2012-02-18(Sat)

はずせないコダワリ


これまた既に2年が経とうとするくらい前の事になるが、折角なので記事にしときます。
 
更に時をさかのぼった2008年の暮れ頃に、ダブワン乗り親子のオヤジさんの方が入手した 昭和43年型 カワサキW1Sの後日談。
 
入手時の姿は、ご多分に漏れず 多々のパーツが後年モデルの改良品に換装されてた。
それは全体のフォルムやイメージも大きく変えてしまう Wシートも例外でなかった。
本来装着されてるハズの、ツートーンのフラットシートが、その後のタックロールタイプへと換装されていたのだ。
 
そんなのは承知の上で車両購入してるので、本来のフラットシートは後日手に入れれば済むことだと…。
 

 
で、入手出来たのは… 画像で見ても鉄屑にしか見えない程のボロであった (~_~;)
 
しかし、こんな程度のモノでも、ヤフオクをチェックすること1年以上で、やっとのこと出品されたのを狙い撃ち!!
それも、この手の希少性を知らない人が聞くとビックリするほどの価格まで競り上がっての落札となった (>_<)
まぁ~ネットオークションなんて、その時のタイミングが大きく左右するので、それが相場とは言い難いが…。
 

 
タンデム側の側面には、荷掛フックを増設してあるので、使い勝手は良いかも!?
 

 
帯板の腐食加減も経年を十分に物語っている (‘`)
 

 
スプリングなど分解出来る部品は外し、フレームのみにして歪みや強度のチェックをする。
いくら使い勝手を考えても、増設されたフック部分は削り取るのは言うまでもない (´▽`)
 
正直言って、強度的なことに不安は感じたが、オーナーの希望で極力オリジナルを活かしたいとのことで作業を進める。
 

 
とは言っても、基本は錆落としと歪み修正に、タンデムベルトの取り付け部となる腐食して短くなったネジの部分を再溶着させた程度…。
 
で、この後 錆止め塗装と黒塗りを施してから、生地の張替えを外注に依頼することに…。 その間の画像を取得し損ねたのはイタイが、ほぼ完成後に装着した画像は撮っておいた (‘`)
 

 
ヤレた車両に張替えホヤホヤの綺麗なシートは違和感もあるが、本来の姿に戻せたのは良かった♪
 

 
ダブワン親子のオヤジさんも、あるべき姿に戻ったことで、一段落が着いたとホッと一息♪
 
既に次なる目標に向かってるのだが、それは今回取り上げたダブワン(車体番号:5千番台)よりも更に若い番号(4千番台)のツインキャブ初期型を復活させることとなる。
それは構成部品の細かな違い程度だが、そこにコダワリ屋さんのヤル気がそそられるのだろう (‘`)
 
 
 
スポンサーサイト



2012-02-10(Fri)

やったハズじゃぁ??


先日の記事ネタとしたホンダCB400Fの件での後日談。
それは、その時も書いたことだったが、一番気になってたところが払拭されると、その次が気になり出すものだ。
 
キャブレターの調整により、まぁまぁの走りを取り戻したのは良かったが、今度はブレーキが気になるとのこと。
キャリパー本体を交換して車検に挑んだことは聞いていたので、必然的にピストンシールも交換されていることも伺っていた。
 
しかし、距離を重ねるほどフロントが重く感じる様になり、車両の押し引でも違和感を感じるとのことで、一番疑いの係るキャリパーの点検をすることに。
 

 
通常使用での消耗品となるピストンシールとマスターシリンダーのインナーキットは、CB750Fourの流用とされる設定品なので、常時在庫はしてる。
いつでもスタンバイ状態だ♪
 
で、早速 キャリパーの分解点検とするが…。 2ヵ月前に分解整備したとは思えない状況だ (>_<)
 

 
ピストンシールの側面には、長い期間に異物が押し付けて出来たであろう凸凹が多く見られる。
察するに、シール交換は少なくとも2ヵ月前ではなかろう
 

 
ピストンシールの凸凹の痕を作った相手が、キャリパー側の溝となるが、当然のことながら異物を多く削ぎ出すことが出来る。
 
シールの弾性も劣っていたことから、ピストンを押し戻す力も働かなかったのであろう。
 

 
組み直してからブレーキを掛けたり戻したり、車体の押し引きを繰り返して、違和感を感じる前のブレーキ感覚を感じ取ったオーナーさんである。
 
そもそもキャリパーのエア抜きバルブを ねじ切った為に、替わりのキャリパーを調達したとのことだが、以前の状態が不明な中古品をそのまま組み付けたのは明白である。
 
今年の夏には、再び車検の時期を迎えるだろうが、前回車検を頼んだ近所の修理屋さんに、また依頼するのだろうか?? (‘`) マサカネェ~
  
 
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR