙なところで曲がってしまい完全なるミスコース案内をしてしまった

数百メートル走ったところで変だと思ったが、元のルートに戻ってみたら少し先の曲がるべき丁字路には分かり易いほどの青看板が出ていたイヤハヤ失礼しました



目的地までもぉすぐなのと、時間調整を兼ねて燃料給油にたっぷりの時間を費やすこととした。

時間調整ついでに、もぉ一箇所くらい道に迷っても良かったと思ったほど時間的な余裕はあった



ノンビリ走っても13時には会津田島駅前に着いてしまったが、そのロータリーにある蕎麦屋さんが目的地であり、昼食場所でもあるのだ

数年前からここの店主から遊びに来てよ と誘われてはいたが、なかなか都合がつかず この日となった訳だ。 
店の前には店主自慢のメグロ500スタミナK1カワサキ650W1Sが佇む。

到着早々出迎えて頂き、すぐさまメグロのエンジン始動と現状の確認を・・・ と まぁまだまだ店内の席が空かないので、待つ間に色々と・・・



30分ほど待て、当初の予定通りの13時半頃には全員席に付いたが、注文した蕎麦が出るにはまだまだ時間が掛かりそうなほど客が途切れない様子だった。

全員が食べ終え会計を済ませて外で待つ頃には また冷え込んでしまいそう。
まだまだ話は尽きなそうだが、陽が短いこの時期なので切り上げることとし、店を後にしたのは15時になる頃だった



帰り道は鬼怒川経由で会津西街道を走ることは予定していたが、休憩場所は決めていなかった。

定番なところで龍王峡でと、半ば行き当りばったりで駐車場へ入るが、果たして後続は全員入ってくるかな と思いながらトイレへと向かう面々であった

落ち着いて面子を確認すると足りない。。。。 どぉやら気付かずに通過して行ってしまった方も居たようなので、次が解散ポイントでもあることから、そこで合流できるかな



そんなこんなで、解散ポイントとなる道の駅うつのみやろまんちっく村
ここで、龍王峡 を素通りしたしょろよんさんは、当たり前のように出迎え案内をしてくれていた

しかしながら、ここへの到着時刻は17時前であったが、まだ明るい内に着くとは思ってもみなかったので、意外に思えた



次回の話や締めの簡単な挨拶やらで解散する頃はさすがに暗くなってしまったが、事故や故障などトラブルもなく解散出来たのは良かったです
帰宅するまでまだ距離もありますし、これからが危ない時間帯なので皆さん気をつけてって感じ

ワタシ自身は270キロほどの走りでしたが、それほど飛ばさずでも時間に押されなく走れたのは良かった  また次回もゆるくヨロシクです




スポンサーサイト



FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR