2010-12-31(Fri)

2010 走り納めツーリング


今年もいよいよ走り納めツーリングを行う! そんな時期となった。 って、こんな記事を書いてるタイミングが年が変わろうとしてる1時間未満!!(汗)
走り納めの記事は年内に納めなきゃ!! ってな感じで大慌て(大汗)

昨今各地で大荒れな天候をニュースなどで目にするが、相変わらずツーリングの企画など気楽にたてられる地域に住んでるのがアリガタく思える。
しかし、この日ばかりは前日まで続いた晴れ間を恨めしく思う寒さだった。。。。(悲)



ど~せ晴れ間が見えないなら、雪でも降ってくれればツーリングも中止と決断し易いのだが…。
曇り空ではあるが、雪や雨が降りそうな気配は感じなかった。

南信州の旅がらSさんのホンダCB750Fourを修理預かりして、その作業も済んでることから旅がらSさんは、自家用車で来て単車に乗り換え参加される段取りであった。

ワタシはと言うと、地元の印刷屋さんのホンダCB1100R-b で出動することとなった。
この車両は修理と乗ってあげることでのメンテナンスで預かってるのだが、実は所有者が当分乗れない事情があるからなのだ。



“ 走り納めツー ” と銘打った今回は、都合の良い方同士で走りましょ~!って単純な意味なので、何処か目的地を目指した走りではないのだ。
ルート設定も面倒なので、昨年同様の道の駅巡りなんてことで済ませましょ~(笑)

そんな訳で、撮影ポイントも昨年の記事と全く同じ場所になる。
昼食場所だけは未定にしておくことにしたのだが…。

そんな第1集合場所となる 道の駅みぶに定時少し前に到着してみると… 駐車場にはそれらしい単車が停まってるが、メンバーの姿が無い・・・・・。
あまりの寒さに屋内休息室に固まっていた(汗)ここで10名が集まる事となったが、寒さのあまり此処で解散しましょ~か!?との声もチラホラ (^^;



次のポイントでも待ち合わせ予定の方が数名居ることから、頑張って出発の用意をする事に…。
サスガにワタシ達メンバー以外に駐車場には単車を見ることはなかった。

過去の走り納めの記事を読み直すと、いずれも冬の晴れ間が差し込めて良い感じに見えるが…。



そんなこんなで、最短ルートを通り30分足らずで第2集合場所となる国道50号線添いの道の駅おもいがわへと到着する。
そこでは5名と合流することになったが、今回の様な走りを目的としないツーリングでも初参加者は2名も居たのだ!! お疲れさんです。



今回はここまで寒くなるとは思わなかったが、タイミング的にフェアリング装着車両での参加となり、その車両に見合うべくフルフェイスのヘルメットで臨んだのが功を奏した♪
今年初登場となるこのヘルメットだが、普段被ってるジェットと違い顎の辺りが冷え込まなくて良かった♪
大多数の参加者が寒い寒い!を連呼してる中、比較的平静を保てたくらいだ(笑)

集合予定時間を少し過ぎた程度まで待って、暖をとるためと昼食場所の混み具合を考慮して、普段より早めに出発する事とした。


 
移動場所は、結局昨年同様の蕎麦屋となり、少し早めの年越しそばって雰囲気で♪
ワタシは手前に写る 掻き揚げ天ぷらそば大盛り(八〇〇円)を注文したが、3名で一升蕎麦平らげてる方も居た(笑)
万年ダイエット中として有名な方は、一升盛りを3分割しては足りない!との思いで、当然の如くサイドメニューのイカ天その他諸々も注文していた様な。。。。(汗)


 
そんなタイミングで、近所の病院まで用事があったので合流したいとのことで、足を糸で縫ってある状態のしょろヨンさん登場!!
ここの画像に写る平均年齢を一気に上げていたのだ!! まぁ~それでも最年長者ではないのが不思議なくらいだが…(笑)


 
寒さを逃れての思いもあり蕎麦屋に長居しても外の気温が上がるわけでもなし、昼の稼ぎ時を邪魔しても悪いので、次のポイントへ進むことにする。
とは言っても、単車に跨る時間は30分に満たないが…(笑)

しかし、今回も参加車両は全て昭和の機種で統一された! 特に車種限定ともしてないのだが…。
強いて言えば、ワタシが乗ってきたCB1100Rだけが昭和50年代で、その他は全て昭和40年代であった♪ 何故かホンダ&カワサキだけだったが…。


 
国道50線添いで佐野インターから程近い道の駅みかもだけあって、東京や群馬・茨城から参加の方々が此処でお別れとなる。

第1解散ポイントともなるので、遠方からの参加者が帰宅前に悪天候に見舞われない内に解散の挨拶をする。
では、最終解散ポイントへ移動しましょ~!!


 
最終解散ポイントとなる道の駅にしかたに到着であるが、実は道の駅どまんなか田沼をスルーしてるのだ。
昨年も同じルート設定で、同じく田沼はスルーしたのだが、今回も同様になってしまった。
来年は予定から外そうと思う… そして逆に最初の集合ポイントに道の駅しもつけ(来春完成予定)を付け加えようかと…。
まぁ~そんな1年後の話は良いとして(汗)

しかし、此処の道の駅は相変わらず吹きっ晒しで、冬場に休憩するにはキビシイ場所だ。
周りに建造物がないので、まともに木枯らしが舞い込むのはツライ、何かしらの囲いが欲しいところだが、こんなご時世なので仕方がないのだろうか…。
とにかく寒いので、凍える前にシメの挨拶をして解散とする!!

天候に因っては、まだ関東なら単車に乗れるので、数日後でも乗り回す機会もあるが、年内の走りはこれにて終了となる。
また来年(来週)もヨロシクお願いします (^^)/ 
 

スポンサーサイト



2010-12-29(Wed)

2010 グルッポR.S. ファミリー・クリスマスパーティー

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
2010-12-28(Tue)

ごく内輪の忘年会&送る会

 
こりゃまた毎度のことながら時が経つのは早いモノです。
前回の記事を書いてから早半月も更新を怠ってしまっている。
そんな前回の記事も
忘年会ネタであったが、今回も時節柄 同じ様に酒の席の話。

言うなれば “ 石橋連合 ” の内々の飲み会となるが、18日の晩に壬生町おもちゃの町駅の一つ南側の駅に程近い洋風居酒屋で行った。
実は、
しょろヨンさんが怪我をして足首にボルトを入れる手術を春先に行ったのだが、その後の順調な経過からクリスマスの頃に、埋め込んだボルトを摘出する為の再手術をすると言う。
その直前に 冥土のみや… イエイエ、年末恒例の忘年会を早めにして欲しいとのリクエストに応えるべく、安心して再手術に望めるように送り出す会とした。



忘年会だろうが送る会だろうが、何でも良いがアルコールが入る席は最初の挨拶以降 同じ様である(笑)

年間何十回となくダイエットを決意しては、ことごとく断念してしまうほど食にうるさいハヤロイドさんのお勧めお店だけあって、満足満腹になった宴もたけなわな頃、何故か皆の免許証を並べて何をしてるのか?? 意味不明なしょろヨンさん(笑)
ゴールド免許と青色免許が丁度半々であったが… ワタシは当然!?ゴールド免許側の人間だ♪ まぁ~そんな事はど~でも良いが(笑)

その後 予定通りに足首の金属を摘出し、本日順調に退院された知らせも頂いた。 年明け早々には単車に乗れるような勢いで話して居たが… そこまで慌てることもないだろうに(汗)
でも、新年会の頃には顔を出さないと何を言われるか心配で、落ち着けないかな? (^^)

新年会までには、まだまだ単車に乗る予定が少なくとも3回はあるので、それまでジッとしてられるだろ~か?(笑) 
 

2010-12-10(Fri)

水戸藩カブ忘年会 ~ 北関東W1ツー

今年も もぉすっかり忘年会の時期になってしまった。
そしてそんな師走に入って最初の週末は、
水戸藩カブ恒例の“星ふる里・忘年会”となる。 今年ワタシは、水戸藩カブ主催のイベントへの参加率は、少なかったような気もするが、まぁ~細かい事は良いでしょ~(笑)

ワタシは昼過ぎまでの来客の為に、自宅を出発出来たのは夕方4時少し前となってしまった。
翌日
しょろヨンさんが主催するツーリングへ参加するため単車で向かうのだが、日が沈んだ頃からの急激な冷え込みに、春~秋シーズン用のグローブで臨んだことに後悔した(汗)
なんせ日中は少々汗ばむくらいの暖かさだったからだ (^^;

走り出してしまってからでは仕方ない、明日のツーリングはゆっくり目のスタートだし、日が沈む前に帰宅できるだろうから♪ と、星ふる里に着くまでの辛抱だ!!


 
星ふる里では久々に会う面々と話尽きることなく楽しい時間を過ごす♪
毎回初参加の方々もいらっしゃるが、そんな中 今回は往年のファクトリーライダーである
菱木さんも顔を見せていた。
楽しい時間はアッと言う間に過ぎて行くが、それでも寝るのも惜しんで話し込んでしまい、床に就けたのは すっかり丑の刻は過ぎた頃となってしまった(汗)


 
翌 日曜日は、好天に恵まれて最高のバイク日和だ! 
水戸藩カブと言えば、スーパーカブ創生期のOHVモデルが多く闊歩するのが常だが、今回はツーリングを伴った集まりとしなかった事から、単車で参加する方も比較的少なかった様に思える。
そんな中、星ふる里忘年会に参加して以来 毎回欠かさずスポーツカブと共に参加してるイシイさんは、今回C110と朝の散歩に出掛けて行った(笑)オキヲツケテ~♪


 
朝一番で しょろヨンさんと待ち合わせ場所の打ち合わせを電話で済ませ、星ふる里からは3名が合流する事となった。

ワタシの今回の相棒は、慣らし運転中のビラーゴXV400である(笑)
しょろヨンさん企画の「北関東W1ツーリング」は、名称とは裏腹に確固たる機種制限もないので好都合なのだ♪

しかし、星ふる里で会った皆さま方からも「ビラーゴ = ワタシの愛車」はピンと来ないようだ(汗)
そんなことより、相変わらず写真写りの良い単車だこと(笑)


 
打ち合わせ当初の合流場所は、国道50号線添いのコンビニだったが、あいにく店じまいしていたので、更に東進して水戸市に入って最初のコンビニとなった。
此処で参加者全員が揃ったこととなった。 半数以上が昭和40年代の単車だが、平成車はビラーゴ以外にもエストレアやハーレーも有ったので良かった(笑)


 
さて、此処から目的地までは1時間足らずで到着出来る。 天気も良いしノンビリ行こう~!

50号バイパスを走ってると、前方が渋滞気味になっていたが、そんなクルマの間をすり抜けして行くと。。。。 そこには水戸の名物なのか? 真昼間から暴走族達数台が爆音も盛大に道一杯になって走っていた。
既にその先に行ってる仲間も居たので、それらをパスしながら先に進む。


 
那珂湊に着くと、いつもの駐車場に停め いつもの店に足を運ぶ。
この駐車場に向かう直前で、地元のマラソン大会の関係上 警察官の指示で迂回させられたが、その為か今回この駐車場に暴走族・旧車會関連の車両はいつになく見なかった。

それにしても暖かくて良い天気だ♪


 
寿司食べ放題ツーリングとのサブタイトルの通り、今回も満腹満足♪ そして駐車場に戻り暖かな日差しの元 歓談タイムが始まった。。。
そんな所に、KOSUKEさんを単車の所に呼び寄せる声が!

乗って来たW1Sの後輪がペッチャンコ!! 何か刺さってないかと確認すると、分かり易い程のスクリュがブッツリ奥まで刺さっていた(汗)
此処に駐車するまで後輪に違和感は感じなかったとのことから、駐車直前に刺さったと思われる。
今回直前に迂回させられた為に、いつもなら踏まないで済んだスクリュを刺してしまったのだろう。。。


 
こんな事もあろうかと、とちFさんが常備してるパンク修理剤を注入~!!
注入してる間際から泡状になった溶剤が、スクリュを抜いた辺りから漏れだして来てる。 程なく穴を塞いでくれるのでは?と思った反面、刺さったスクリュが大きかった為に塞ぎきれない可能性も大きく感じていた。


 
ワタシとKOSUKEさんは、パンクとは別に当初から水戸市内の知人宅に寄り道予定だったので、しょろヨンさん一行とは此処でお別れすることとした。
パンク修理剤の注入もむなしくタイヤは膨れることなく、数十メートルで走行不能に。。。。。
伺う予定でいた知人にレスキューを頼み、チューブの手配までして頂くことに。
地元のバイク屋さんに工具&場所を借りて後輪を外し、少々の手間を取らせて頂く。

やっとの事で、公道復帰できたKOSUKEさんのW1Sと本来の目的で、今度こそ水戸市内の知人宅に向かう事となる。


 
水戸市内の知人とは、以前KOSUKEさんが乗っていたカワサキ650RS-W3の現所有者さんで、点火系の不調と思われる症状で走行出来ないので、何かツイデの時にでも見に来て欲しいとの依頼であった。
依頼されて向かうところが、逆に回収に来て頂く羽目になってしまった(汗)

W3の方はと言うと、幸い原因究明にまで至ったので、後日必要パーツを持って再び伺うことで今回の用件は果たせたが、水戸を出る頃にはすっかり日が暮れてしまい、結局グローブの選択ミスは二日連続で味わう事となってしまった(汗)

画像は、寄り込んだ道の駅かつらが寂しいくらいに真っ暗だったので、隣のコンビニで休憩してるところ。 熱々のホットコーヒーが ぬるくなるまで手にしてから飲む季節になった。 
 

2010-12-02(Thu)

15年目のナラシ運転


これはもぉ2年くらい前の画像からの話。
今の所に引っ越しする以前に近所だった方から、バイクの引き取りを依頼された。
更に遡ること10数年前に、ワタシの紹介でバイクを購入したのだが、既に何年も乗らない状態なので 何とかならないか? との話だった。

はてさて?? ちょっと記憶を辿ってみたが… 確かにバイクの購入に当たって、地元で新車を扱うバイク屋さんを紹介した覚えがかすかに蘇った!
「そのバイク屋さんに話は通しておくので、ワタシの名前を告げて尋ねて行って下さい。」との程度だったので鮮明な記憶では無かったのだ。
新車や現行車両が欲しいとの話には、よく地元の普通のバイク屋さん(元ワークスライダーの方の店)を紹介するのが常だった。 そんなワタシは毎度のことだが車両に関してノータッチである。

そまぁ~そんな訳で、今となっては乗らなくなった車両の話をされてもピンと来なかったのだが… ともかく車両確認と同時に引き取りに伺うことに…


 
車両はヤマハXV400ビラーゴである。 確かにワタシが紹介したのだろうが、この埃だらけの状態が十数年経っての初対面となった。
ナンバープレートも平成7年に登録されたままの「栃木」ナンバーである。 平成11年秋からの管轄区域名は「宇都宮」となってしまってるので、旧車好きには簡単に廃車するのも惜しいくらいだ。
しかし、ワタシにとって魅力がある単車ではない(汗) 強いて言えば、この年式・程度にして走行距離には驚いたくらいか。。。。


 
遠目では埃を被ってるだけに思われるが、近づいて見ると鉄部には赤錆・アルミ部には白粉が噴き、クロームの下地より これまた良い感じに緑青が噴いてるが… 平成の車両には似合わない(汗)

このビラーゴを引き取ってから また暫くの間は車庫の肥やしとなっていたが、ある時 自動車の輸出ブローカーさんと話しの中で「何か売り物になるバイクはないか?」との問いかけに「このビラーゴなら売っても良いけど、現状渡しじゃないとダメだよ」と答えた。
埃まみれの現状を見て渋られ、「走る様にしてくれるなら買っても良いけど…」と、すかさず返されたが、そりゃ面倒くさい(汗)
この単車はメイン燃料タンクがシートの下にありポンプを介してキャブに送るので、放置されて10年ほど経ったモノが簡単に行くまいと…(苦笑)

気が向いたらエンジンでも掛かるようにしましょ~! と、その場の話は終わってしまった。


 
しかし更に数ヶ月経った頃に、このままではいつまで経っても処分出来ないなぁ~と 思い立って燃料系のメンテに掛かることに…

十数年振りのご開帳に荒れた内部は、画像に納め忘れたため、既に洗浄し組み立て調整の何度目かの画像(汗)


 
なんせ実走行距離は、たったの100キロ程度だから、例え燃料系が全滅でもエンジン内部は ナラシが必要! な程かと!
前所有者の家族の話によると、新車購入後一回だけ筑波山を目指して出掛けたとのことだが… 実際に筑波山まで行ったなら100キロ程度で往復出来ないのだ。
満タンにした燃料を使い切らずに新車を放置した計算になる。 しかも車検証を確認すると1回は検査を受けた様なので、公道を走れる期間は4年間もあったのにだ(苦笑)
更にその車検証に付随してあった記録簿を見ると… 車検を受けてからは全く乗られてない
(汗)

実際エンジンに再び火が入り始動出来るようにしたら、確かに気になるメカノイズは皆無である♪
ここまで素直なエンジンで輸出されるのは惜しいと感じた。 仮に数万キロ走ってたモノでも金額に大差ないだろう。 せっかく素性がシッカリ分かてることもあり乗った方がマシだ♪


 
車検の経費は掛かるモノの、乗り回していれば欲しいと思う方にも当たるだろ~と。
検査を受けたのは、今から2ヶ月くらい前になるが、丁度その頃に
グルッポR.S. 主催で市区町村ナンバーツーリングを行うとのこと。
それもワタシの地元を通る計画で予定してるので、ルートを考えて欲しいと依頼を受けたのだ。

早速、ビラーゴの出番としよう!!(笑)


 
地図上で簡単にルート設定しても良かったが、原付で走って楽しそうな山道が通行止めの箇所もあり得る。
そんな訳で実際走ってみると案の定、通行止めの箇所に出くわした(汗)
やっぱり、現地視察して良かった♪


 
こうして1回のツーリング下見 程度で150キロ弱を走ってしまった。
と言うことは、ナント! これっぽちで前オーナーの走行距離を超えてしまったのだ(笑)


 
市区町村ツーリングの下見は1回で納得出来るルートではなかった。
後日2回目の下見に望んだのだが、それはツーリング本番の前日であった。

太平山を登る途中で、栃木市街を見下ろす良い感じの所を見付け 少し戻った路肩でパチリ☆
あの埃だらけだったビラーゴも必要以上に綺麗に写ってる♪


 
2回目の下見ツーリングでも110キロ以上走行した。
前のオーナーは如何に乗らなかったことか…。 何か余程 気に入らなかった事でもあったのか??
しかし、継続車検も受けてるのだから、きっと乗る暇が無かったのだろう(汗)

この後、グルッポ恒例のラウンドツーリングへ参加するために再び乗り出すが、乗る毎に馴染んでくると言うか10数年の放置期間を忘れさせてくれる。
きっとこのビラーゴも単車冥利に尽きると思ってるだろうか?(笑)
なかなか平成の単車と長く付き合う事がないワタシにとって、ある意味新鮮さも感じさせてくれる。
次のご主人が見つかるまで、足としてしっかり働いてくれるだろう。

そんな現在の走行距離は500キロ余りだが、まだまだナラシの期間は続く (^^) 
 

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR