2009-09-29(Tue)

スチールパイプワークの妙

先月記事にした機種ホンダCB1100R-b では、発売時に間に合わせのカウリング装着の為にも、量産車からの流用デザインに関わらず材質変更に伴ったカウルの骨組みもなかなか凝ったような造りとなっている。
 


車体のフレームと共色なので 分かり辛い様だが、スチール製のパイプワークは、カウル装着車両がまだ珍しいこの頃としては過剰品質な様にも伺える。
CB1100R の性格からインナーカバーなど存在しないストイックな表情を見せる。

ちなみに画像中の回転計は修理中な為に外してあるだけで、ワイルドな乗り手が感だけで操ってる訳ではない(笑)



丁度と言うか、前々から修理で預かっている車両にも、卓越したスチールパイプフレームの技を見ることが出来る状況がある。
CB1100R と時代を同じくした車両、と言うよりも その兄弟車の心臓を抱えたコーチビルダーの作品だ。
 
さすがはビモータ♪ カウルを纏っても、脱いでも凄いんです!!(汗)



ホンダCB1100F のエンジンを両サイドから覆うようにパイプが張り巡らされてるのが良く分かるだろうが、逆に走りに際して剛性を必要としないシートレールの方はと言うと… 途中までサポートされてるが、その先はFRP製のシートカウルに任せてある。
 
この手の車両の特徴として、ハンドルの切れ角は犠牲となる(汗) 



スチール製の燃料タンクは、 3ヶ所のピンで填ってる(載せてある)だけの簡単な造りだが、それはシート一体型のFRP製タンクカバーで覆ってしまう為に、万一の転倒時にも燃料タンクが放り出されることはない。

そんな燃料タンクを外すと、その下にはフレームは無くエンジンのヘッドカバーが丸出しとなるのだ。
操縦安定性は言うに及ばずで、オーナーが以前200km/h 前後で走行中に片手放ししても安定した走りに全く不安は感じなかったと言う。

それにしても既に25年以上経過してリペイントなどしてない車両にしては、手入れが行き届いていたので、全く時代を感じさせない個体である。
あっ! 方や最初の画像の CB1100R は、相反して放置されて埃が溜まった様も画像でも見て取れますね(笑)
 

スポンサーサイト



2009-09-20(Sun)

北陸遠征は、マッタリ乗用車で (^^)

先週末の「第2回 神子原旧車会・部品交換会」へと北陸遠征を現実のモノとした一番の引率者はやはり ETC 休日特別割引の存在が大きい。
 
昨年の同時期に
錆道楽さんのブログを通じて知った時は、遠い地の果てで行われてる旧車好きのイベント! であり、まさか次回の開催となる今回 出店(出展)参加とまでは行かずとも その地に居ることなど夢にも思わなかった。 
 


そんな今回、この北陸遠征の為に購入した ETC は予約から2ヶ月余りで入手する事となり、その初起動がまさに今回となった。

北関東道の太田桐生 I.Cで、ETC 初体験となる♪
本当は、一月ほど前に東北道を使って山形市まで往復した時に使いたかったのだが、如何せん入荷待ちの期間だったのが惜しかった (^^;  


 
実は、ETCでの割引だけが北陸遠征のきっかけでもなかった。 
そこのはいくつかの要因があったのだが、その一つは中古車ではあるが春先にハイブリッド車の購入をしていたこと。
 
更には、それをきっかけとして遠征話をしたところ賛同者が居たことも重要であった。
何故なら、単車でならまだしも 乗用車で一人黙々と長時間運転するには寂しい気持ちがあったからだ(汗)
 
普通乗用車で走る退屈且つ安定した高速道路は北陸自動車道の滑川 I.C で降り、旧国道8号線まで出て左折し程なくして第一の目的地でもある
日本海食堂でチョット遅い昼食をとる。


 
ここは、錆道楽さん崔君さんのブログに時折登場してる食堂で、昭和の香りで咽せるくらいプンプンである(笑)
 
店内の琺瑯看板や映画のポスター等が現役当時から営業されていたドライブインである。
時間帯に因ってか 「居酒屋、寿司コーナー」も有るようで、それらを堪能するには あと一泊しなければならない(汗)

ちなみに今回の 神子原旧車会部品交換会にも協賛されていたのだ。 



朝、予定の時間に起きられなかったワタシは、ハヤロイドさんのモーニングコールで目を覚ますこととなった(大汗)
既に自宅に到着してるとの電話で慌てて飛び起きることとなり、予定していた出発時刻から裕に30分以上は過ぎてしまったのだ。。。
 
しかし、予定出発時刻も到着予定に余裕を持たせていたため、日本海食堂でノンビリ食事を済ませてから交換会会場に到着するにもまだ ゆとりは有ったくらいだ♪
交換会会場を下見してから今夜の宴会に備えての食材&飲み物と、翌朝食分の買い出しを会場先のスーパーで済ませる事とした。
 
会場に戻ると、今回 初対面となる神子原旧車会の面々は、錆道楽さんのブログでは顔出しNGではあるが、それでも誰がどのHNの方か直ぐに分かるくらいであった(笑)
主催者本部のテントが強風で吹き飛ばされるほどの中、挨拶も程々に我々のテント設営場所を指示して頂き、設営に励むがクルマを横付けにしてホイールに縛り付けなければ厳しい程 天候は荒れ模様であった。
 

 
悪天候の中 前夜祭の様なテント内での宴会風景はワタシ自身のカメラで捉えることも忘れてしまったくらい 時の経つのが早く感じた。 ハヤロイドさんや、錆道楽さん達のブログ記事とそれらのコメントで、ご確認頂けます)
 
さすがに翌朝は、前夜祭での食べ過ぎ飲み過ぎの影響で全く空腹感もなく、朝食として用意した 鍋焼きうどんはと言うと…
差し入れとして頂いた蒲鉾と共に、会場を後にした昼食としての役目を担うこととなった(汗)

折角のカセットコンロの活用を見越し 鍋焼きうどんを朝食に選んだが、会場外で食すことは想定外だった(汗)
なるたけ人気を避けるべく北陸道に入ってからの PA でコンロを使うことに… (^^)
今回は、ボンベも余分に持ってきたが、全てを使い切る勢いで活躍してくれたのも やはり想定外であった(笑)


 
その後 新潟に入るとトンネルが続き日本海沿いに走ってはいるが、なかなか海を見ることが出来ない。
親不知の辺りでは、国道8号線と重なるよう走るのだが、昔からの交通の難所であったことはそんな造りでも伺え知ることが出来る。 
しかし、海なし県で育ったワタシ達には、たまに見る海は憧れとだけ映る勝手さもある。
上越Jctで上信越道へ向かう我々には、残りの北陸道の半分以上はトンネル内の風景しか味わえない。

上信越道で「上田」「軽井沢」と通過する事に見慣れた風景に戻り安堵感から眠気にも誘われる様になってきた。
こんな時、交代出来るドライバーが居ることは頼もしいもんだ♪
 

 
前日に給油しトリップメーターを 0にし、自宅を出発前に確認した距離が15キロ。
神子原旧車会テント設営地まで480キロ。 無給油で自宅に到着したのが画像の通り 985キロであった。
その後 GSまで行き 45L程給油できたが、大の大人3人とトランク満載の荷物を考えると まぁ上出来であろう♪♪ 
 
移動に際した経費(燃料+有料道路代金)を3人で割っても、一人たったの 2,500円足らずであることは嬉しい(笑)
しかし、そんな事には代え難い楽しみを独り占めしながらダブワンで北陸に望んだ、
エビゾ~さんの道中記もとっても気になるところだ (^^)b 
 

2009-09-15(Tue)

神子原旧車会にて親睦を図る

先週末は石川県羽咋市で行われた「第2回 神子原旧車会・部品交換会」へと馳せ参じた。

ブログ上で仲良くさせて頂いてる方々に 北陸方面の方たちが多いように感じる今日この頃(笑) 
その方々が一堂に会すイベントなら我々石橋連合( ハヤロイド氏&KOSUKE氏&
エビゾ~氏&ワタ氏)が伺ったところで煩わしさもなかろう?と 一石二鳥な考えで計画を立てていた。

それは、6月に入って直ぐに主催者であり神子原旧車会・常任理事でもある錆道楽さんのブログに告知されてからのことだった。



告知されてから3ヶ月 指折り数えて待ち望んだ開催となる。
 
開催前の数日間は天候も穏やかだったが、よりによって当日は風雨に見舞われる事となった。 幸い時折晴れ間も見せただけ良かったと言えよう♪

崔君さんのメグロ500スタミナZ7型が、会場を見守るようにたたずむ。



「昭和なつかしの車展示会」へは二輪・三輪・四輪問わずで、しかも自走や搬送も含め多くの参加車両があったようだ。

昨年も参加されていたダットサンも見られるが、キャリアカーに積まれたクルマ達はどれもオモチャの様にさえ思える佇まい(笑) 



昭和30年代以前の国産重量車が一際目立つ。 
ガレージセールのブース内ではあるが、これらの車両は骨董趣味人の目の保養となる特別展示車両となる。

国産モーターサイクルの技術の向上は、他国の優れた製品のマネ事から始まったのは有名過ぎる話。
そんな生き証人でもある 岩田産業のBIM や みずほ自動車の キャブトン と 目黒製作所のスタミナ号 各500ccの重量車は、当時としても超高級車であった(汗)



4輪車の展示は昭和40年代がメインで、特に何処のイベントでも幅を利かせてる様に思える日産スカイラインの類は目に付く。
ホンダライフを始めスズキフロンテやスバル等の軽自動車はなごませてくれる♪
 


土曜日の夕方からの開催となっていたが、土曜の晩まで台風並の暴風雨により本格的な出店開始は日曜の早朝からとなった。
土曜から好天が続けば3倍ほどの出店も見込まれた様だが、時折の雨模様でもなかなかの盛況振りではなかったかと思われる。
 
もし、好天で出店数も予定通りであったなら、それだけ見て歩く為に 疲れも数倍となったかと思うとゾッとする(笑)
出品されてるモノへの品定めと、展示物の内容の濃さは次回も足を運ばせてくれる期待にも繋がった♪
 

 
土曜日の夕暮れに 日本海に沈む夕日を望むことは出来なかったのは少々悔やまれるが、それも次回の楽しみに取っておいて、また合う約束を誓い 石橋連合の自称 人○キラーと神子原旧車会のホープは固い握手で別れを惜しんだ(顔出しNGとの事で一部画像処理してます)
 
錆道楽さま始め神子原旧車会イベントスタッフ一同さま、大先輩さま、万年NAさま、美味しい差し入れを頂きましたそねさま、この場を借りて感謝致します。  ありがとうございました♪ 次回もヨロシクお願いします (^^)/ 
 

2009-09-11(Fri)

メグロの末っ子

昭和30年5月に発表した 目黒製作所としては 初の原付バイクが、このパンフレットで見られる “ メグロ125ccレジナ号 E型 ” となる。
そのパンフレットの上にさりげなく置いてあるのは、レジナ号用のテールレンズだが、未使用新品だ。



に奥に部分的にだが見えてるマフラーもレジナ号用に用意された未使用品(保管状態は悪かったが…)である。
 
改良型となる E2型にバトンタッチされるまでの 丁度2年間に生産された台数は、およそ 3,400台であるが、既に半世紀を過ぎた現在でも姿を見ることが出来る 生き残りは何台あるだろう?



ワタシは今 目の前にある希少な一台を後生に残したい! なんて大げさな意味で所有してる訳ではない! 単なる物欲を満たすために持ってるのだ(笑)

目黒製作所も末期の頃には、2ストロークエンジンを有すモペッドタイプで最小排気量車となる アミカ50を発表したが、実質的に市場に出回ったのかも不明な機種であった。



2代目となる レジナ号E2では フルワイズ化された前後ハブにフルチェーンカバーを始め オイルタンクが大型となり工具入れの形状と鞍型シートスタイルへの変更などなど… だが、全体的なスタイル変更はされなかった。

メグロの王道を行くスタイルを継承する機種の最小排気量車は レジナ号と堂々と言えるが、そのスタイルも改良を重ねる毎に骨太となり、フルモデルチェンジとなる3代目E3に至っては完全にスタイリッシュさは失われてると言えよう(汗)



これも 初代レジナの特徴であるが、小さい機種のくせに生意気な風格を見せるメーター回りは、電流計の他 速度計の両脇にインジケーターランプを装備する。

二つのランプの役割は、それぞれ変速機の位置 ニュートラルとトップの位置を知らせるモノ。
 


メグロ初のミッション一体構造のクランクケースを持ち、当時としての125クラスでは珍しい4段変速を奢られる。

現在、ハンドルの角度が上向きとなってるが、後ほど標準位置に戻したい (^^)



燃料タンクのメッキ部との塗り分けにかけて大きく塗幕が剥がれてしまってるが、それ以外には見苦しい感じではない。
そりゃ~再メッキ及びリペイントなどの化粧直しをするのも悪くはないが、半世紀以上を生きてきた風格を失うことにもなりかねない。
綺麗に仕上げるのも悪くはないが、それによって失われたモノを取り戻すのは不可能に近い。

丁度、ストックしてるマフラーも違和感ない風体になってる。 テールレンズも共に装着して完品状態に近づけるのも良いかもしれない(笑) 
小さなメグロだが、大きな存在感を醸し出す貫禄は十二分にあるのだ♪


* もしかしたらこの記事は、後ほど「ファン限定」の枠に移すかもしれないです (^^)b 
 

2009-09-08(Tue)

CB ツインカム世代の勇

今更ここで詳しい説明をするまでもないが、ホンダが世界中のバイクメーカーのトップとして君臨するに相応しい車両を目指して立ち上げた企画機種、それが CB1100R となる。
そしてそれがスポーツバイクであるなら 市販車レースにも勝って当然! とばかりに カストロール6時間耐久レースでデビューウィンを飾る♪

それは昭和55年1月に開発開始してから1年足らずで世界最強の市販車を創ったのであった!  当初 1年限定生産の予定だったが、好評により改良を経ながら結果的に4年ほど生産することとなった。

その輝かしい成果は、今も尚色褪せることないばかりか、現行の機種にもその偉業にすがるかの様な意匠の継承を見ることが出来る。



ベースエンジンは CB900F を使いモディファイされて行くが、外見的にも容量26Lのアルミ製燃料タンクを始めカウルやフェンダーなどはFRP製と手造り感の多い市販車となっていた。

確か!?フレームの材質も一般市販車と違っていたと記憶するが… いずれにしても世界のトップブランドに相応しい手の掛けようだったのは間違いない。



そんな初代のカウル付きモデルとなる ホンダCB1100Rb-Ⅱ が画像の車両となるが、立ち上がり初期段階の数十台はまだカウル装備が間に合わずノンカウル(Rb-Ⅰ)となった様だ。
しかしこのカウル装備車両としても、カウルデザインは先行発売されていたCB900F2 やCBX1000 のツアラーコンセプトを継承したモノで 開発陣の意にそぐわないモノであったと言う。
 
カウル付き2代目からは、専用のカウルデザインとなり色使いも3色のトリコロールカラーと派手になるが、この初代だけはナショナルカラーとなる白地に赤を採用された。



ここまで違わなくても良いのでは? と思ったのがガラス製のライトカバーである。
材質は違えど CBX1000 等と同様のスタイルのカウリングに填め込まれるライトカバーも専用部品となり、下側に小さく SC05 (型式番号)の文字を見ることが出来る。
もしかしたら厚みも抑えて軽量化を目指してるのかも?



この車両が発売された当時のフルカウリング装着車は、 BMW やドゥカティ等のトップクラスのみでその存在感には圧倒されたものだ。
今ではカウリング装着は珍しくも何でもないが、当時は憧れ以外の何物でもなかった♪
 
今回は、7年ぶりくらいに公道復帰させる整備の為に入庫。 キャブレターを外されたまま現所有者が放置してたので、その辺のメンテと車検整備がメインである。
前所有者の頃にカウル類のリペイントが行われてデカールの貼り付け位置など気に入らないが、その他はマルゾッキ製リアサスを除いてほぼフルノーマルを保ってる。 車体番号も150番台と若く動態車両としては貴重な存在ではないかと思う。
 


前回の車検が切れて乗らなくなったまでは 通常に走行出来ていたとのことで、オーナーには注意だけを促して納車したのだが…
CB750F系でもこのスパークユニットは泣き所であった。

この対策前のユニットも今現在は何ともないとは言え、時間の問題で不具合を起こすであろう!?と… 


 
それは納車後早々に症状が現れたようだ(汗) 久しぶりの 1100R での走行に体も慣らしながら速度も上げて行き、およそ150km/hほど出した直後にガス欠の様な症状になったと言う。
その時は その症状通りにガス欠かと思い何とか走る状態から燃料補給をし帰宅に至ったが、 後日同じ様にスピードを上げると燃料が満たされてるにも関わらず同じ様な不具合が発生したとのこと… そのままワタシの所に辿り着き詳しく聞くところに由ると電気系統の疑いあり! 一番懸念していた箇所しか疑いようがない!
 
そそくさとシートカウルを外すオーナーである
印刷屋さんも、ここまで不具合が起きれば観念するしかない(汗)
 


手前に写る二組が今まで装着されていた問題のスパークユニットである。
裏側から充填されてる樹脂が溶けてしまってる。 スイングアーム辺りまで流れ落ちた樹脂は埃が付いて無く真新しいので今回の走行で垂れたことも裏付ける。

奥に写る二組が対策されたモノで、一見して違いが分かるように赤の配線被覆とされている。 たまぁ~に入庫するF系車両の為に在庫しておいて良かった♪
脱着は、ボルト1本とカプラー2ヶ所だけで簡単に復帰出来る! その後同じ様な走行テストをしてもらったが、全く不具合なく快適な走りに戻ったそうだ(笑)
 
今週末は、ツインリンクもてぎで CB生誕50周年の企画イベントが予定されてる。 CB1100Rオーナーズクラブにも所属してる彼は、都合が付けば参加したいと言ってはいたが なかなか家庭の事情が許さないかも?(汗) 
 

2009-09-03(Thu)

過ぎ去りし 納涼ツーリング

今となっては、画像をみてるだけで懐かしくなってしまうくらい遠い過去の様… と、までは大げさだが、まだ一ヶ月も経ってない お盆休みの最終日。

その前の週となる、ワタシはラウンドラリーに参加してる最中に「盆中のツーリング企画」の話が舞い込んだ。
内容的には、単純に暑いので涼しい場所へ走りに行きたいね! ってことだが、既に涼しい東北を走り回ってる最中なので、ピンと来なかった。
もしかしたら、ラウンドラリーで精魂尽き果てた挙げ句、盆中には親戚の家に行ったり等々 16日予定のツーリングに参加出来るか判らない状態だったので、最後まで参加表明は見送ったくらいだ。


 
とは言っても、盆中に仕事を持ち込む人は少ないもんだ。(14日には途切れなく人は来るし、15日にまで来た人は居たが…)
今回は、
ダブワンで参加しようと前日の夕方になって 久々にエンジン始動! 数回のキックの末 程なく目を覚ましたが…
燃料コックのパッキンがカラカラに乾ききってしまったのか、ポタポタとガソリンが落ちる。 パッキンを外すと弾力はあるので、馴染ませるようにコックにセットし直して事なきを得た♪
しかし、そんなことに気を取られてしまったのが後に響いたのだ(汗)

それは、当日になって近所のダブワン仲間と集合場所に向かう途中に発覚する!


 
前日は、エンジン始動と簡単な空ぶかしのみで、コックからの漏れに翻弄されたため、走行確認までに至らなかった。
当日になって実際走り出してみたら… スローは悪くないものの中速域でボコボコ!パツンパツン!! 非常に具合が悪かった(汗)
 
集合場所までは、がちょさんのガレージを経由して20キロくらいは有ったが、そこまで行って走行不能になっては帰って来れない(大汗)
でも、今時点で走らないわけでもないので、行けるところまで行ってしまおー!! てな安易な気持ちで、一向に良くなる気配が無いままに石橋連合の面子が揃う集合場所に!

仲間の顔を見ると安心してしまう♪ しかし此処で見送りするのも面白くないので、現状を確認する為にプラグの焼け具合をチェック!
燻ってる感じでもないので、燃料系の不具合は間違いないだろう! 思い起こせば
最後に始動させたのが 3ヶ月以上も前(その間キャブ内のガソリンが循環してない)だったのが一番の原因だと感づいていたからだ(汗)


 
エンジンは苦せずして始動出来てしまうので、つい先に進んでしまいたくなる心境なのだ。
不安定な状態のキャブの中身を想像しながら騙しだましスロットルを操作し、次なる休息ポイントとなる
矢板市にある県民の森へ、やっとこさ辿り着いた(この言葉通りであった)
 
ここに来るまでも多くの緑に囲まれて空気も新鮮な感じで気持ち良い♪ ハズだが、そんな気分を味わってる余裕はなかった。
時折アフターファイヤーを放ちながらでも走ることが出来てるので、それほど深刻とも思ってなかったが(笑)

それにしても自然とマッチする W1S-A のカラーリングだこと(笑) バルボリンのステッカーは お世辞にもマッチしてるとは言い難いが…(^^;


 
石橋連合の走りはいつでも熱いわけではない! 走りを堪能したくて単車を駆ってるだけではなく、その仲間達との親睦も大切にする(笑)
もっとも、熱い走りなんて滅多にないが…(笑) しかしその中でも生まれも育ちも東京23区内で、現在でも都内に在住の
がちょさんだけは何故か首にタオルを巻いて都会人の余裕さをアピールしてる?(笑)

この先ここでの休息が功を奏した様で、ワタシのダブワンの不調は 自然治癒の方向に!?(笑)
 


塩谷町の東荒川ダム脇を通過し、竜王峡を左手に見ながら北上し、栗山方面から大笹牧場に向かうとする!
霧降高原の方なら更に涼しいであろう!?と向かったのだ!
 
途中、川治ダムの先にある田茂沢トンネルを抜けた八汐大橋での画像!



観光名所である大笹牧場で昼食とするには、混むのを覚悟でないと! ってことで、混むのを望んでまで焼き肉は食いたくない(汗)
せっかく涼を求めて来たんだから、サッパリしたのを喰いたい♪ 
となると無難な所で日本蕎麦となり、誰かが以前寄ってハズレじゃなかったお店をチョイス! 内容的には、機会があったら又来ても良いね♪って感じ(笑)
 
この昼食ポイントまでは、当初の愚図つきなど何処へやら!?って感じに調子は復活してきた♪



いつもは日光方面から向かうことが多い大笹牧場だが、何年振りに栗山方面から登ったか?? たまに違った方向から景色を見るのも新鮮な感覚である♪

そんな大笹牧場は… 予測通りの観光客の多さと、想定外の気温の高さでノンビリくつろぐ気持ちなど湧かなかった(汗)
相変わらずバイク乗りは多く押し寄せるが、特にアメリカンなスタイルの単車は幅を利かせてる様だ。

そんなアメリカンで暑い大笹牧場では、アイスクリーム&牛串だけを食べるとして、更なる涼を求めて進むこと10数分…



名の如く いつもは霧が発生してるか、ガスってて遠くまで見渡すことが出来ないことで有名な 霧降は六方沢橋で小休止。

眺めは期待しないが、涼しければ良い♪ と思って単車を降りてみたら! なんと!珍しく遠方まで見渡せる清々しさ♪♪
ここまで来てやっと今回のツーリングの目的である “納涼” を味わうことが出来た♪

滅多にない絶景を味わえるのに フルスモークのシールド越しに見るのは勿体ないですよ!がちょさん(笑)



すっかりツーリングの目的も果たしたことで、下界に向かって降りること30分足らずで、容赦ない暑さは出迎えていた(汗)

解散地点とした日光市(旧今市エリア)のコンビニでもまたアイスを頬張って談笑に浸るが…。
今から ほんの半月程度前の出来事であるが、そんな暑さも懐かしい感じがしてしまう今日この頃である(笑)

週末には、またツーリングの誘いがあるので、ダブワンの本調子を出すようにしないと! 納涼ツーでは自然治癒の様に乗ってるうちに蘇った感じもしたが、完治してるハズもなく他の面にも悪影響を及ぼしかねないのは判ってる。
時間を作って軽くメンテでも行うこととするか!(^^)
 

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR