2014-09-26(Fri)

真夏の疾走



なかなか自分の走りを見る機会はないが、これほどまでにドアップで鮮明な画像となると尚更だ
 

 
ブログにアップするか躊躇したが、せっかく待ってまで撮ってくれた慎さんも喜んでくれるかと
 
 
そぉ、この画像は、この時 ←クリック で、その画像の右奥に見える駐車スペースの端にかすかに確認できるが、そこで待ちかまえてくれたのだった。
それも、
ではなく スマホの機能で
 しかもこれでトリミング無し
 
シャッタースピードが速すぎて、スポークまでクッキリでスピード感ないけど、これ気に入ってます
 
慎さん、ありがとうございました
 
 
 
スポンサーサイト



2014-09-01(Mon)

ご近所ゆるゆる納涼ツー


今年も もぉ2/3も過ぎてしまった
 このまま残り1/3も だらぁ~っと過ごしてしまうのだろうか
 
何十年も(とは言っても20年くらいだが)前から仕上げたい車両が何台もベースのまま出番待ちであるが、仕事として単車を弄ることと自分自身の趣味として弄るのが離れたことでないのは、気晴らしや息抜きにならない感じもするし、同じ工具を手にするなら溜まった作業を進めないと・・・とも思ってしまうので、常に自身のモノは後回しになりがちである
 
代わりとは言ってはなんだが、自己所有の単車を乗り回す時くらいは気晴らしとしたいものだ
 

 
と言うわけで、時期も時期なので、これまた毎年恒例的な、納涼ツーリングを企画したと言うか、近しい仲間に連絡を取り その週末となる8月24日日曜日に少し走ることにした。
  
今回は近所走りなので、小排気量車の出動でも良いかと思ったが、久しく乗ってなかったカワサキW1Sに登場してもらう
 
 

 
自宅から10キロ弱の場所にある道の駅にしかたに集合場所を設定したが、今回は先にも述べた通り、ワタシ的に近所を走るので、集合場所と行き先となる昼食場所を確定しただけで、タイムスケジュールやルートは細かく決めず成り行き任せとしたのだ
 
盆休み明け最初の週末なのは関係するか分からないが、意外なほど人数が集まったような気がする
  初参加の方も4,5人は居たかな
 
そんな時、えびぞ~さんが到着するや否や単車のクラッチケーブルが切れそうだと訴える
 これから向かう山の中でケーブルが切れることを想定すると酷なので、ケーブルを取りに自宅まで往復することにしたが、こんな時は出発時刻も決めてないのが幸いして、新品交換完了まで皆さん待っていてくれていた
 
 

 
さっきCB750Fourのクラッチケーブル交換の作業中にしょろヨンさから
メールで、この場所に向かいますと連絡を確認したので、最初の集合場所からは15キロほどしか離れていないが、一旦休憩をすることに・・・。
 
 
仮にクラッチケーブルの交換がなかったら、メールを受けた時は既に走ってる最中だろうに、このルートを辿ったかも不明だが、通ったにしても ここで待ち受けることなく ず~っと先に進んでいたハズでもある。
実にタイミングの良いしょろヨンさんである
 
それにしても、曇が多くなって来てるが、まだムシムシするので、早く涼しい高原の空気を吸いたいものだ
 

 
しょろヨンさんと合流したあと、走ること26キロほど標高差は900メートルは駆け上がったが、天候も悪化して小雨がぱらつき始めた
  
ワタシは今回完全にノーマークで、雨具の類は一切持ち合わせてなかった
この峠の分岐点でほんの少しの雨宿りをしながら後続を待つことにしたが、雨具を持ってる方も数名居るので、ここで装着すると良いのではとも思った。
 

 
峠の分岐点から逸れて
前日光牧場方面へと向かうと、進むに従って雨も本降りになってきたのは痛い
  
雨宿りした分岐点からは6キロ程度だが、標高も1,300メートルに近くなると、雨に打たれたこともあって、涼しいを通り越して既に暖かさが欲しくなってしまってる
 

 
まずは腹ごなしからで、暖かくなるものとしてメニューからBBQを選択する
 まぁ~
いつものことだ
 

 
真夏の一日をワタシの住んでる市内で一番涼しい場所まで単車で上り、のんびり過ごすのが常であったのだが・・・
 いかんせん今回は納涼を通り越して寒い
 こんなに寒くてはのんびり過ごすどころではなくなってしまうので、仕方なく早々に切り上げて下界に降りましょ~ってことに

 

 
行きと違ったルートを使い再び集合した道の駅にしかたに戻り、そこを解散場所とする。
例年なら、ここに戻ると真夏の蒸し暑さも再びで、さっきまで居た前日光牧場が恋しくなるのだが、さすがに今回はこの場所でもノンビリできそうな陽気であった
 
ここに着く30キロほど手前で、ハヤロイドさんがリタイヤしたとのことを間もなく知ることになったが、聞くところによると発電系のトラブルらしく、その場に居れば同じタイプの車両なのでバッテリーの交換をして解散場所にも難なく戻れたのだが、既に加盟してるJAFを呼んだらしく、解散場所でノンビリしていてくださいとのことだった
 
 
結果的に納涼するほど暑くもない一日だったようで、この時期 震えるほどの寒さを体感することとなり、ちょっと肩すかしを喰らった感じでもある ゆるゆるツーリングとなった
 まぁ~こんなこともあるさ
 
 
  
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR