2014-10-31(Fri)

ヤレと錆の温存


朝晩の冷え込みに秋の装いも強く感じる今日この頃だが、暑さから逃れるためのツーリングを行ったのは ほんの二月前の出来事だったと思い返すと月日が経つのは早いモノだともつくづく感じる
 
 
そして、その時の納涼ツーリングに於いてツーリングデビューを果たした単車が一台あった。
しかしその “ デビュー ” との言葉とは裏腹に、その姿はある種の貫禄を感じさせるものである。
 

 
その時の記事内の画像でもチラホラと見受けられることとなったのだが、その存在感は特異なモノでもありながら、馴染み易さも感じるかも知れない。
 
かつては所謂 “ 旧車 ” の類を手に入れると、ましてやそれが使い込んだ痛みや放置されて朽ちかけた状態だと、その反動なのか ピッカピカ
に “ レストア ” したがる傾向にあったのだが、ここ数年前からか良い意味での “ ヤレ感 ” を保たせながらその車両の時代を感じさせた状態を好まれる方も少なくなくなってきた様にも思える。 
 

 
ハッキリ言って今回のこの車両に関しては、良い感じに使われてのヤレ感ではなく、管理が悪く放置されたが、辛うじてボロ糞と言われるまでに堕ちる前に救われたと言う表現の方が合ってるかもしれない。
 
もちろん、この状態でも十分にボロ糞で、よくもこんな状態で乗れるもんだと思われる方も多く居るだろう
まぁ~それはそれで、人の価値観も千差万別であり、時代や環境に因っても変わるモノなので、否めない。
 

 
そもそもワタシも ビス一本までもなんて当たり前に新車の それこそラインオフ状態を目指す “ レストア ” の方向性も好きなのだが、逆に 良い感じに使い込んだヤレ感のある車両も好きで、その様な車両も実際所有してる。
 
この車両が手元に来る時の話では、こんなに錆が発生してるハズではなかったのだ、それはその時の所有者も車体を覆ってるカバーを外すまでは同じ思いであったのだが・・・。
 
最後に見た時の姿からは かけ離れていたらしいが、そこは腐ってもナナハン 書類があるのなら生かすことにはそれ程の苦労はないだろうと、当初の予定とは違いはあったが、引き取らない手はないので その場でクルマに積み込むことにした。
 

 
この赤いタンクの状態が引き取り直後の画像になり、それ以外は仕上げが済んだ状態となる。
当初は埃も積もってるが、赤のタンク&サイドカバーは新車時のものではなく後年になってK1のモノに乗せ変えた純正で後出しのモノになる。
 
埃を洗い流すと その赤の外装は適度な退色もあったが、それ以外の部位とのバランスはイマイチでもあった。
 

 
そのために15年以上前に仕上げたナナハンに元々装着されていたタンクを今回の車両に奢った
 
今回のベース車両はCB750FourでもK2なのだが、あえて全体のバランスを考えて、退色してヤレた状態を温存したK1用のタンク(元は、キャンディーガーネットブラウン)で、それも後期型のストライプがステッカー仕様のモデルとなる。
 
CB750Fourの燃料タンクのストライプは、このK1後期型からステッカーが採用されたが、後に部品として供給されるK1迄のタンクは再びマスキング塗装でラインが入れられてるのは事情があるようだ。
 

 
この現車を見られた方で、エンジンが石のようだと言われた方が居たが、なかなか重みのある存在感を醸し出してる


 
ハンドルパイプも含めてだが、赤錆と化してる状態ではあっても、内部の奥深くまでは朽ちてないので、強度的には問題ないレベルと言える。
 
よく、ピッカピカに仕上がってはいても、それは外見重視で、機能面でのメンテナンスがなってなく、それを古い車両だからと諦めがちの方も多く見掛けた経験から、その逆を突いて この車両に関してはメインハーネスはもちろん、フォークインナーチューブも新品にし各部車体関係のベアリングやケーブルなど消耗品を優先に手を入れてある。(機能優先なので当たり前のことだが・・・)
 

 
マフラーは前所有者によってK1迄のHM300が装着されていたのだが、こぉ見えて腐って破れた箇所が無いのも好都合だった
 
エンジン本体も各部調整によって素直な吹け上がりを見せ異音もなくて、白煙&黒煙も目立つモノもない良質のモノであった。
 
外見的には、K4用のライトステーを同程度のK2用に戻し、ヤレたK1のタンクにサイドカバーの塗装を合わせ、これもK4用に変えてあったシートを乗り易くタックロール&あんこ抜きシートに換装、それ以外はおおかたK2の仕様そのままにした。
 

 
当初はワタシ自身がこの様なスタイルに仕上げて、乗り回す予定ではあったが、そのプランを数人に話したところ、それにひどく同意して手放す時はどぉしても・・・、と 先に手付け金まで持って来られてしまい、流れ的に乗り出し時には譲ることとなった。
 
その当初の様にワタシ自身が乗る予定であったら、その仕上がりは何年先になるかも知れない状況なので、このナナハンにとっては、このスタイルに共感する方の手元に行ったことは嬉しいことになるのだろう。
 
 
夏に渡してから既に千キロ以上は走ってるようだが、コンビニやSAなどで駐車した傍らに居たりすると、意外なほどに話を掛けられるようだ。
 
  
 
スポンサーサイト



2014-10-21(Tue)

グルッポR.S. 2014秋U-125ラリー 帰路編

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2014-10-14(Tue)

グルッポR.S. 2014秋U-125ラリー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2014-10-09(Thu)

2年ぶりで、ノンビリ能登遠征



去る9月の最終日曜日(9月28日)に、石川県で神子原旧車会部品交換会が行われ、それに2年ぶりに参加させて頂いた。
 
ワタシ個人的には、部品交換会の類で部品を物色する目的は以前からあまりないのだが、そこでお会いできる方々との交流が一番の目的としてるのだ。
例に漏れず この度も主催される方々を中心に前夜祭と称した親睦会にも顔を出させて頂くこととした。
 

 
そんな訳で、交換会前日の土曜日の朝6時20分には自宅を出発する
 
北関東自動車道の都賀インターから高速道路にのり、上信越自動車道で浅間山を目前にする。
急ぎ旅ではないので、比較的のんびりペースで 8時20分を回ったところだ。
 

 
北陸遠征には当初 全線高速道路を利用したが、それではあまりにも味気ないので、以降途中下車し水戸藩カブのチャレンジ1,000でも走るルートをトレースするように安房峠を経由する。
 
今回は、ワタシにとって二代目のプリウスでの行脚になる。
 

 
今回の同行者は えびぞ~さんで、遠征初回から欠かさずお付き合い頂いてる。
道中飽きがこなくて助かりました
 
 
で、そのえびぞ~さんの提案で、ちょっとした道草も楽しむ
 
東部湯ノ丸インターで下道に戻り、丸子から別所温泉に向かう道筋に昭和に活躍した電車が展示してあるとのことで、寄ってみた
 
 
ドアー戸袋の丸窓が特徴で、「丸窓電車」の愛称で親しまれた昭和2年製造の電車だ。
車内は資料館になってるが、この時はあいにく閉館時間だったので、外見を眺めるにとどまった
 

 
途中の画像を取り損ねたので、いきなり神子原入りで前夜祭の準備段階の画像になってしまったが・・・
 
道中は、安房峠有料道路を抜け、平湯から富山入りし昼食は定番の
チャンピオンカレー
を食し、何事もなく神子原入りしたのだが、順調に進みすぎ予定より早くの3時頃には会場入りしたような・・・
ただ待ってても仕方ないので、会場からほど近い、神子原旧車会の会長さん宅に挨拶がてら顔を出させて頂いた。
 
 
前夜祭に話を戻すが、なんだかんだで深夜1時近くまで
盛り上がってから寝ることとなった
  いやぁ~毎度のことだが、楽しい時間は早く過ぎるモノだ

 

 
陽も昇って こちらが今回の集まり事のメインイベントである交換会です。
 
今回は前夜祭も含めて例年になく雨の気配は全く感じないどころか、日差しが強く寝不足気味の身体には疲労度が増しそうでもあった
 

 
ワタシも例年 付き合い程度には出品物を並べさせて頂いてるが、画像にあるのは出品物でも、購入したモノでもなく、頂き物や差し入れの一部である
 大変ありがとうございます。 感謝感謝です
 
鱒すしは生ものなので、賞味期限までにはえびぞ~さんと美味しく頂きました
 そねさん、次回は是非とも前夜際から参加して頂きたく調整お願いします
 
 
 
そして12時近くには会場を後にするのであった
 

 
帰り道も定番となる日本海食堂さんに寄らせて頂き、ここで少し遅い昼食をとらせてもらう
 
食事も終わる頃に丁度お店も3時休みだとのことで、店長さんお勧めの近所(車で15分ほど)のお知り合いで、古物コレクターさん宅に案内して頂いた。それはチョイ古めのバイクからクルマ
やラジヲ
、カメラ
、ビデオカメラ
、オーディオ
その他諸々と所狭しと見る者を圧倒させるほどの物量であった。
近い将来展示館を作る予定とのことだが、整理整頓されてから又見学に行ってみたいものだ。
 
 

 
コレクターさん宅にゆく前に、ほど近くに天然記念物指定の並木参道があるので、せっかくなので こちらも案内して頂いた。
 
 
眼目山立山寺と、この日は我々以外に見学者が見当たらなかったが、それはそれで珍しいことだとも店長さんは言われていた
 
 
 

 
帰りも道草して、いつもより遅い帰宅になる予感はしたが、それはそれで急いで帰る必要もないので、いつもは日本海食堂さんを出ると滑川インターから北陸道にのり、関東まで戻るのだが、今回は二ヶ月前にスーパーカブで走った国道8号線を少し走って余韻にしたろうかと・・・。
 
 
間もなく新潟県に入る辺りなのだが、自宅を出る時には満タンのゲージだったのが、ここまで500キロをゆうに超えたころでも画像下にある程度の残量表示が見られる。
 
そんな訳で、陽がある内に行けるところまでと、結局 糸魚川まではカブで走った道を辿ってみた
 
 

 
画像は栃木に戻っての定番としてる、佐野ラーメンで〆る。 えびぞ~さんオツカレさま
 
糸魚川から高速一本だが、それでものんびりペースで走って来た
 とは言っても9時半には佐野ラーメンをすすってられたのは意外とも思えたのだった。
 
 
やっぱ高速道路が繋がってるからと言って、それだけで移動してては今回の様な楽しさも少なくなるのだろうとも改めて思うし、神子原の皆さんとの距離も尚のこと遠くは思えなくなった今回だった
 次回もまた楽しみにしてますね
 
 
 
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR