2016-10-01(Sat)

また2年ぶりの神子原部品交換会。 



数年前から9月最終日曜が定例となってる 神子原旧車会主催の「第9回・神子原部品交換会に参加させて頂いた。

ワタシ自身、部品交換会で何が欲しい
 と、取り分け欲しい物は思い浮かばないのだが、遠く何時間も掛けて参加するのは部品交換会が目的ではなく、その前夜祭で
神子原旧車会の方々との親睦が目的なのだ

とまぁ、そんな訳で前夜の飲み会に向けて
自宅を出たのは
9月24日7時を回った頃と、今までで一番遅い出発時間だ。
本来は6時半頃に出たい意向はあったが、昨年から参加同行希望だったがちょさんが、遅刻されてのことだったので。。。。
が、しかしこの遅れが後々チョッとしたサプライズの元となったのだ



前回同様2代目プリウスで、これまた前回同様のルートを辿るべく最寄りの北関東自動車道都賀インターから高速に乗り、上信越自動車道東部湯の丸インターで降りることとした。

降り際のサービスエリアで最初の休憩&軽い
食事を 
と、そんな時に聞き覚えのある声で、呼ばれた気がしたら・・・・ なんと毎回神子原に同行されるエビゾ~さんではないか

今回は趣味のカヌーのスケジュールと重なってしまい、神子原行きは断念した。
そのカヌーの方はリオオリンピックのメダリストが絡むイベントなので、外せないとのことだ。 

確かに長野で行われるイベントへ・・・ とは聞いていたが、こんなタイミングで会うなんて、がちょさんのお陰でもあろう
しかし、そんな偶然はこのあとも続くもんだ。



チャレンジ1,000キロで走ったルートを一部トレースしながら進み、野麦街道道の駅風穴の里でトイレ休憩ついでに、上の画像を撮っていた時だった。
この時は分かり得なかったが、画像の奥の方に単車が写り込んでるのが、実はたまたま休憩に入ったとちFさんだった

ワタシの存在に気が付き、この後 こちらに向かって歩いてきたのだが、やはり能登に向う途中での休憩だと言う。

地元でも会うことないのに出先で会う確率なんて、かなりのものだろう
でもでも、二度あることは何とやら・・・・ とも言うが、まさかね



チェレンジ1,000キロでは、安房峠を通り平湯から高山を経由するが、今回は安房トンネル平湯に出て国道471号線経由で道の駅細入まで来る。
ノンビリ走ってるので、時間は13時20分を回ったところ。



少々昼時を過ぎてはいたが、予測通り14時を回った頃に、いつもの店に着けた

その後、神子原の会場には16時前には余裕で到着したが、会場で準備するにはまだまだ早過ぎなので、神子原旧車会のKK会長さん宅に挨拶に行くこととした



思ってもみなかったラビットS601C2を目の前に、がちょさんが興奮状態で怪しい手付きでナデナデしてる
 
既に手中に納めた風な恍惚の表情に、元々の持ち主でもあったくんは、どぉ思うだろうか。。。。。

そろそろ時間なので、後ろ髪を引かれる思いで会長さん宅を後にすがちょさんであった



これからがワタシにとっての最大の楽しみ
 ってか、神子原に来た時点で、
神子原旧車会の方々をはじめ、この場に居合わせた方々との時間が一番の楽しみでもある


 
今回は宇都宮餃子を堪能して頂こうと、ワタシの一押しの店の冷凍餃子を仕入れておいた

錆道楽さんが仕込んでいたイノシシ肉もアレヨアレヨと無くなってしまうし、こんな場面で食べる材料は何でも美味く味わえますな
しかも腹がキツくなっても食べられてしまうんだから


 
京都から滋賀県や広島からも参加されて、当然ながら話は尽きないのだ
昨年のワタシは大雨に見舞われて参加を断念したが、その分を取り戻すくらいに楽しめた

それは9月25日に日付が変わってしばらくの間まで続くのだった


 
寝床はテントになるが、これは初参加の時からハヤロイドさんに提供して頂いてるもので、今回も活躍させて頂いてます。
初参加の時は、今は亡き大先輩さんくんさんも交えて、酸欠にならないかと思うほど大人数で、しかも焼肉宴会をしていた思い出の詰まったテントである


 
交換会の方はと言うと、終始穏やかな天候で例年並みに大盛況だったようだ。
そんな盛況ぶりを画像に納めることも忘れるほどで、帰り支度をする頃に気が付き慌ててカメラを向けるほど気も緩んでしまっていた
そんな少し閑散としてきた11時20分ころの

また来年も楽しませて頂きますと、12時近くには会場を後にした



パターン的に昼は富山まで戻り日本海食堂さんで満腹中枢を満たす

毎度のことながら、昭和レトロ感が落ち着かせてくれ、ホッと出来る空間はまさに国際コドモ秘宝館

13時半頃には店を出たと思うが、最寄りのインターから高速に乗るほど急ぎ旅ではないので、これまた昨年までのパターンで、国道8号線チャレンジ1,000キロのおさらいの様に新潟入りする




チェレンジ1,000キロの時に、この辺りでだろうか夕日をバックにスーパーカブを撮ってる方もいたが、そんな今回はここで小休止。

時間は15時半を回ったころだが、ここに寄る前にも30分ほど休んでいたので、そろそろ高速に乗ろうとも思う。



休息したポイントから程なくの親不知インターから乗ることにした。
ここはスペースの問題だろう。 料金所から本線に入る前に信号が設置されてる



以前エビゾ~さんがスーパーカブを真冬の富山に引取りに行った時に同行させてもらった、その帰りにうもれるほどの雪だったパーキングの風景が懐かしく思えた上信越道・妙高サービスエリアで小休止。

ここで時間は17時丁度のころ。



終始ノンビリペースで走ってきたが、栃木県に戻ったなら佐野ラーメンで締めたいのは毎度のこと。
だが、多くの名だたるラーメン屋さんは麺の品切れ=閉店時間になることから、週末など特に早々と閉めてしまいがちだ。

しかし、今回は運が良いとしか言い様がないだろう。
当然閉まってるだろうと店の前を、横目で見ながら通過したが、なんと灯りが点いてるだけでなく暖簾も掛かっていたので、慌ててUターンして駐車場に滑り込んだが、時間の方も閉店間際の20時そこそこだった

佐野まで帰ってこれた時間も例年よりは早かったが、閉まってると思ったラーメン屋さんが開いてるなんて 良い締めで頂けました



最寄りの
スタンドで給油し、燃費計算してみたら 26.6km/Lであったのも荷物満載の割に比較的ノンビリと走ったのが功を奏したようだ。

今年は7月から連続3ヶ月で北陸に行ってるので、更に身近に感じる今日この頃である。



スポンサーサイト



2014-10-09(Thu)

2年ぶりで、ノンビリ能登遠征



去る9月の最終日曜日(9月28日)に、石川県で神子原旧車会部品交換会が行われ、それに2年ぶりに参加させて頂いた。
 
ワタシ個人的には、部品交換会の類で部品を物色する目的は以前からあまりないのだが、そこでお会いできる方々との交流が一番の目的としてるのだ。
例に漏れず この度も主催される方々を中心に前夜祭と称した親睦会にも顔を出させて頂くこととした。
 

 
そんな訳で、交換会前日の土曜日の朝6時20分には自宅を出発する
 
北関東自動車道の都賀インターから高速道路にのり、上信越自動車道で浅間山を目前にする。
急ぎ旅ではないので、比較的のんびりペースで 8時20分を回ったところだ。
 

 
北陸遠征には当初 全線高速道路を利用したが、それではあまりにも味気ないので、以降途中下車し水戸藩カブのチャレンジ1,000でも走るルートをトレースするように安房峠を経由する。
 
今回は、ワタシにとって二代目のプリウスでの行脚になる。
 

 
今回の同行者は えびぞ~さんで、遠征初回から欠かさずお付き合い頂いてる。
道中飽きがこなくて助かりました
 
 
で、そのえびぞ~さんの提案で、ちょっとした道草も楽しむ
 
東部湯ノ丸インターで下道に戻り、丸子から別所温泉に向かう道筋に昭和に活躍した電車が展示してあるとのことで、寄ってみた
 
 
ドアー戸袋の丸窓が特徴で、「丸窓電車」の愛称で親しまれた昭和2年製造の電車だ。
車内は資料館になってるが、この時はあいにく閉館時間だったので、外見を眺めるにとどまった
 

 
途中の画像を取り損ねたので、いきなり神子原入りで前夜祭の準備段階の画像になってしまったが・・・
 
道中は、安房峠有料道路を抜け、平湯から富山入りし昼食は定番の
チャンピオンカレー
を食し、何事もなく神子原入りしたのだが、順調に進みすぎ予定より早くの3時頃には会場入りしたような・・・
ただ待ってても仕方ないので、会場からほど近い、神子原旧車会の会長さん宅に挨拶がてら顔を出させて頂いた。
 
 
前夜祭に話を戻すが、なんだかんだで深夜1時近くまで
盛り上がってから寝ることとなった
  いやぁ~毎度のことだが、楽しい時間は早く過ぎるモノだ

 

 
陽も昇って こちらが今回の集まり事のメインイベントである交換会です。
 
今回は前夜祭も含めて例年になく雨の気配は全く感じないどころか、日差しが強く寝不足気味の身体には疲労度が増しそうでもあった
 

 
ワタシも例年 付き合い程度には出品物を並べさせて頂いてるが、画像にあるのは出品物でも、購入したモノでもなく、頂き物や差し入れの一部である
 大変ありがとうございます。 感謝感謝です
 
鱒すしは生ものなので、賞味期限までにはえびぞ~さんと美味しく頂きました
 そねさん、次回は是非とも前夜際から参加して頂きたく調整お願いします
 
 
 
そして12時近くには会場を後にするのであった
 

 
帰り道も定番となる日本海食堂さんに寄らせて頂き、ここで少し遅い昼食をとらせてもらう
 
食事も終わる頃に丁度お店も3時休みだとのことで、店長さんお勧めの近所(車で15分ほど)のお知り合いで、古物コレクターさん宅に案内して頂いた。それはチョイ古めのバイクからクルマ
やラジヲ
、カメラ
、ビデオカメラ
、オーディオ
その他諸々と所狭しと見る者を圧倒させるほどの物量であった。
近い将来展示館を作る予定とのことだが、整理整頓されてから又見学に行ってみたいものだ。
 
 

 
コレクターさん宅にゆく前に、ほど近くに天然記念物指定の並木参道があるので、せっかくなので こちらも案内して頂いた。
 
 
眼目山立山寺と、この日は我々以外に見学者が見当たらなかったが、それはそれで珍しいことだとも店長さんは言われていた
 
 
 

 
帰りも道草して、いつもより遅い帰宅になる予感はしたが、それはそれで急いで帰る必要もないので、いつもは日本海食堂さんを出ると滑川インターから北陸道にのり、関東まで戻るのだが、今回は二ヶ月前にスーパーカブで走った国道8号線を少し走って余韻にしたろうかと・・・。
 
 
間もなく新潟県に入る辺りなのだが、自宅を出る時には満タンのゲージだったのが、ここまで500キロをゆうに超えたころでも画像下にある程度の残量表示が見られる。
 
そんな訳で、陽がある内に行けるところまでと、結局 糸魚川まではカブで走った道を辿ってみた
 
 

 
画像は栃木に戻っての定番としてる、佐野ラーメンで〆る。 えびぞ~さんオツカレさま
 
糸魚川から高速一本だが、それでものんびりペースで走って来た
 とは言っても9時半には佐野ラーメンをすすってられたのは意外とも思えたのだった。
 
 
やっぱ高速道路が繋がってるからと言って、それだけで移動してては今回の様な楽しさも少なくなるのだろうとも改めて思うし、神子原の皆さんとの距離も尚のこと遠くは思えなくなった今回だった
 次回もまた楽しみにしてますね
 
 
 
2012-10-14(Sun)

能登遠征は4回目


先週末の10月7日日曜日)に、石川県の神子原旧車会主催「神子原部品交換会」に参加してきた。
 
今回もそうだが、部品交換会で部品を物色するためだけに遙々能登まで遠征したのではない。
ブログを通じて仲良くして頂いてる
錆道楽さん達 神子原旧車会の方々との親睦がメインである。
しかも、今回はその神子原旧車会メンバーのホープが、今春に惜しまれつつ亡くなったことで、お参りの意味が大きかったのだ。
 
ところで、帰ってから取得した画像の再確認を行ったが、要所要所で肝心な画像を抑えてない事に気が付いたが、既に遅しだ。 そこで、下の方に貼り付けたYahoo!ドライブの地図内にメモを残してあるので、ワタシ自身としては次回行く時の参考にしたい。
 

 
最初に撮った画像は、5時40分頃に自宅を出てから およそ2時間半後となる道の駅 雷電くるみの里で休憩した時となる。
 
最寄りの都賀インターから北関東自動車道に乗り、道の駅雷電くるみの里手前の小諸インターで降りた。
天候は上々の午前8時である♪
 

 
三才山トンネル(500円)、松本トンネル(100円)を経由し、野麦街道で安房トンネル(ETC割引適応400円)に向かうが、その前に道の駅 風穴の里で休憩。
ここから同行の
KOSUKEさんにハンドルを握ってもらう。
 

 
富山に入って、道の駅細入で休憩せず、その先の神通川第二ダムにて休憩とした。
既にここでは お昼直前となってしまった。
 

 
昨年に引き続き、北陸と言ったら名物のチャンピオンカレーで昼食とする。
本来は石川県が本拠地なのだろうが、石川県に入ってから食べては夜のメインイベントまでに消化できないだろうから、富山市内で食べることとした。
 


この店に寄る前に数日前にヤフオクで落札した品物を富山市内で受け渡しを行い、カレー屋さんには13時前に入店となったのだ。
神子原部品交換会会場に14時入りを予定していたが、30分は遅れそうなので現地合流するエビゾ~さんに連絡を入れた。
 
結果的に会場に到着したのは、修正予定通りに14時半に到着し、会場近くにある神子原旧車会KK会長さん宅におじゃますることとなった。
その後、会場からおよそ30分のクルマ移動で、崔君さん宅に寄らせて頂き手を合わせる。
3年半ほど前にブログで知り合った遠い地の彼だったが、その後 年に1,2度で計5回お会い出来る機会があったが…、逆に言えばその程度だったので、正直言って今でも実感が湧かない。
亡くなる半年ほど前からは時折電話を頂いては、毎回3~4時間ほどの長電話で旧車の話で盛り上がっていたのだが、最後に話したのは亡くなった3日ほど前だったろうか。
やはり4時間ほどは話ていた様に記憶してる。
まったく、今でも不意に電話が掛かってくる様に思えてならない。。。。。
 


さて、神子原旧車会部品交換会の前夜祭として、我々を含め宴会を行って歓迎して頂けるのはアリガタイと同時に楽しみとなってる。
 
今回もワタシが用意したジンギスカン鍋で野菜や肉を焼き、残念ながら今回も不参加となったハヤロイドさんからの差し入れで、倉井のホルモンも登場させる♪
広島からもメグロフリークの我流兄者さんも参加され、昨年は当たり前に居た崔君さんの思い出話とメグロの件で盛り上がった。
 


そして、夜は更けて行くのだが・・・・ 何か忘れてないか??
そぉ、忘れてしまいたい神子原名物の
雨降り。。。 この時も例に漏れず22時を過ぎた頃から降り出した様に思えた。
その後 降りも風も強くなり、酔いも回ったことで23時を回った頃には、宴会もお開きとした。
翌朝は晴れると良いな… って感じでテントに退散。


 
降ったり止んだりの雨も明け方に少し強くなったと思えば、一旦小康状態となり、7時頃に雨雲に覆われて再び雨足が強くなったのを最後に、雨天から開放された感じとなった。

路面が乾くにしたがって出店数も徐々に増えて行って、交換会の活気も取り戻して来た。
 

 
10時頃にはエキスビジョンで行われた「チェーンソーアート」が披露される。
その後は
日差しも出て、暖かくなりノンビリまったりな時間を過ごし、結果的に会場を後にするのも遅れる事となった(笑)
 
神子原の皆さん、 一年って早いモノです。またの機会に宜しく遊んでやって下さい。
 

 
神子原交換会の帰り道は、これまた恒例となった道の駅氷見で、おみやげを買いに散策をするのだが、今回は昨年寄った場所から直ぐ目前の橋を渡った先に移転となた。
 

 
しかもオープンしたのが3日ほど前となり、オープニングイベントでも行われたのか人だかりが凄かった(汗)

その後これまた恒例の、日本海食堂さんに寄らせて頂き、遅い昼食も注文することとなった。
この辺も含めて画像を抑えるのをすっかり忘れてしまうことに・・・・。
 

 
再びKOSUKEさんにハンドルを代わってもらい、北陸道を北上する。
 
関東を出発前にクルマの燃料は満タンにしたのだが、画像に写る液晶ゲージを見ると、まだ半分程度しか減ってない。
結局帰宅時には2メモリが残っていたようだが、このクルマの購入も北陸遠征の切欠の一つだったので、道具としての役割は大きい♪
 
北陸道~上信越道~関越道~北関東道と経由し、我が栃木県に入ると これまた恒例の佐野ラーメンで〆を行いたい。
しかし、毎回決まって寄ったラーメン屋は、看板が変わり韓国料理の店となってしまってた
しかたないので、少しだけ戻って別のラーメン屋で落ち着くこととなった。
やはり〆は、平打ちぢれ麺で決まりだ! 栃木に戻った気がする♪
 
ホント一年て早いモノです。 また次回も楽しませて頂きます。
 

2011-10-02(Sun)

宴会での親睦


先週末に石川県で行われた第4回 神子原旧車会主催・部品交換会への参加道中記の続き。
 
イベントは、今年で4回目となるが、ワタシ達(エビぞ~さんKOSUKEさんと)が参加するのは3回目となる。
最初に参加した切欠は、高速道路休日割引の適応とエコカーの購入により、遠征コストが一気に安価となったこと
しかし、その高速1000円の恩恵がなくなった今でも、遠征の楽しみは変え難くなっていた。
 
我々を含め日帰りではキビシイ距離を参加する方々は、前泊で乗り込んだのだが、それを神子原旧車会の方々は歓迎してくれていたのだ。
 
特に初参加時の我々のテント内では、焼肉をやりながら酒を酌み交わしての盛り上がりは忘がたい出来事だった♪
そんな訳で、我々には神子原旧車会・部品交換会の催しには前夜祭の楽しみが年々大きくなっている(笑)
 

 
KK会長さんのガレージから再び会場に戻り、テント張りや食材などの買出しを経て、いよいよメインイベントとなる宴会に突入となる!!
錆道楽さんの鳥皮煮を一年振りに頬張り、富山オートバイクラブのそねさんの差し入れで、新湊名物 ます寿司を堪能する♪
宴もたけなわの頃には、我々の持ち込んだ毎度お馴染みの、ホルモン焼き4回転で打って出る!!(笑)
 
時折雨雲がやって来てはパラパラと雨を落とすが、それに伴って風も吹くので、コンロの周りは風よけで応戦するのだ(笑)
 
宴会は深夜まで続いたが、そんな宴会時間は延べ6時間以上も飲んでいたろうが、さて何を話したのやら?? オートバイの話はせいぜい1時間もあったか?? その他はどんな話をして盛り上がったのやら?? 楽しい時間はアッという間に過ぎてしまうもんである (^^)
 

 
交換会の朝は早いもんだ。 6時には携帯電話のタイマーをセットしていたが、その10分前には テントの外のざわつきで目が覚めた。
 
昨夜日が沈み始める頃に、ワタシの地元の仮名 小西さんW1S-Aで自走参加してたが、彼は既に、夜に張ったテントも畳んで単車にくくりつけていた。
能登方面のツーリングは、このダブワンに乗り替えてからでも20回を超えてると言うほど、お気に入りのエリアのようだ。
今回も金曜日からの3日間は、釣りなどしながら能登を周遊して1300キロほどノンビリと走って帰ってきた。
 

 
我々も乗用車に載る程度の売り物をテーブルに並べるが、その店番がてら再びジンギスカン鍋の登場だ♪
参加初回からカセットコンロを持参してるので、毎度の光景の様でもあるが、朝から軽く焼肉である! しかし、今回は野菜も多く摂取するのだ(笑)
天気の良い日に外で食べる朝食は、なおさら更美味い♪
 
そして再び、神子原の青空のもとノンビリ過ごすのであったが、すっかり楽しい一時を過ごさせて頂き感謝至極であります!!
そんな神子原旧車会の面々に見送られて、会場を後にしたのは、昼を回った頃だった。
 

 
帰り道は定番の道の駅氷見で土産を買い、国道8号線を経由して北陸自動車道にてノンビリ帰路につく・・・ と思いきや、過去2回は不本意ながら、前夜祭で余った食材を消化するためと昼食を兼ねて、高速道路のPAで加熱調理したが、今回はほぼ計画通りの買い物で食材を余すことなく神子原で消化した。
そぉ! 今回は何処かで昼食を採らないとならない。 国道8号線に乗ったのは既に午後2時になる頃だ。 お腹も空いて当たり前だし、最短の小杉インターから高速道路に乗るのも味気ない。
 
富山県に来なら此処は素通り出来ない! ってか、何か手招きされてる様にも錯覚を起こす。
そんな訳で、今年だけでも既に3回目の訪問となる日本壊食堂さんでの軽い昼食となった♪ 交換会会場を出る時に、神子原旧車会の方々に訊ねられた折には「今日はさすがに日本海食堂には寄らないで帰りますよ!」と言ったのにも関わらずである(笑)
 

 
滑川インターから北陸自動車道に乗ったのは既に3時を過ぎた頃だったか・・・・。
3年前までは、ほとんど走る機会のなかった北陸道であるが、今となっては見慣れた風景になりつつある。 急げば日帰りでも行ける能登の地ではあるが、同じ旧車好きでも酒飲んで馬鹿話が出来る仲となれば、その地を離れることに急ぐ必要もなかろう。
 
またの機会を楽しみに、往復1000キロの距離は益々短く感じる♪
 
 
毎度のことながら、北陸遠征のシメは佐野ラーメンで決まり。 今回も同じ店で変わらぬ面子で(多少は入れ替わってるが)無事に地元に戻ったことを食で味わうのだった(^^)b
 
 
 
2011-09-29(Thu)

能登遠征は今年で3回目♪

 
先週末の金曜日は、石川県神子原での宴会にと足を伸ばしてきた。
それは宴会の為だけに400キロ以上離れた地まで飲みに行った訳ではないが、今回の目的のと言うか楽しみの大半は、金曜日の晩に集約されてると言っても過言ではなかった(笑)
 
そして同行者は、エビぞ~さんKOSUKEさん(^^)
 

 
今回の参加で3度目となるが、過去二回は 休日割引1,000 ”を有効活用した高速道路で往復し、地元の最寄りのインターから富山県まで一気に足を伸ばした。
今年は、違った割引内容ではあるが、先々月にチャレンジ1,000キロで通った道程を再びとの思いで、東部湯の丸までは高速を使ったが、東御市から安房峠を経由して富山駅付近までスーパーカブC100で走ったルートを若干修正しながらトレースした。
 
岐阜県から富山県に入って最初の道の駅細入のちょい手前で、40年ほど前には存在していたと言われる神通川大鉄橋の名残となる橋脚基礎を眺めながらの小休止。
かつては、橋長約300メートルで水面上60メートル近くの見上げるほどの大鉄橋が有った様だ。
 

 
過去に参加した2回共に悪天候に見舞われ、ワタシには雨の印象が強い能登遠征であったが、今回は先週半ばに早足で過ぎ去ていった台風15号の影響もなく、三度目の正直と言わんばかりに好天を期待させたが・・・。
 
富山市街地に入った頃には、雨雲が近づいて来たと思ったら、案の定 大粒の雨に歓迎された。
まぁ~しかし、先に見える晴れ間が通り雨であることを知らせてくれたのが幸いだが(笑)
 

 
昼食は、以前に錆道楽さんのブログでも紹介されていた“ ナンカレー を訪れ本場のナンを堪能しようかと思ったら… 既に店舗すら消えてしまっていた(汗)
すっかりカレーモードに入って腹を空かせた我々には、通り向かいに見える北陸を拠点とするカレー専門のチェーン店で間に合わせることにした。
特別食通でもないワタシには、此処のカレーも十分満足できたのだが、量は想定以上のモノだったので、晩に行われる宴会に障る恐れを感じた(汗)
 
 
その後、神子原の部品交換会会場に到着すること午後3時、ノンビリ走って行った割にはまだ早かったので、関係者は誰も居なかった。
と、ワタシがトイレに行ってる間に、神子原旧車会のKK会長さん錆道楽さんが、やって来ていた。
まだ早かろうとのことで、KK会長さんの秘密基地に案内され、お茶を頂きホッと一息♪
 
ノンビリくつろいだ後は再び会場に戻るが、その続きは後日とする。
 

 
FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR