2011-05-29(Sun)

手放すのは寂しいが…



時の経つのは実に早いモノである。
このクルマ、トヨタ1600GTを乗り回していたのは、既に6年前となった。
 
前々からこのクルマが好きだったが、実際手に入れたのは10年ほど前になる。
何に躊躇してたのか今となっては忘れたが、トヨタで整備士をしていた昭和の頃だったら、もっと好条件の車両が手に入ったのかとも思うが、今となっては過ぎたこと…。
 
10年ほど前に入手した車両は再生ベースのGT4(RT55)で、それを復活させるべく 古めのクルマ好きに声を掛けたのが、時間を於いて部品取り車と言えなくもない車両が数台集まった。
しかも最初の車両以外は、全てGT5(RT55-M)である。
 
不動車ばかり集めても実際に乗ったこと無いなんてオモシロくないので、乗り出しまでに手間の掛からない車両も入手した。
しかし、それもヘッドガスケット交換やら何やらで多少の手間は掛かったが、その甲斐あって車検を取得してからは、各地のイベントなどにも積極的に参加し1600GTライフを謳歌したのだ♪
 


車検を切らしてからは、なかなか乗ってやれない日々が続いたが、更にエンジン始動すらせずにいたら 何時しか簡単に掛からなくなってしまった。
そんな昨夜、すったもんだの末 3年ぶりくらいに再始動に成功! 点火系の不具合のみで、9Rのエンジンは復活♪
 
で、何故今になって再始動を行ったかと言うと…。
近所の方が、最近 同じモデルを入手したとのことで、見せて欲しいと訊ねてきたのだが、その方の車両はエンジンの具合が悪く、やはり公道復帰までの道のりが長いと思われた様だ。
 


そこで、ワタシのこの車両に白羽の矢が立った(汗)


まぁ~手放すか?手放さないか? それ以前に自己所有である以上 こんな機会にでもエンジンの再始動をさせないと益々具合が悪くなってしまうのでは? との思いから始動に漕ぎ着けたのだ。
 
再始動後のエンジンの状況はと言うと… 気化器のバランス調整は必須ではあるが、特に気になる異音もなく白煙も吐かずマズマズであった♪
欲しいと訊ねてきた方に再度連絡を取り、始動後の状況も確認してもらったが。。。。 案の定 お気に召した様だ♪
 
これまでガレージを占領してきた1600GTも間もなく人手に渡ることになろうか・・・。 寂しさもあるが、その先に待ってる本命の1600GTを再生させる意欲も湧いてくる(笑)
なかなか自分のクルマにまで手が回らない分、適度な所までは外注にお願いした方が良いかも知れない。
 
スポンサーサイト



2011-05-24(Tue)

第27回スプリング・ラン(後編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2011-05-20(Fri)

第27回スプリング・ラン(前編)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2011-05-17(Tue)

単車は乗れずとも単車三昧


今年も相変わらずGWは休んだ気がしなかった。 でも、元々趣味と仕事が近い存在にあるので嫌な気は全くないのだ。
 
そして単車乗りとしては大先輩の 阿久津さん率いる水戸藩カブミーティングのお誘いを受けてたので、参加させて頂くことにした。
5月3~4日の泊まりイベントの初日は天気予報通り午後から雨模様となった。
 
初日はショートツーリングを行うとのことで、それに参加される方は昼前から現地入りしてる様だが、ワタシは都合で夕方からの宴会に参加させて貰う段取りであった。
 
それが功を奏したかの様に、絶好のタイミングで電話が鳴った。
 


それはBSAさん達がツーリングに出掛けた那須塩原方面で、仲間のダブワンがキャブから燃料を吹き出し始め治まらないと言う。


その件で応急処置法を教えて欲しいとの電話だったが、その上で帰宅方面と交差する場所で待機すると知らせた。
 
雨は降るは、ガソリンは漏るはで散々なツーリングの様子だが、後に思い出に残るエピソードとなるのだろう(笑)
 


フロートがパンクしてるとの情報から、用意した純正フロートと早速交換の準備をする。
 
この車両は現オーナーが乗り出すまでに20年ほどの放置期間があった様で、枯れた真鍮に久々のガソリンはキツかったのだろう。
 


未だにカワサキ純正部品として供給される真鍮フロートだが、そのままの状態で組み付けては油面が合わない。


レベルゲージで調整することは必須である。 これはダブワンに限った事ではないが…。
 
雨降りの寒い中とっとと済ませて帰宅を見送ることとした。
 


この日が雨でなかったら30数年振りに公道復帰させたカワサキW1Sで試運転がてら水戸藩カブ・ツーリングに参加予定であったが、クルマで参加とした代わりに好都合となった件の2件目。

 

それは、星ふる里へ向かう途中にあるりょう@単気党さん宅である。
現在2台目のカワサキ250メグロSGを分解整備に取り掛かってる最中だ。 そして画像手前にある燃料タンクの化粧直しを依頼されていたのだ。
 
お宅に伺ったのは初めてだったので、地震で受けた被害の話や、W1Sの話、今後入手を目論んでるメグロの話等々… すっかり話し込んでしまい外は暗くなっていた。
 
そして翌日は、ゴードンさん達が来るとの話も伺ったので、せっかくなので出直す事とした。
 


本命の星ふる里に到着したのは雨も本降りとなった7時を回った頃だった(汗)


いつもより少しは早めに着いて ゆっくりしようと思ってたのだが、結果的にいつもと同じパターンになった。
 
夜の宴会風景は画像に納め損なったので、翌日の恒例朝食風景♪  この日も相変わらず美味い炊き込みご飯からおかずの数々♪ しかも回復した青空の下で食べる食事は尚更美味い!(笑)
 


昨夜は暗くて雨降りだったので参加者の愛車達は拝めなかったが、今回も星ふる里ならではの単車達に会うことが出来た。


まずは、50年近く前のホンダのスクーターであるが、機能やデザインに凝りすぎて色んな面で失敗作とされたジュノオ


以前からジュノオで参加されてる有名な方が居られるが、今回はそれが3台に増殖されてるので驚いた!


それにしてもこのプラスティックカウルの細かなひび割れは、独特のモノであり一種の芸術とでも言えないか!?(笑)  **画像を拡大して良~くご覧あれ!


この車両は3日前まではエンジン~ミッションに至るまでバラバラだったとのことだが、試運転もそこそこに高速道路を介て自走参加された様だ。



こちらも中々珍しい昭和30年代前半までに、雨後の竹の子の様にあったバイクメーカーの一つ ヘルス自動車工業のエムロ号ED100型である。


未再生原型車で欠品も少なく好調なエンジン音を聞かせてくれていた♪

 



上記のエムロ号も引きの画像で見ると、全体的に良い雰囲気で錆好きをもうならせるが、半世紀を越える歳月は保管状態の善し悪しで実働に耐えられるかを左右させる。
 
画像の様に、酸化した鉄材(スポーク)は形を失うまでになってる。
さすがにこの状態では、見るモノを楽しませてくれるが、走らせるには躊躇するだろう(笑)
 


スーパーカブC100ならエンジンが無くとも話題には事欠かない(笑)


このカブ 見た目に反して各部のパーツがしっかりしてる様に伺えたが… それもそのハズ、数年前にはハブベアリングやタイヤ交換もしてOHVカブの競技に参加されてた車両とのことなのだ。 燃料タンクの中も綺麗であった♪
走ることを最優先にして、車体の錆などお構いなしであった様だ(笑)
 
さてさて、此処に居ては時間が過ぎるのも早く感じてしまう。
昨夕伺った りょう@さん達との待ち合わせ時間も迫って来てるので、昼前にはサヨナラとした。
 


りょう@さんとの電話打ち合わせで、茂木にある大瀬観光やな近くの「蕎麦の里まぎの」に向かうが、到着するとなんと!信州俳諧~ずの皆さんが店から出てくるではないか!?


ちょっと到着が遅かったのかと思いきや、昼時で1時間以上待つ事となり敢えなく昼食場所を移動する事にした。
 
そして那珂川にある大瀬のやなにて昼食となるが、まさかこんな展開になるとは思わなかった。
川魚は苦手なワタシは、単なる天蕎麦と柚子味噌おでんを注文し腹ごしらえし、再びりょう@さん宅に向かい、しばしの歓談タイム♪
 
その後に近くにメグロを始め旧車が置いてあるバイク屋があると聞いたので、せっかくなので伺ってみた。
画像取得はしなかったが、メグロS7S8やダイヤモンドフリーやオートペット等々所狭しと並んでいたが、何れも店主のコレクションとのことで、色々と話を伺うことが出来た。
 
3~4日は残念ながら単車に乗る事は出来なかったが、相変わらず古物単車三昧で楽しい2日間であった♪
 
  
2011-05-01(Sun)

喜多方ラーメンツー

  
震災後の原発事故に因る風評被害で、同じ福島県内にある「喜多方ラーメン」で有名な喜多方は、閑古鳥が鳴いてる状態とテレビ番組では連日の様に取り沙汰されていた。
そこで先日の単車乗り仲間のBBQ時に出した案は、普段は行列に並ばないと食べられない喜多方ラーメンの有名店に、並ばずに食べるチャンス!! と(笑)
 
ワタシは、過去に2度ほど喜多方の有名店で食べたことはあるが、最初に行った20数年前には30分待ちとの事だったが、並ぶのが嫌いだったワタシと同行者は、店の前にある公園に出前をしてもらい食べた。
その後10数年前に再び同じ店に伺った時は、やはり30分ほど待つ行列だったが、おとなしく並んで店内で食べた。
 
今回は並ばずに店内で食べられるなら、このタイミングで行かない手はないだろう~!!と(笑)
 


そんなツーリング決行の日はGW初日となる 昭和の日(29日)のことだった。
薄日が射す程度だが、雨の心配はなさそうな上々の天気だ♪ 本日の相棒は… 何の変哲もないヤマハVX400ビラーゴ。
 
まだ慣らし運転的走行距離となる1033キロを積算計は示してるが、今日は何キロ延ばすかな??
 


集合場所は、宇都宮のバイク乗りが日光方面に向かうツーリングには高確率で利用する「ドライブイン大晃」駐車場である。


集合時間丁度に辿り着き、しばしの歓談ののち簡単なルート打ち合わせを行った。
 
ここからの参加者は8名と、いつもより少々少ない感じだが、本日の予定走行距離を踏まえたペース配分を考えると程良い感じとも思えた♪
ワタシの乗るビラーゴ以外は、全て昭和生まれの車両達であった(笑)
 


宇都宮を9時15分ほどに出発した我々は、最初に休憩する場所を道の駅たじまとした。
ここは栃木県を出て最初の道の駅となるが、11時頃にハナイズミさんと合流する予定だったので、遅れてはならないと少々スピードオーバー気味に走ったせいで、30分も早く着いてしまった(笑)
 
ワタシは、鬼怒川の入り口付近まで先頭を走ったが、ハナイズミさんへ連絡する事になってる為に携帯電話からメールを打つ間に先頭は代わって貰った。
ど~やら、そこからのペースが一気に加速した様だ(笑)
 


南会津の田島ハナイズミさんと合流した後も基本的に休憩は挟まず、喜多方市内にまで一気になだれ込む。
市街中心部にある銀行の駐車場がお勧めとのことで、そこまで道案内役を駆って出て頂いた。
さすがに地元の方に先頭を走ってもらうと気が楽だ♪
 
昨今のテレビ中継の影響も功を奏したのか観光客もそこそこ歩いていたが、有名店では全然並ばずに入るまででも無かろうが、到着は午後1時半近くだったので、昼のピークも過ぎたろう。
 


さて、参加者各人のラーメンへの拘りや好みも違いがあるだろう。 狭い範囲でラーメン店が並ぶわけで、特定の店は決めず数名のグループに分かれた。
 
ワタシは、冒頭で話した有名店に並ばずに入りたい! 並んだとしても10人くらいなら良いかな?なんて甘い考えは最後の路地を左折した瞬間に打ち砕かれた(汗)
画像の左で切れてる行列は更に画像に写る倍以上の長さまで延びてる。 既に閑古鳥は何処かに飛んで行ったようだ。
テレビを見て考えることは皆同じなのだろう(笑)
 


さすがに、あの行列の末端に並ぶ気力など更々ない。 今回は地元ハナイズミさんのお勧め店に素直に従うこととして、その店を探しに移動する。


 
なんとか横町!?に有るって言ってた記憶を辿って探し歩くこと数分、呆気なく発見出来た♪
辿り着いたのは横町の奥方向からであったが、結局 単車を停めた銀行から徒歩2分ほどの所だった(笑)
 


注文したのは、基本的にあっさりスープが売りの喜多方ラーメンかと思うが、あえてそこに背油をのせた異色なスープ。


だが、しつこさは感じなく後味スッキリで飽きが来ない感じ。 この店では3つのバリエーションがあり、もちろん背油なしの あっさりスープバージョンもあり!
 
ワタシ的には今回頼んだ、背油スープバージョンは当たり!と思えた♪ 餃子も大きめで美味かった(エビゾ~さん、ハナイズミさん御馳走さま!)
 


磐梯山を望むルートで地元のハナイズミさんとはお別れ! また福島方面に足を延ばす時は遊んでやって下さい!(笑)
 
それにしても福島は風が強く冷たく 一ヶ月くらいは季節感が遅れて来てる様に思えた。 この日だけは特別寒かったのかも知れないが…。
 


帰りは猪苗代湖の西側から入る国道294号線を経由し、白河で一旦国道4号線を走り、直ぐにいつもの那須方面へと迂回する。


 
この日にオープンしたての道の駅やいたに到着したのは5時半前! 福島方面からの解散場所に利用していたコンビニも移転されていたので、今回からこの道の駅は利用価値あり!
 
あまりマッタリし過ぎてると帰宅が真っ暗な時間になってしまいそうなので、30分ほどの休憩で流れ解散とした。
6時50分頃の帰宅直前に小雨に降られたが、場所によっては雨上がり直後の様な大きな水溜まりもあったことから、比較的良い感じに雨雲は避けながら走った様だった。
 
さて、次回のツーリングは… どちら方面に向かうやら!? また軽く飲み会でも企画して決めましょうか?(笑)
 
ちなみに、帰宅時の積算計は 1392キロだったので、この日の走行距離は360キロほどになろうか… しかしこの単車もとうとう行き先が決まってしまった♪ 親戚が乗ってみたいとの事だが、一気に走行距離は伸びなくなりそうな予感がする(苦笑)
 
  
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR