2010-01-26(Tue)

ドレスアップ・ダイナモカバー CB750Four

さて、先週末に久しぶりに更新したグッズ・アイテムの書庫だが、今回はその続きで その時紹介したエンジンドレスアップカバーでポイントカバーの反対側に装着される、言わばコンビともなるダイナモカバーの紹介。
もちろんドレスアップカバーと言うだけあって、純正部品より儚い運命を辿った? 社外品ネタとなる。
 


まずは、木島ゴム工業の製品となるが、CB750Four用のダイナモカバーの場合、カバー本体の交換ではなくノーマルのダイナモカバーに被せる様に装着するのが主流と言えよう。

ノーマルのダイナモカバーには、内部に装着される発電用のフィールドコイルをセットする為の取り付けビス穴が表側から3箇所設けられてる。
そのビスを利用して、フィン状のみのカバーをセットする仕組みとなってるのだ。



続いては、リード工業製のフィン付アルミダイキャストカバーとなるが、この製品も木島製同様に3点止めのフィンカバーとなる。
フィン角度は、ポイントカバーと同じくエンジンシリンダーフィンの傾きに合わせて平行されたデザインだ。
ポイントカバーとコンビなだけに、輸出品としたモノが多かった様に思える。
 


奥に映るのが、木島ゴム工業製であるが、手前のリード工業製はダイキャスト製法の精度を上手く利用してノーマルカバーの取り付け穴にフィットさせるような造りとなってる。

反面、木島製は平坦な造りなだけに、その関係で装着に工夫を凝らさないと簡単にオイル漏れを起こす車両も少なくない。
純正ノーマルのオイル漏れ対策としてのシールワッシャーはそのままに、その隙間を埋める為のカラーもしくはナットを追加させシーラーなども駆使してオイル漏れに対策を打つしかあるまい!
もっとも、内部のフィールドコイルの密着が良いおかげで、何の対策もしなくともオイル漏れとは無縁なこともあるのだが(笑)



こちらは、それまでと同じタイプの3点止めフィンカバーだが、ノーマルのダイナモカバーには〈HONDA〉ロゴが入るところ、他の社外メーカー製にはフィンのみでそれを隠してしまうのは忍びない。
やはりアクセントは必要であろう!と、カバー装着で隠されたロゴを表に出すデザインとしてロゴ入りとされたタイプ。

以上のモデルは、いずれもアルミ地にバフ仕上げとされる仕様となる。



ポイントカバーの紹介時にもしたが、国内でCB750Fourの人気が下火になってる頃のkijimaでは、ダイキャストタイプのポイントカバーに合わせてダイナモカバーも同じ仕様で製品化していた。
しかも、それまでの3点止め貼り付けタイプではなく、ダイナモカバーその物を付け替える仕様でリニューアル化させた。
それまでもkijima製のカワサキZ2用では、フルカバーでの製品化も当初から行っていたので難しい問題ではないのであろうが、CB750Four用としてはダイキャスト化に伴った仕様変更となった様だ。

(ちなみに、その<SOHC>ロゴのダイキャスト仕様以前に、<HONDA>ロゴで砂型鋳造仕様のフルカバーも存在してる。)

こちらもダイキャストポイントカバー同様、〈SOHC〉ロゴにメッキ仕上げのみの設定での販売となっていた。
この製品の登場の頃は、CB750Four シリーズは既に生産を終えていて人気など全くと言って無かった状態にある。 そんな時代の製品なので、昨今世間で言われる「当時物」には当て嵌まらないだろう(汗) 反して CB750Four の人気が再燃した現代でも「現行物」の存在が無いのも事実だが…(笑)
 


ダイキャスト品の裏側になるが、コンビのポイントカバーと同じ仕様で、TK kijima のロゴと品番となる TK-125DA MADE IN JAPAN の鋳出しとなるが、適応機種 CB750~K7 の文字は無い。

後年欧州向けとしてのオーダー品がキャンセルされ不良在庫としてしまったKIJIMAから、既に国内でのカタログ落ち商品の捌け口として、ワタシの元に売り込みに来たことがあった。
その時(既に15年以上前の話だが)の条件として、半数近くのカバーはメッキを落として、バフ仕様としてもらうことを約束しての購入とした。
ダイナモカバーに連結されるミッションカバーがバフ仕上げなので、その方が見た目の納まりが良かったからだ♪
今となって手元に残ってるのは数点のみだが、昨今のネットオークションなどでの価格相場を見ると、羨むほどの高値になってるので 捨て値で捌いたのが悔やまれる(悲)
 

スポンサーサイト



2010-01-23(Sat)

ドレスアップ・ポイントカバー CB750Four

気がついてみれば、グッズ・アイテムの書庫も久しく書いていなかった。
ネタは色々と有るのだが、書き残しておかないと! ってほどの事でもないので書いてなかっただけでもあるが、どうせ書くにしても下調べ不足ってのも多いのは事実だが…(^^;
 
で、今回はホンダドリームCB750Four の人気はもはや下火となりつつある昭和50年頃から流行った、カフェレーサーブームの一端を担ったアイテムで、
以前にもCB400FやZ2用は少し紹介したモノとなる。
エンジンドレスアップカバーの中でもポイントカバーに絞って数点の紹介。
 


リード工業製のフィン付アルミダイキャストカバーとなる。 この製品のフィンは、エンジンシリンダーのフィンの傾きに合わせて平行したデザインとされるのが特徴となる。
主に輸出用とされた様で、現在でも未使用品でパッケージに入ったまま逆輸入されたり、車両に装着された状態で里帰りされるケースも少なくない様だ。

以前、キャストホイールを紹介した記事の中でも車両に装着された同じタイプを見ることができる。



昭和50年6月号のモーターサイクリスト誌の広告にも、先に紹介した画像と同じ商品を見ることができる。

ポイント&ダイナモカバー+セットビス付で、そこに送料までサービスされ \3,500 とは、お手ごろ価格だった時代だなぁ~♪ 
 


これも当然 ホンダCB750Four 用のポイントカバーに相違ないが、残念ながら製造メーカーは不明である。
砂型鋳造品であり、裏側には刻印の鋳出しの様な部分もあるが、判別不能なほどにダレている。
チョッと見慣れない形状のモノだったので、数年前に入手しておいたモノだが、なかなか車両に装着してお披露目することもナイ (^^;



これ以降は、木島ゴム工業の製品の紹介が続くが、まずは 他の車種でも一世を風靡した透明ポイントカバーとなる。
耐熱の強化プラスチック製で「透明」と言ってもブロンズ色に着色されてる製品だが、内部のコンデンサーやポイント・ガバナーの動きまでがシースルーに見えるのはなかなかメカニカルである♪

画像の適応機種が、CB750Fourとそれ以外が共用出来るように、HONDAのロゴはステッカーとなり装着に因って傾きが違うモノに対応している。



同じく木島ゴム工業がアルミ鋳造のフィン付カバーも手がけたタイプ。
発売当初からの定着したデザインで、HONDAロゴが鋳出しとなるスタンダードタイプだ! 先に紹介したリード工業製のタイプと違いフィンは水平にデザインされ、この方が安定感を感じる。

透明ポイントカバーで触れた通り、CB400F/350F/500F 等用はカバーの装着穴が斜に空いてるため、こちらはCB750Four 専用パーツとなる。
 


昭和50年代も半ば過ぎ、日本ではカフェレーサーブームも下火となり、ホンダからは待望のヨーロピアンスタイルで4バルブツインカムのCB750F がヒットする。当然それまでのナナハン(CB750Four)の人気は急落!! それ以前から他社のツインカム勢力からするとCB750Fを待ち望んでたホンダファンからも忘れ去られるほどとなっていたが…。
 
しかしその頃でも欧州での根強い人気に支えられ、木島ゴム工業には輸出向けのオーダーは絶えなかったようだ。
製造法はそれまでの砂型鋳造からダイキャストに変更され、鋳型のロゴも〈HONDA〉から〈SOHC〉に変えられると同時に、それまでのアルミバフ仕上げからクロームメッキ処理とされ、昭和の終わりの頃まで細々と製造され続けて行った。



ダイキャスト品の裏側になるが、TK kijima のロゴと、品番となる TK-125.P 適応機種の CB750~K7 MADE IN JAPAN の鋳出しはくっきり見て取れる。

木島ゴム工業製品のCB750Four 用エンジンドレスアップカバーのロゴは、〈SOHC〉の場合は全てダイキャストとなり、〈HONDA〉の場合と〈Hm〉の場合は全て砂型鋳造となる。

CB400F用は現在でもKIJIMAのカタログに載せてあるが、やはり当初から〈HONDA〉ロゴが入ってたモノが、10年ほど前にロゴなし仕様へと変更された。
その頃にPL法などの関係で、ホンダ製品と混同されないようにHONDAロゴを消したのか? 当時 KIJIMAの関係者に尋ねたところ、それとは全く関係なくロゴを入れることを廃したのだとか…。
ノーマルのポイントカバーには〈HONDA〉ロゴが入ることから少々味気ないスタイルになってしまったのが残念でならない。

次回は、同じくCB750Four 用のダイナモカバーを紹介予定!
 

2010-01-15(Fri)

400件目の記事は、200,000件越えの頃

.
おかげさまで、このブログを開設して2年2ヶ月余りで 訪問者数が 20万件を越えることとなりました。

今後も今までと何ら代わり映えしない内容で書き進んで行くと思われますが、ヨロシクお願いします。

 
昨今の傾向としては、ツーリングやイベントネタが多くなりつつあるようですが、それはワタシ自身が前々からではありますが、走ることを主体として単車に取り組んでる現れでもあります。


完璧な整備をしなくちゃ走らせられないなら仕方ないが、旧式の乗り物なのでライダーが補って前に進ませることが良いのだ♪

今後とも高性能は求めず、自分のスキルに合ったマイペースな整備作業をこなして行きたい!
(特にスキルアップは目指すつもりはない! 言い換えれば、学習能力を高めようと努力しない)
40年以上前の単車を、その頃の走りに近づける程度で楽しみたいのだ! 後年の高性能車を負かそうなんて大それた考えは持ち合わしてない。
こんな考えは、20年以上前から変わっていないのである!(笑)


旧式の単車には、点火タイミングを進角させる装置も手動で行うモデルが当たり前だったりしたが、その味わいを求めるモノに「楽」だからと言ってガバナーを取り付けたり、強いては因り強い火花と正確な点火タイミングを求めてフルトランジスター点火にしてしまう! そんな人達の話も聞いたことはある。

ワタシが古めの単車に求めてるモノとのギャップが生じてる方々も少なくないであろうから、同じ系統のノリモノを愛でる人同士でも違った価値観があるだろう。
それはそれで良いのかも知れないが、ワタシは高性能を求めてない代わりに、それらの押しつけもしない。 仮にカワサキW1SであってもホンダCB72であっても新車時に設定されたポイント&コンデンサーを用いた点火系で、例え雨天走行が多い中でもたかが数千キロ程度はメンテナンスフリーで走破出来るもんだ。


内容的には、趣味の世界がメインだが、一機種に絞った内容でもなくメインテナンスオンリーでも走りオンリーでもない取り留めのないブログの様でもあるが、
軸として古めの単車(CB750Four や W1S などだが、ワタシは旧車と思ってない ↑ 画像のメグロからすると近代機種だろう)とそれを取り巻く環境をネタにワタシ自身のメモ代わりの要素で書いてるつもりだ。

そんなスタンスで書いてるブログだが、丁度この記事が400件目(ファン限定含む)。 今後ともヨロシクお願いします。
2010-01-12(Tue)

流行り病

新年明け そろそろ本格的に仕事にも着手しようかと思った7日の晩の頃… どぉも悪寒が走る。
そんな時は熱めの湯に浸かり火照ったまま床に就いてしまえば、大抵は忘れてしまう程度の症状だ。
 
しかし、翌朝は体中に異変が… 頭痛・関節痛・喉の痛み… だが体温は37℃半ばだったので単なる風邪か? と思い市販の常備薬を飲んで経過をみる…
服用した薬は全く効かず、時間を追う事に体温は上昇して行った!(汗) 結果的に夕刻近くには39℃をオーバー。。。。 これは単なる風邪じゃない。

実は今回は悪い予感もしていたのだ、それは子供がその2日前に新型インフルエンザと診断されていたからだ。
それまで家族内で風邪など発症しても、ワタシだけには感染した例しがなかったので、高を括っていたのが災いした。

聞くところによると、インフルエンザの結果がハッキリするのは発症して24時間経たないとダメとのことで、医者に行くのは翌日一番としたが、それまで酷い症状のままで居られない。
子供は既に快復してることもあり、子供に処方されたタミフルを頂くことにした! 
結果好調♪ それまで39℃を下回ることなかった体温も37~8℃を行ったり来たり。 おそらく子供用に弱めに処方されたモノだからだろう。  


で、医者に着くと事前連絡の通り隔離された部屋で診察を受け(長い綿棒を鼻の奥に突っ込みグリグリと組織を採取)、10数分後 予測通りのインフルエンザA型と診断された。 
先生の診察も必要最小限なのか簡単な問診と聴診器によるものだった。

処方されたのは、「タミフル」かと思いきや「リレンザ」と言う吸飲するタイプの薬その他だった。
流石に正直に薬には反応して快復の一途であるが、他人への接触は避けなけりゃイケナイため外出も御法度!
 
そんな翌日にダブワンの修理の為に、預からなければならない車両を自走させてきたヒロさんは、画像奥に映る栄養ドリンクを差し入れてくれたが、感染しなければ良いが…
もちろん、感染のおそれがあるから直接的な接触はしないよう事前にも促したのだが… ワタシは当然マスク着用し、外だけで何メートルも離れて会話したのだが…。


先週末に参加予定してた新年会や、今週末にも参加予定してた北茨城の宿で行う鮟鱇鍋パーティーも不参加となったのは惜しいが仕方ない。
流行りモノには全く興味は無いのだが、有無を言わさず感染させられたのは注意も足りなかったのだろうと反省(笑) 
2010-01-10(Sun)

2010 走り初め(公道編)

2010年最初の記事は走り初め(サーキット編)となると、お次は当然「公道編」となるが、これまたブログを始めてから新年を迎えた頃に記事にするパターンと化している。
実際、サーキット走り初めはまだ3年目であるが、公道の走り初めはコースも含め10年くらいほとんど同じパターンで行って来てる。
それは
一昨年の記事昨年の記事を比較しても明らか(笑)
 
まぁ~ 解散ポイントなど若干の違いはあるが、おおよそ同じパターンとなるってる。
そんな1月4日の出来事。
 

 
今年の参加車両はカワサキAR80だ、実は昨年の走り初めは これで参加したかったが果たせなかったので、今回はリベンジとなる。
昨年、一泊で行われた
市区町村ナンバーツーリングに参加して以来のエンジン始動となった。
なので、その時と全く状況となる キックスターター不良の押し掛け始動である(汗)



元来「集合場所も時間も例年通りで! ○日に行いま~す!」で通じる方にだけ集まって頂いてる『初顔合わせツーリング』なのだが、昨年まで集合場所に利用していたコンビニが閉店してしまった為に、今回から その最寄りのコンビニに集合する事となった。

特に「石橋連合」としての集まりではなく、ワタシ個人の都合で日程を決めてる「走り初め」なので、参加車両にも全く制限はなく口コミだけで集まった次第である。
これはこの「走り初め」を始めた当初から不変だが、かつては「メチャクチャ寒いから中止にしましょ~!」なんてこともあった(笑)

まぁ~ 誰が言い出して始まろうが、単車仲間の横の繋がりで参加されて行動を共に出来ることは楽しい♪
では、ぼちぼち出発しましょか~!って感じで次のポイントは いきなり昼食場所となるのだ(笑)



そんな昼食場所は、走り初めを始めた頃から同じ場所となる 笠間市の国道50号線沿いの 麦とろ飯や「食事処 やまびこ」

この走り初めだけにしか 走りをご一緒しない方も数人居るくらいだが、ツーリング以外では会うこともある方々なので、話は弾む♪
今回が初対面同士の方々も居たようだが、共通の話題も多いだろうから問題ないだろう(笑)



日帰りツーリング程度で、食事の事前予約などするなど面倒なツーリングは企画したくないのが本音だが、時と場合に因るだろう。
今回の参加者は 19名となったが、スムーズに席に着け 各々の好みをオーダーするだけ。 もちろん席の予約などしてない! それはこの店のスタイルが そぉさせてる気もする (^^)

ワタシのオーダーは、当然「麦とろセット」となるが、逆に他のメニューを頼んだことがないことも この時気が付いた。
しかも、この画像に写るテーブルに座った方々全員が、同じメニューをオーダーしてるし(笑)



麦ご飯お代わり自由で、水分を吸った麦はまぁ~るく膨れるので、少しの時間差で急激にお腹が満たされる。
食べ終わった直後にノンビリしてると動きたくなくなってしまうので、さっさと次のポイントへと移動することに…。



帰りも昨年までの走行ルートと同じだが、例年通りなら次の休息ポイントはツインリンクモテギの南ゲート前としていたところを変更。
休息するところに「最低でも自販機があると嬉しい♪」との意見から、ツインリンク南ゲートに程近い「もてぎウェルカムパーク」に寄ることに。

正月休みの様な感じだったので、ほとんど貸し切り状態の駐車場であったが、記念集合写真を撮って談笑にふけってる間に それまで射していた陽も薄雲に隠れてしまった。
曇り空での寒さから我慢出来ず、次の休息ポイントである解散地の「井頭公園・東駐車場」へと向かう。
 

 
3時前には、井頭公園に到着し 陽当たりの良い所で、今後のスケジュールなど案を出し合う。
遠方からの参加者の帰宅も考え、毎度のことながら走り初めの解散は、早めに行うが実際 最遠方から参加の一文字さんが帰宅できたのは とっくに日が暮れた時刻だろう(汗)
 
さて、そんな井頭公園駐車場を出て数百メートルで、ハヤロイドさんがダブワンを停めて皆の走り去る姿でも画像に納めてるのか?と思いきや…
クラッチケーブルが切れてしまい立ち往生してる様子だった (^^; 日帰り程度のツーリングにスペアケーブルなど持ち合わせはないし、常備してそうな
しょろヨンさんは先に帰ってしまった(今回エストレアで参加だったので、どちらにしてもムリ)
ハヤロイドさん宅までは10数キロほどなので、クラッチはそのままで走らせ帰ることとする。
ワタシのAR80と乗り換えてもらい、渋滞の少ないルートへ迂回してもらいすんなり着くことができた。

走らせることに不備が発生するより、止まることに不備がある方が重大であるから、考え方に因っては 仮に遠方であってもクラッチ操作の頻度が低い高速道路などを使えば良いわけであって、重大なトラブルとは言わないだろう。
それにしても解散後の出来事で良かった♪ 
 

2010-01-06(Wed)

2010 走り初め(サーキット編)

2010年最初の記事となるのは、毎年恒例となりつつある「水戸藩カブ主催・ツインリンク走行会」へ参加したこと。
今回で3回目となるであろうか? 少なくともワタシ自身が参加したのは3回目である(笑)
水戸藩カブの集まりとしては、前夜に “星ふる里” で新年会を行った流れで、ツインリンクへと足を運ぶのだ。

昨年は、4日にサーキットランを行った都合で、前日ワタシは新年会に参加せず公道での走り初めを済ませてからとなった。
一昨年は
新年会に参加して、翌3日に行ったサーキットランを楽しんだのだが、今年は諸事情に因り3日に行うサーキットランのみに参加する事とした。
 


ワタシのここ数年のサーキットランに使用する相棒は、決まってホンダCB72となってる。
一応 公道走行用の保安部品も完備しナンバーも取得してあるので、CB72ならでわのイベントにも参加出来る体制を取ってるつもりだが…、一昨年に再起動させたCL72に公道用のイベントを担当してもらってるので、こちらは もっぱらサーキット向けと定着しつつある(汗)

今回は、地元の単車乗り数人にも声を掛けて同行することとなった。
そんなハヤロイドさんの ホンダCB750Four -K1 も、一緒のトランポに積んでツインリンクを目指す!!



集合時間の午前11時まで20分余裕を持ちパドックに到着し、先着していた大勢の参加者達と新年の挨拶を交わしながら、参加車両の傾向も読みとる。
昨年まで圧倒的少数派だったハイスピードクラス(体験走行レベルでの…)は、メインの参加車両であるホンダカブ系に迫る台数となっていた (^^)

昨年も参加されていたロータリーエンジンを積むハーキュレスは、今回スズキのロータリー車RE5を従えての走りとなるようだ。



城624クラブ会長の落合さんは、昨年各地のイベントに公道仕様に改造した昭和40年代末期の市販レーサーとなるヤマハTA-125を持ち込む。
本格的な国際サーキットのフルコースを走らせるとは、マシン的には水を得た魚となるだろう!
 
実はしかしこのマシン、今回走行中にエンジンロックしてしまった様子(先に言ってしまうが)  エンジンだけを別のマシン(同機種)から換装させていたのでセッティングを煮詰める時間が無かったようだ… 残念!!



昨年はパドックの端の方で、こぢんまりとしたブリーフィングを行ったが、今回は大人数であることも考慮してか、コントロールタワーに隣接するブリーフィングルームで注意事項の説明を行う。

おおまかな内容は例年通りであろうが、必ずしも毎回同じとも限らないので、走行中トラブらないように注意して聞くことが肝要!
レースの時にも言えるが、サーキット経験が多いベテランさんほど聞かない傾向にあり、その時々のルールを把握せずトラブル方が少なくないとも聞く。



今回は比較的スケジュールの進行もコンスタントに捗るようで、暖気運転もそこそこにピットロードへ促される。
単車のクラスは、カブ系の小排気量クラスと、中~大排気量のスピードクラスで例年通りとなり、それより前にホンダビート(軽4)のクラブが既にコースインされていた。
 
ビートの走行中に十分な暖機運転を済ませられたので良かった♪
流れ的にスピードクラスの先頭を走ることとなったワタシは、ビートの先導走行から帰ってきたシビックタイプRに付いて行き周回を重ねることとなる。
 
今回も例年に同じく、Y部品のメガフォンマフラーにはサイレンサーの類は一切無い、当時のクラブマンレーサー仕様その物での走行を現実にする!
ヘルメットはクロムウェルでゴーグル装着の出で立ちはまさに往年のスタイルだが、黒のレザースーツまでは着込んでなかったのがビジュアル的にイマイチか?(笑)



走行シーンは残念ながら今回も無かったが、この場に居た誰かが何処かで撮っていたなら嬉しい限りだ (^^)

そんなこんなで、コースから戻ってきた方々は興奮冷めやらぬままに各々談笑に更ける。
サーキット側としては昼食時に体験走行のスケジュールをこなすので、そのタイミングで走った我々は お腹ペコペコでパドック内のレストランに足を運ぶ。

再び単車の元に戻るとスポーツカブが数台揃ったところで、並べて写真撮影等を行いながらも 影が長くなる昼下がり三々五々と分かれて行く。

水戸藩カブとして新年のイベント皮切りに相応しい走りに徹したサーキットランで幕を開けたが、今回も正月と思わせない程に風もなく、比較的暖かな陽気であったことは尚のこと嬉しかった♪
 

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR