2012-04-21(Sat)

桜トンネルを抜けるツーリング♪


例年になく今年の春の訪れは遅くなったが、春の来ない年はない♪
 
4月15日日曜日)は、しょろヨンさんの企画で、桜満開の長瀞を満喫しよう! ってなことで“ 秩父路・長瀞ツーリング ”に参加した。
前日に降った強めの雨も、一日限りで去ってしまい絶好のバイク日和となった♪
 

 
今回の参加車両は、今年に入って初起動となるカワサキW1Sだ
 
それは8年ほど前だったろうか!? 同じく桜が満開の頃、結城624クラブで企画されたツーリングで長瀞を走ったことがあったが、その時は15台前後の参加で全車W1系で統一されたのが鮮明な記憶として残ってる
もちろん、その時と同じダブワンでの参加なのだが、ある意味うれしい♪
 

 
栃木県から長瀞を目指すツーリングで、高速など使わないとなると、ハイペースで進まざるを得ない!?
と考えてしまう方が多かったが、実際には そんな遠乗りでもないのだ。
 
休憩タイムがまったりとしてしまう傾向にあるため、道の駅思川の集合時間は8時と早めだが、出発は30分後となる。
 

 
第二休憩ポイントと予定した、道の駅おがわまちへも ほぼ予定時刻に到着する。
ここも画像の先に見えるサクラが満開である
 
駐車場は満車状態だが、それは施設の奥の方でホンダビートのミーティングらしきイベントを行っていたからだった。
 
このあと、定峰峠を経由し秩父をかすめ県道82号で、本命の長瀞へ向かう!!
 

 
長瀞へ向かう県道から国道140号に合流する頃には、クルマの列が動きを止めがちになるが、路肩すり抜けをしながら長瀞駅方面へと逸れ、駅の東側へと向かい以前にダブワンを停めたサクラのポイントを探した。
 
以前とは若干街並みに変化があったように思えたが、ここは駐車スペースではなく歩道となるので、各々の撮影が済むと昼食場所を求めて移動することとした。
 

 
駅の東側から北上する形で桜のトンネルが数百メートル続く北桜通りを抜ける。
 
画像に映るのは今回が初参加となる、栃木在住のナナハン乗りだが、この車両はワタシが最初に仕上げたCB750Fourであるが、今でこそパールホワイトの外装を纏うが24年前に仕上げた当初は、ブルーグリーンのドノーマル仕様であったが… (^^) ちなみに7500番台の金型初期モデルである。
 

 
さすがは“ 日本さくら名所百 ”に入るだけあって、対向車線となる北桜通りを南下する方向のクルマの列は途切れなく続き、路肩もほとんどないことから単車でも摺り抜けはキビシイ状態だ。
その分、桜を満喫出来るのは良いだろうが、空冷アナログ単車でのノロノロ運転はイタダケナイ(-_-)
 
程よく流れれのある、長瀞駅方面からの北上ルートで良かった♪ そして国道に出て間もなくの蕎麦屋にて昼食をとる。
 

 
昼食場所の話題は割愛させて頂き、午後一の休憩ポイントは国道140沿いの道の駅かわもととした。
数キロ手前に規模も大きな道の駅はなぞのがあるが、そこはその分混み過ぎて嫌ったのである。
 
今回の参加車は11台で、カワサキZ1B・ヤマハXS-1・ホンダCB750Fourが各一台づつで、それ以外はダブワン系となり全てが昭和40年代のみで統一された♪
 

 
解散地点となる道の駅みかも到着は、午後5時となる。
福島県いわき市から参加されてるヤマハXS-1を駆る方は、集合地までも高速を使わず来たが、帰りは何処から高速を使うか思案中であった。
 
昨年、リプロのフォークブーツを新調したが、一年足らずで破けてしまい落胆し、同じ破けがあるにしても少しはマシな純正ブーツに交換してきた。
それでも梱包用のラップを巻きつけての参加だが…。 見た目よりも走りにウエイトを置いてるのには感心しきりだ(^^)
 
毎度のことだが、今回も大きなトラブルもなく無事帰宅できたのは良かった♪
    
 
スポンサーサイト



FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR