2013-10-19(Sat)

メグロの戦前型

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
スポンサーサイト



2013-10-15(Tue)

W1河口湖ミーティングを兼ねたツーリング!

 
過去20年くらいの間に4~5回ほどだろうか、W1愛好会の主催する「W1河口湖ミーティング」に参加させて頂いてる。
 
そして先日の13日(日曜日)も「第25回W1河口湖ミーティング」へ向け、仲間と共に参加して来た
  

  
ワタシの参加車両は、6月から車検を切らしていたダブワンに慌てて車検を通したありさま
 
全行程を高速道路で行くなら、こんなに暗い時間帯に出発しなくても良いもんだが、行き帰りの走りも楽しみたいので、一日でもっとも冷え込む日の出前の出発となった

 
 

 
参加3日前に参欠確認をし、結果的に道の駅きたかわべに集まったのは、8人のダブワン乗りと1台のナナハンライダーとなった。
 
集合場所と時間(6時半)は、2年前にW1河口湖ミーに参加した時と同じとした。
  

 
延々と高速道路を走るのはツマラナイが、信号の多い街中をコチャコチャ走るのはもっとツマラナイので、良いとこ取りで目的地に向かう
 
 
部分的に高速道路を利用して、鶴ヶ島~八王子をパスするべく桶川北本 I.Cまで延びてる圏央道に乗るのだが、それまでの休憩場所で長居をしてしまったので、ここが8時15分となってしまった
  

  
圏央道~中央道に乗り、相模湖インターで降りたのだが、今回は前回よりも渋滞ポイントが長く、中央道に入るジャンクション手前から混雑していた
  
前回同様の休憩場所として、一般道に出た最初のコンビニとしたが、ここに着いたのが 9時15分
 ノンビリ来たものだ
  

 
相模湖インターのある藤野から都留までは県道35号を使い、走りのメリハリをつける。
 
ここに到着したのが10時10分を回った頃となったので、ミーティング会場では既に受け付けも始まってるだろう。
 

 
と、いつもなら国道139号づたいに会場まで進むのだが、毎回 富士に向かってノロノロ走るクルマに付くのもウンザリ(すり抜けし易いほど路肩もない)なので、都留から一区間で辿り着ける河口湖インターまで再び高速道路を利用する
 
今回のそ~だが、速く行きたいと言うより、渋滞を回避したい思いでの高速道路選択となった。
かつては175km/h オーバーで飛ばしたダブワンも、今回は最高でも100km/h +α程度しか出してない優等生ぶりである
 

 
会場入りしたのは結局11時近くになってしまったが、受付の混雑は11時半頃でもこのありさまなので、道中急ぐこともないのである
  

  
今まで飛び飛びであはるが、6回以上の参加だが、ワタシがW1河口湖ミーティング道中で雨具の心配をしたことなど一度もないほどに好天には恵まれてる
 
今回も例に漏れずだが、絶好の日和に参加台数も200台を超えたと思われる盛況振りだ
 

 
12時半近くには、主催クラブの会長さんから挨拶があり、恒例の初参加者の自己紹介となるが、今回も50人近くと大勢の方々が順に拡声器片手に話してくれました
  

 
13時半頃には、後々送られてくる集合写真の撮影会となり、おおよそのミーティングは終了へと向かう。
 
その後これまた恒例の抽選会となるのだが、我々は簡単な協議の結果
昼食に向かうために会場を後にすることとした
  

 
これまた恒例の昼食と、場所になるが、河口湖となるとほうとうでしょ~
 
こんな時間帯でも店先の駐車場は満車状態で、少し離れた駐車場に廻されることとなった。
店の入り口付近に戻った頃にはまだ5組ほどの行列が出来ていたが、店員さんの手馴れた采配でせいぜい5分も待たずに席に座れ、熱々のなべを前にするのは、丁度14時半となった
 
  

 
毎度のように帰りは全線下道とする。
山梨市から国道140号線に入り、埼玉県に繋がる雁坂トンネルをくぐるのだが、今回は今までで一番早い時間帯に通過(16時半)することが出来た
 
この分だと秩父の市街地まで明るいうちに辿り着けそうだ
 
  

 
秩父の街中は近隣で何かイベント事があったのだろうか? 酷い渋滞で、それまでのペースが一気に落ちたが、秩父駅近くのコンビニで休憩した時はまだ少しは明るかった
 
 
その後、前回から利用した皆野寄居有料道路を抜け、道の駅はなぞのはあえてスルーして、その数キロ先の道の駅かわもと(19時前の到着)で休憩とした。
 
ほんの数ヶ月前なら まだ十分に明るい時間だが、今の時期 日が暮れると一気に冷え込むのがキビシイ
  

 
その後 群馬県太田市を経由し栃木県入りし、道の駅みかもに着いたのは20時20分ころとなった。
 
今までで一番早いペースではあるが、夜になっても天気の良い星空ゆえに冷え込みも一段とキビシク感じる。
そこで、佐野と言えばラーメンでしょ~
 ってことで、佐野ラーメン店を探すも・・・ 数件回ったがタイミングが悪く、この時間では近場に探すことが出来なかった
 
  

 
最終的には妥協して、佐野ラーメンではないが、ラーメンなど食べることで〆とした

 
ここまで流れ解散になり、この場に居たのは5名となったが、お腹から暖められて残り30分弱の帰宅まで なんとか寒さにも耐えられそうであった
 
とまぁ~全員が無事に帰宅出来たであろうが、ワタシの場合 帰宅時間22時20分頃で、 全行程430キロ余りであった
 
 

   










.
2013-10-12(Sat)

お台場旧車天国に!



先週からPCが壊れたままなので、以前使っていた10年以上前のモデルにピンチヒッターとして復活させてる状態。
パフォーマンスが低くて、全ての動きがぎこちなくイライラしてくる
それでもスマホでは出来ない作業もしてくれるのでアリガタイとも感じるが・・・・ 
 
それによって更新が遅れた記事であるが、
先週末の10月6日は 東京はお台場で行われた八重洲出版 “Old-timer” 主催の「お台場旧車天国」なるイベントに参加することとなった。
 
会場入りした時は路面は完全ウエットではあるものの、出発時の雨も上がり昼頃には陽も射し暑いくらいになったのは良かった
 

 
Old-timer 誌は基本クルマが主体なので、集まったのも大多数がクルマとなるが、 別冊Old-timer 誌に於いては、巻頭から国産旧車を主体としたバイクが多い様で、とりわけ未再生原型車を好まれる読者も多いように見受けられる。
 
そこで、ワタシが持ち込んだのは、その趣旨に添う形の車輌が良いと思い、昭和25年式メグロ500Z型の未再生原型車輌とした。
 

 
第1回目となるこのイベントでは、八重洲出版の各雑誌が選ぶアワードなるモノもあったようで、ワタシの持ち込んだメグロは「別冊モーターサイクリスト賞」を頂いた
思わぬことで恐縮しきりでもあった。
 
ただ、主催イベントの性格からクルマ目当てで来られる方が大多数と言える。
それもそのハズ、エントリー内訳でも全体でおよそ500台との事だが、その中でバイクの占める割合は1割程度だったからだ
 
それでもバイク好きは少なくないにせよ、ワタシの持ち込んだ車輌を一見して国産のバイク(メグロ)だと分かる方は少なく感じたのは少々寂しい面もあったが、分かる人にだけ分かって頂ければそれで良いのでしょうけど・・・
 
 
午前7時過ぎに搬入をし、イベント終了後に搬出出来たのは午後5時を回った頃ではあったが、1日中居たことで、多くの知人と会え話しが出来たり
、 
Old-timer の為に
 
8年振りにこのメグロを太陽の下に出せたのは良い切欠にもなった
 
 
2013-10-06(Sun)

いよいよ積み込みして、出発!!


イベント当日の朝となりました。
会場入りの時間の関係で、これから出発予定ですが、生憎の雨模様です
 

 
会場の天候が心配です、自走参加の方々はツライでしようね
 
  
2013-10-04(Fri)

たまにはホコリも払うのだが・・・(全体公開版)


先に書いた「ファン限定記事」にも記したが、慣れないスマホからの書き込みは簡潔にしたいね
 なんせ
が壊れたので・・・
 
さて、下の画像の話となる。  年に一度くらいは埃も払うが、現状は埃にネコの足跡と来たもんだ
 

 
急な話だが、8年近く眠っていたこの場から、出動することとなる
 
とは言ってもまだ予定なのだが、着手するのは次の土曜日である。
イベント本番の前日になるが、天候が心配



2013-10-03(Thu)

急きょ出動準備(予定)


PC
が壊れてしまい、この記事はスマホからのアップとなるが、慣れない書き込みはなかなか面倒でもある
  かと言って 誤字脱字は極力避けたいので、後に気が付いたら都度訂正します

 
 
さて本題となる下の画像についてだが、ここに落ち着いて8年は経とうとしてる・・・ 
落ち着いたと言うだけあって、その間 始動はおろか移動すらしてない
 
とは言っても、何かの折りには出番も待っていたのだが、雑誌の取材なども含めてタイミングが合わないことが続いた
 
 
 
そして今週末は、毎年恒例として出掛けてる能登遠征(神子原 部品交換会)もキャンセルする都合であったが、関東で しかも日曜日だけ催されるイベントに参加要請があったので、急遽 出番が訪れたとも言えるタイミングとなる。
 


久々に出動させるには準備もままならないが、こちらの条件にも呑んで頂けたので、それに応えるだけのことはしようと・・・。
 
本当は部分的に手直ししたく前々から準備はしていたが、それを組み付け加工するにも現状のスケジュールからそれは断念し、今回は外に引っ張り出し、埃を払い、あわよくば始動を試みるだけに留めようと思ってる。
 
それ以降は、少しは手を入れやすい場所へと保管位置を代えてと・・・ まぁ~先の話はこれくらいとして・・・。
 
それより週末の天候は台風の影響もあり怪しいのが 最大の心配事
 
 
 
 
 
 
取り敢えず、今回の記事 今のところは「ファン限定」とさせて頂きます
 
  
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR