2016-01-07(Thu)

2016 走り初め=シーズン走り納め


例年の年末年始のお決まりパターンの最後は、公道での走り初めネタとなる。
水戸藩カブ主催のサーキット走り翌日が通例になってきてるが、今年もそれに漏れず1月4日月曜日)に行ってきたって話
 
 
今年は例年になくポカポカ陽気で、異様にも感じるくらいな暖かさ

2016.01.07 (1)
 
今年の走り初めは、サーキット&公道共にナナニイで行こうと思う

サーキットはCB72で、公道はCL72でとなるが、共に最後に乗った昨年は不甲斐ない結果となった車両同士なので初乗り=リベンジ な感じだが、先に満足行く走りとなったCB72に次いで、今回のCL72は上手くゆくのか 少々心配ではあった

2016.01.07 (2)
 
走り納めの時と同じ集合場所なので、尚更トラウマのようにも感じたが、今回ここまでCL72はオイルの吹き出しはなかった

結局はクラッチプッシュロッド部のオイルシール抜けでオイルまみれになったのだが、そのオイルシールも別段硬化気味には感じず、抜けた原因の決定打が掴めない状態で、とりあえず純正新品に交換しただけとなった。

10時頃に集まって、10時半も近づく頃なので、そろそろ昼食場所へと参りましょうか~ってことで

2016.01.07 (3)
 
そんな訳で 笠間のいつもの麦とろ飯屋に到着

走行ペースは各人の好みとなるので、まとまって走る必要もないのだが、ワタシは またオイルシールが抜けるんじゃないかと心配しながら若干スローペースで走ってはみたものの、意外にも皆さん同じようなタイミングで到着

2016.01.07 (4)

これまた毎度のように「麦とろセット」を注文
 

毎回のことだが、予約もせずに一度に20人ほど(今回は)が注文するので、後に注文した方は先に注文した方が食べ終えてしばらくしてから配膳されるくらいだが、それはそれ全く急いでないのでゆっくりしてくださいって感じ

2016.01.07 (5)

例年の記事と違うのは単車と参加される方が多少入れ替わってる程度で、立ち寄る場所も同じなことで、マンネリ化した内容ではあるが、そのマンネリが良いのが、年末年始の流れなのだ

てな訳で、次の休憩ポイントへ移動

2016.01.07 (6)

影の傾きは毎年同じなれど、陽気が全く違って、いつもなら寒さで日陰には居られない程なのが、今回は日陰に居ても気にならないほどだ

例年なら休憩してても寒さを感じ先を急ぐのだが、今回は都度マッタリしてしまう
ここには30分近くは休んでいただろうが、解散場所となる最後のポイントへ更に移動~~

2016.01.07 (7)

ワタシは帰りの方向に向かうにつれ、オイルシールの抜けの心配も薄くなってきてるので、先の休憩ポイント近くから解散ポイントの井頭公園駐車場までは、オイルシール抜けを試すこともあって比較的ハイペースで走ってみた(クランクケースの内圧のために抜けたのだとすれば・・・)のだが、それ以上に簡単にハイペースで走れる方々も何故か必要以上にローペースで走ってきたようだ
それはそれで楽しんでるのなら全く問題ないが

ただ、季節がら&場所がら凍結防止剤が路面を覆っていた箇所もあったので、スローペースで走ってきてたのかな

結局、帰宅までオイルの吹き出しはなく、比較的寒さを感じずに走り初めが済んでなにより、時期的にこれから寒波到来となることで実質的にはシーズンの走り納めであり、CB&CL72共々復調となった今回である。



スポンサーサイト



2016-01-04(Mon)

2016 水戸藩カブ・サーキット新年会

今年も例年通りに新年一発目のネタは水戸藩カブ主催のツインリンクもてぎ走行会に誘われ、今日1月3日日曜日)に行ってきたって話
 
バイク乗りに飽きない限り、もしくは水戸藩カブさんから誘われなくならない限り続きそうだが、これに続く公道での走り初めも同じであろう



これまた例年通りかそれ以上の好天で気温も上昇中であった

特設の「水戸藩様の専用エリア」には、言うに及ばずホンダが世界に誇るカブのバリエーションで埋め尽くされる・・・・ かと思いきや、「水戸藩カブ」の主催ではあっても、カブだけの参加制限ではないのが太っ腹



水戸藩様専用エリア」の立て看板から北側へ向かって伸びるスペース奥には、カウリングやゼッケン番号の付いた本格的レーサーも多く見受けられる。



70年代のヤマハの市販レーサーも7~8台はあったようだが、人づての口コミと当日受付に好天続きで出足が伸びたようにも伺える。

今回の参加者は80人以上だったとも聞いた



一際参加者が多かったせいではないが今回の受付は12時~14時まで行われ、ブリーフィングは14時半からと例年になくスケジュールが押している

いつもなら14時半には走行が済んでいる時間帯だが、遠方から単車で自走参加されてる方は、帰りが気掛かりでもあろう。



水戸藩カブなだけに、クラス分けは「カブクラス」「大型バイククラス(カブと比較して)」「レーサークラス」の3組に別れたが、その内容もぢこ申告なのでレーサークラスに大型バイクが入ってたり、大型バイククラスにレーサーが混ざってたりとアバウトな状況だ

コースインの順番は上の画像にある「レーサークラス」からになる。



今回のワタシの参加車両は「大型バイククラス」でエントリーとしたが、オフィシャルカーがどれくらいのペースで走ってくれるかが心配だ

まぁ~ レースではないしスポーツ走行でもないので早さでは期待は出来ないが、パレードランのようなローペースでもガッカリしてしまうので、そこそこにお願いしたいところだ

このあと、主役でもある「カブクラス」がコースインすることとなる



 
と、前回の走行では燃料コックのジョイントが緩みフルに走れなかったが、今回は4週滞りなく走れたので満足ではあった

実に1年ぶりにこのCB72を走らせることができた
 
前日にバッテリーを付け替えて、タイヤ空気圧を整えた程度でのコースインだったが、今回は何事もなく高回転まで回せたので一安心

このナナニイもナンバーは付いているが、ここ数年はサーキットオンリーと化してるのも勿体無いかも知れない





FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR