2019-03-16(Sat)

痛し痒し。 



毎度スバルR-2ネタが続きます。 公道復帰させて1年4ヶ月ほどになり、手元に来てからだと4年目となる。

趣味のクルマとして縁あって入手したのも、その成り行きはワタシから欲しくて触手を伸ばしたのではなく、前所有者から乗らないか?と連絡を頂き、機種としても嫌いじゃないから。。。 程度のノリで承諾に至った。 とは言え、前所有者の思いを汲んで、その先 成し遂げられなかったことを引き継ぐ形で乗ってあげることが一番の見返りかと。

なんて勝手なことを書いたが、前所有者はそんなこと微塵も思ってないかも知れない。 でも、少なくともワタシの所有する多くの単車やクルマは、それまでの所有者の思いを汲むつもりで持ってるモノが多いのだ。

商売として転売・売買する車両もあるが、それらにしても間違っても「大切にするから」などと懇願したりで入手するモノは皆無だ。 その点に於いては、当て嵌らない方々も居るようで、色んな考えを持つ方が居るのが世の中なのだろうが。。。

まっ、そんな話は置いといて、今回はスバルの前所有者が時間の都合で成し得なかった(たぶん)中の一つの足回りのリフレッシュの仕上げ。
後輪左右から始まって、前輪の右側を追加で仕上げ、残すは前輪の左側のみとなっていたが・・・。



先ずはホイールドラムを外すのだが、何故 この箇所だけ先延ばしにしていたかと言うと、見て分かるだろうか?
ブレーキオイルが漏れて、ライニングは元より至るところに飛散していたのだ。

って、それなら真っ先に着手するべきではとも思ったが、右前輪はドライだった割に、片効きを感じるほどではなかったので、深刻に思わなかったのだ。



ホイール・ドラム側は放射状にオイルが飛んでいたのが丸わかりだ。

ライニングとの当たり面など、思った以上にテカテカになってる。



ひとまず分解清掃で漏れの原因を探る。。。



何て、探るまでもなくホイールシリンダーが劣化(ピンホール)してるのが漏れの一番の原因なのは分かってるが、重要なのは程度問題だ。

案の定 ピンホールは確認できたのだが、その箇所に結晶化した硬い残留物が付着していたので、意外と漏れの原因の多くがそれだったりして!? とも楽観視してみたり。(画像は拭い取った後の状態)



新しいカップは前々から用意もしていたので、これは考えることなく交換したのだが、このシール部が作動してる時にピンホールを跨いだ動きをするかが肝となる。

余談だが、奥に見えるチューブ式のブレーキ用ラバーグリスは、ワタシが昭和時代に勤めていた時のモノで、未だにチビチビ使ってるのだが、35年近く過ぎても劣化した感じがないのはオドロキである!



ライニングは前所有者時に張替え交換したので、残量はバッチリだが、ブレーキオイルが染み込んだ状態だったので、本来なら要交換とするべきだが、ひとまずパーツクリーナーで十分脱脂して再利用することに。

ホイールシリンダーも新調したいところだが、手持ちがないのでクリーニングのみで組み付けた。

もしこれで再びオイルが減る・漏れるようなら、ホイールシリンダーのオーバーサイズ加工など引き受けて頂ける業者さんもあるようなので、そこに依頼することになろうかと。。。



続いて、ホイールの組み換えとドラムのリフレッシュを行うために分解。

これまでのホイールは意外にも内部の腐食は少なかった。



ビード部分に漏れ出たブレーキオイルが留まってるのが伺える。

タイヤは再利用するので、クリーニングのみ。



合わせホイールの内側は、純正品に準じた色(ガンメタ)で塗りあげておいたモノを使う。



表側は本来ホイールキャップが装着されることを前提として、そのキャップを挟める爪がホイール内側にセットされてるのだが、車両の入手時には全輪爪なしのタイプに変えてあったために、コツコツ集めて仕上げておいたモノを使う。

装着ビス類も富士重工のマーク入りのモノを再クロメートメッキで仕上げたモノでセットする。



ドラムは本来アルミ地で鋳出しのままのようなのだが、ビーズブラストで仕上げてアルミコートスプレーの吹付けで、ホイールとの質感を少しだけ変えるようにした。

実は中古だが、ちゃんとキャップも用意してあるのだ。 しかし嵌めると爪の塗装が剥がれたり、ホイールの塗装を痛めたりなので、躊躇してる状態。
折角爪付きホイールを用意しても、キャップを嵌めなきゃ無意味な爪だが、キャップを嵌めると傷が付いたり、機能的なドラムフィンやそれらを仕上げた見た目に蓋をする形になるので・・・。
キャップをすることで、車両全体としての完成形にはなるのだが、痛し痒しだ(苦笑)



先日の越谷市しらこばと公園でのイベントには間に合わせたが、肝腎なオイル漏れは今のところ外からでは確認出来ない程度なので、現状でしばらくは様子を見たい。

ブレーキの効き具合も、あれだけオイルが回っていた状態から察するに、格段の違いを感じるかと思ったが、それまでも見た目ほどの悪さでもなかったこともあり、チョッと良いかな?程度だ。

このまま落ち着いてくれるのを期待しながら、今後も走り続けたいと思う


スポンサーサイト



2018-03-31(Sat)

水戸藩カブ 30周年 & スーパーカブ生誕60周年 と、R-2の試運転


これまた2週間前の3月17日土曜日)の話。

先の記事の最後に、スバルR-2 のスタータートラブルの件を書いたが、その時にスターター修理を電装屋さんに依頼したが、それも2度目の修理で当初の不具合の払拭に至った。

スターターを摘出するには、先にキャブレターを外す必要がある。
そこで、折角なのでキャブレターも化粧直ししようと、既に別のモノを用意 スーパーカブC100のキャブより安価にヤフオクで落札してリンク類の再メッキなどを施したモノと交換する。



画像左側に見える、リンク類が錆びてる方が今まで装着されていたキャブで、燃費もイマイチだったモノ。



今度は逆側からの画像で、左側が今回装着予定で リンク類の再メッキを施したキャブだが、慣れてないワタシには複雑に感じるリンク類の再装着も元のキャブと照らし合わせながら行った



単体で組付が終わったキャブレターを装着確認してるところ。

このあとに、ご近所数キロの試運転を行ったが、キャブの付きなどイマイチしっくりこなかったので、油面などの再調整などしては試運転を繰り返し、妥協点へと探りを入れる。



この日は水戸藩カブの集まりがあったものの、このR-2での参加も見送る予定ではいたが、何とか自走出来そうなので、燃費の確認を踏まえ14時を回った頃には出発とした



道の駅 サシバの里いちかい で小休止するが、その前に燃料満タンで、前回「 U1000 in しらこばと公園 」に行った時の燃費を把握することに・・・・ その時の燃費はおよそ10km/L 程度で決して良くない状況だった
 

でも、今度のキャブも適当な油面調整程度の差なので、さほど期待はしてないのだ



星ふる里に到着出来たのは16時を少々回ったころだが、ワタシとしてはいつもよりも早目に着いたつもり

だが、既に多くの人たちが、それもいつもよりも多くの方々が集まって来ていた。



今回は、「水戸藩カブの30周年 & スーパーカブ生誕60年を ダブルで祝う特別な集まりであり、日本酒の樽まで用意され、その鏡開きの予定時間が16時だったそうで、特に大勢居たのだった。

そして予定より遅らせての 16時50分頃に いよいよ始まるのであった
 



この日 泊まらずに帰られる方以外に振舞われた樽酒は、飲み口も良く 泊まらずに帰る予定でもあったワタシも雰囲気に飲まれて 1杯2杯と口にしてしまった



明るい内から乾杯  で良いんだろうか

もちろん、この流れに乗って泊まりとすることで、更にアルコールを頂くこととなった



日も暮れた頃にはあちこちで話の輪が出来ていいたが、ワタシはホンダの元ワークスライダーでもある菱木さん水戸藩カブの主宰である阿久津さん達とテーブルを囲うが、菱木さんは何やらスマホと格闘中であった



20時を回る頃には、恒例の水戸藩オークションを行うが、今回は一際盛り上がったようで、なんせOHVのスーパーカブが2台も出品されたのだった。



一台はナンバー取得までし、一通りの整備もされて走り回ってる車両であり、もぉ一台は未再生ではあるが、コンディションはマズマズのモノで、それを見定めようとする方々で隙間がないほどだった。

2台とも水戸藩カブならではの仲間内価格で早々に引き取られて行ったほどだ

この日は、日付が変わって1時半頃までのお付き合いで床に就くこととした



翌 3月18日日曜日御前山 星ふる里の朝食は毎度ながら美味い

朝食を頂き、食器の水洗いをし、布団を揚げて 少々早いが帰り支度を始める。



これから芝生も青々とするのだろうが、次回はGW期間にツインリンクもてぎで行われるグッドオールデイズの前夜にお会いできると良いね と、お別れして帰宅する。



星ふる里で頂いたスーパーカブ生誕60周年の感謝のパンフレットと、付属のステッカーや八重洲出版からMCクラシック誌のステッカーセットと、差し入れで頂いたご当地名物の「船納豆」など・・・・

御前山に向かう途中入れたガソリンスタンドから、燃費を測るために100kmほど走った帰り道のガソリンスタンドでの給油で今回の燃費計算したら、16km/Lオーバー と予想を超えての好燃費だった。

帰宅してから、点火プラグの焼け具合を確認したら、まだ若干ではあるが燻り気味だったので、絞れる=燃費を伸ばせるようだが、2サイクルのクルマ乗りのビギナーとしては、焼き付くリスクの警戒感で、再調整は見送り まだしばらくは現状で乗って行こうと思ってる

結果的には、スターターもキャブレターも良い方向で納まって良かった



2018-02-10(Sat)

矢先のトラブル


ちょっと更新をサボると、書き留めておきたかった記事も アッという間にひと月も過ぎてしまった
まっ、基本的には自分自身が後々に読み返す時の記録なので、忘れない程度に書いてれば良いんだが・・・・ 

で、今回のは そんな正月の頃にクルマのイベント( 第4回 佐野ニューイヤークラシックカーミーティング  )に乗って行こうと準備してた1月5日金曜日)頃の出来事



イベントの2日前に燃料満タンと決め込もうとGSに出掛ける矢先に、それまでスムーズだったエンジン始動が困難になってしまった(画像は、その時のモノではない)

スターターの回り方が重いので、バッテリーが弱った
 と瞬時に思い、バッテリー電圧を測るが決定的な電圧不足に思えない。
念の為に他の元気なバッテリーにブースターで繋いでリトライしたが、代り映えしないのと、即座に押し掛けを試みると始動後は何事もなかったように好調なため、スターター本体の不良と判断。

今回は別の手段で見学に行こうと子供に話してみたが、先に押し掛けを手伝って好感触を得たのか、押し掛けするからR-2で行こう って
出掛ける時から押し掛けってのは さすがにワタシとしては気が引けるので、ダメ元でスターターの復活を試みることにした。



と言うのも、キャブレターの下側を覗けばスターターが見えるので、キャブレターを外しさえすれば、スターターを引き出せるだろうと思ったからだ。

逆に、これが何処にあるのかも分からない状態なら最初から自動車屋さんに任せて、このクルマで出掛けるのは辞めようとも思ったほどだ。



先ずはエアクリーナーボックスを外し、続いてキャブレターを外す。

スターターは配線数本と、本体はナット2本で装着されてるのみの様だが、見えない側は手探りで緩める。



取り外しは当初思ったよりはスムーズに行えたが、再び装着されるのは数時間後か、数日後か はたまた・・・・



スターターのみで作動テストを行うも、結果は同じだったので、スターターが用を足さなかったのは明白になった。

次は、その原因を探るべく分解してゆくと、内部から真鍮製と思われるワッシャーの成れの果てが顔を出した
このワッシャーが悪さをして、通電させてはダメなところも構わずに暴れていたのか
 と、即取り除いたツイデに内部に蓄積していたカーボンもクリーニングし、回転軸にグリスを塗布し組み立て直ししての再度通電作動確認を行うが、残念ながら良い結果は得られなかった

朽ちたワッシャーに気を取られ、カーボンブラシの当たり具合のチェックをし損ねたのだった。
3箇所あるカーボンブラシの内、小さめの2個の残量は少ないのは気になっていたが、改めて分解しブラシの当たり方をチェックすると、現状の減ったブラシに対し、スプリングが押し切ってないことが判明した。

カーボンブラシを交換すれば事なきを得そうだが、持ち合わせはない。
そこで、スプリングのテンションを上げる方法として、ブラシが押し付けられる方向に曲げてみることで解決した。

再度、通電させて作動確認を行ったが、上々
こぉなると気持ちも軽く、組み付け作業はトントンと進む

組み付け後のクランキングは今までよりも軽やかに且つ勢いよく回ってくれるようになったが、実はこれが本来の回り方に近いんだろうと再認識したのであった。

そして、翌日試運転代りに燃料給油へと出掛けて、良い感触を得ての



今後、スターター不良が発生した時は、迷わずブラシの消耗と判断出来るので、慌てることもないだろう

2009-02-17(Tue)

世間の評価は、環境に優しい方を選ぶ?

久~しぶりにクルマネタとなります。 クルマと言っても趣味のエスロクとかロータスとか… ではなく、普段の足に使うクルマのことでして…(汗)

昨年秋まで7年以上乗っていた平成3年型のスズキジムニー660幌車の車検切れ直前に考えたこと… 
そもそも とある成り行きで購入した車輌だが、ワタシ自身が足に使うには四駆の必要性が全くない(汗)
ジープタイプなのは、まるで猫に小判の様なもの、メタルトップほど燃料は食わないまでも四輪を駆動させるシステムの重さは不経済であり、荷物を載せるにも狭さを感じる。
それで、このクルマを継続して車検を取ることにメリットがあるのか?? と疑問を持ち始めた。
 


そんな時にネットオークションを活用して、このクルマを必要とする方が居たなら そちらで活用してもらった方がクルマにとっても有り難いのでは?…と。
普段街乗りにしか使わないので、ラフを走った車輌の様な凹みも無いし、海無し県でもあり浜辺をクルージングした事もないので年式の割に目立つ腐食も無いのは評価高いだろう♪
良い音がする社外のステンレスマフラーやレカロのシート その他 程々に社外キットを装着済みなので、その点も含めて評価高いかな??なんて(笑)
 
同じモデルを出品されてる方々をチェックして相場を調べ、出品スタート価格を検討し いざ出品!! 数日後オークション終了日にも直接問い合わせで引き合いがあったが、終了時間数秒前に入札された方に決定し、競り上がりはしなかったがメデタク落札の運びとなった♪


 
気軽な足クルマが無くなってしばらくの間は トランポで用を済ませたが、単車も乗せてないのに無駄に大きなクルマで移動するには更に不経済である。
そんな時に前々から気になっていたハイブリッド車を検討してみるも、予算の壁は高くとてもじゃないが手が届きそうにもない(汗)

趣味の単車も含めて新車など興味もないワタシが、いざ足クルマとなると新しいモノに目がない!!な~~んてことは毛頭ない(笑)
かつては大手メーカーの地方ディーラーで働いていた事もあり、新車などゲップが出るほど乗り回していた(他人のだけど)。 今更新車にコンプレックスも未練もないので、迷わず中古車を選ぶが…。
出たてのハイブリッド車は、電池の寿命が10年くらいだとか??それじゃアトムが宣伝した最初の型式じゃヤバイ!!(汗)
と思って更に調べると… そのマイナーチェンジ後のモデルは半永久的な電池に切り替わったとか??

そんな訳で購入したのは、初代のマイナーチェンジモデルのプリウスとなった。


 
そ~は言っても予算をクリアー出来るハズはないと思って、当初はホンダフィットかトヨタヴィッツが候補に上がったが…
それはそれでネットオークションの良いところ♪ 低価格売り切りスタートから勢いに乗り損ねたのか? エッ!?って思う価格で終了してしまった。
そんな時は決まって入札者の取り消しが行われて、オークションも仕切直しとなりがちでシラケルのがオチだが、今回の出品者(業者)さんは 良心的ってか潔く終了価格で本決まり!!となった(笑)

ワタシも何台かネットオークションでクルマを落札してるので、出品者(業者)さんの善し悪しを見分けるコツも掴んでる♪
しかし、今回は全くタイミング良くネットオークションを活用できた! なんせ、実質車検切れの平成3年の軽自動車が落札された価格で、それより10年も新しく更に車検も1年以上残ったハイブリッド乗用車を陸送料から名変代、更には任意保険の入れ換えでの差額までコミコミでもお釣りがくるくらいなのはラッキーだった♪♪
 
つくづく新しいモノに興味が湧かない性格は得だと感じた… 言い換えれば 貧乏性なだけなのだが…(^^; 
そんな任意保険の書き換え手続きをしてる最中に、思わぬ客人が来た♪


 
ここから少々本題と逸れますが… ゴードンさんのブログにした 信州のW3さんのコメントで、そんな予感はしていたのだが…、全くの連絡ナシでのサプライズとなった(笑)
上州の鉄人29号さんハスラー125を譲り受けに真岡まで足を伸ばし、その運び役として信州のW3さんが一緒にやって来たのだ!
 
これからこのハスラー125を どの様に仕上げるか!?現状でも試運転くらい出来たようなので それほど公道復帰には遠くなさそうだが、今後の扱い方次第で仕上げの方向性も変わって行くだろうから先が楽しみだ♪
こちらもなかなか古物好きにはたまらないオモチャとなりそうである(笑)
いやいや、ワタシのは楽しむ為でなく実用的な足であった!(^^) 
 

2008-11-24(Mon)

今年最後のスーパーカブ50周年イベントと、ついでのエスロク

本日は、ツインリンクもてぎに於いてホンダの主催で「Enjoy Honda」(Honda Racing THANKUS DAY)なるイベントが開催される。
毎年この時期に、今シーズン世界中のレースシーンで活躍した2輪4輪のマシンと現役ライダーによるパフォーマンスをファンに披露する 感謝祭の様なイベントを行ってる。
 
そこで、今年は “スーパカブ誕生50周年” にちなんで 『スーパーカブ スペシャル ミーティング』 と題したスーパースピードウェイ(オーバルコース)のパレードランが行われる。
こちらもあくまで、ホンダ製品をご愛好頂いてるオーナーへの特別プログラムの様だ。
 


これが、今回の招待券代わりとなるステッカーであり、ヘルメットの右側面に貼ることを指定されてる。
このステッカーに因り、ツインリンクの入場はもとよりプログラムへの参加が許されることとなる。
 
尚、招待券の説明に因ると、「使用時間が終了次第、剥がしていただきますようお願いいたします。」 となってる。
スーパーカブのサイドカバーの形態をあしらった特別ステッカーであり「再剥離タイプ」なので保存する方が多そうだ(笑)


 
ワタシは今年の4月にかつてのホンダファクトリーカラーにペイントしたヘルメットを着用する予定で、昨日ステッカーを貼り付け準備をした。
カブ系車輌には 実におこがましいカラーリングスタイルのヘルメットとなるが、着用するワタシ自身恥ずかしい気持ちである(汗)
実際、ペイントして半年以上になるが、新品状態のクロムウェルには未だに購入時の値札が着いてるくらいだ(笑)
 
以前も書いたと思うが、ホンダ創立50周年の頃に製作されたファクトリーカラーのお椀型ヘルメットは、現代の規格に合わせた帽体になる為に個人的にはとても馴染めないでいる。
そんな創50のヘルメットよりも何年も前から製作しようとヘルメットは15年以上前から用意していたモノであった。 そして本格的着用はいよいよ本日となる(笑)
 

 
そして、個人的には物々しい意味合いのヘルメットを着用して操る単車はと言うと…、 ペダルが着いた海外現地生産初の専用モデルでポートカブ系のヘッドを持つ昭和38年式ホンダC310となる。
昨今は「スーパーカブ誕生50周年」にちなんだイベントが多いこともあり出番も多くなってる(笑)
 
今月始めにも青山にあるホンダの本社で行われた
カフェカブミーティングでは、正式名称に「カブ」と入らないまでも章典にも選ばれ墨付きを貰った♪

ついでだが本日は、小春日和とも言える風もなく穏やかな暖かさに誘われて半年以上振りにホンダスポーツを表に出して走らせてみた!(笑)


 
折角なので、ドアップ画像を一枚☆
グリルに着くバッチは、まだ昭和の頃にクラシックカーの走行イベントとして筑波ミーティングに参加した時の記念バッチである。
その時は、この車輌ではなく、同じホンダではあっても昭和42年型のN360でのエントリーであった。その車輌は平成に入って間もなく手放してしまったが実に名残惜しいモデルでもあったが、残しておいた記念バッジは色合いが良いので、このエスロクを乗り出した頃から装着してる。

因みにヘッドライトは、マーシャルのW反射を使用。 マーシャルヘッドランプは昭和の頃から愛用していて2輪4輪問わず個人的な装着率は高いのだ(笑)
 

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR