2024-04-19(Fri)

第14回 昭和のくるま自慢展示会in道の駅 思川

今回の記事を書くことで気が付いたのだが、「昭和のくるま自慢展示会 in 道の駅思川」のイベントは一昨年に行われた以来だった。
そう、昨年は開催されてなかったのだ。

今回は、地元のホンダZ360乗りの方が、何かイベントなどあったら誘って欲しいとのことだったので、良いタイミングでエントリー申込期限前だったこともあり、ご一緒することにした。

2024.04.10 (1)

そして開催日となる3月24日日曜日)薄曇りだが雨が降るような予報も気配もないので時間通りに会場に向かうべく9時を回った頃に出発する。

2024.04.10 (7)

10時入場開始とのことで、予定通りに10時少し前には道の駅に到着し、受付入場の順番待ちをする。

会場は今まで通りの場所ではあるが、スペースの東側半分はアスファルト施工されていた。

一緒に参加したゼロブラックのホンダZ360GSは、前期型の空冷モデルでホンダの360時代の軽最強のツインキャブ・5速ミッションに前輪はディスクブレーキと奢られている。
後期型になると水冷エンジンのGSSに引き継がれるが、フロントブレーキは何故かドラム式に戻ってしまうのだった。

2024.04.10 (2)

今回は非常に珍しい輸出仕様の600ccバージョンの参加もあった。
北米向けでは「Z」とは名乗らず、「ホンダ600クーペ」と言われたようだが、同じボディに排気量アップなので、走りもより機敏なのではないかと!

クルマの前に並べれてるホンダZ関連の品々は、販売目的ではなく展示品のようだ。

2024.04.10 (4)

この警察車両もかつて神奈川県警で活躍していた本物仕様のポルシェ912だ。

昭和の時代だと地元栃木県警でも、フォードムスタングマッハ1のパトカーの勇士を見ることが出来たが、一般に払下げられこうしてイベントで目にすることが出来るなんてとてもハードルが高そうだ。
車輛はワタシの住まいから3キロくらいの場所に常設展示されてるのだけどね。

2024.04.10 (3)

プリンスから日産時代に掛けてのスカイラインGTは個人的にも好みではあるが、当時のグランプリでは、この2000ccを相手にトヨタは1600ccで負かしてしまったから単純に凄いと思うが、そのモデルはイベントなどでも中々見掛けることがないのが寂しい。

2024.04.10 (8)

この4ドアのスカイラインは一見何てこともないモデルに思えるが、左ハンドルの沖縄仕様なことが今となっては珍しいモデルだ。

実はこの所有者もワタシの地元の方で、40年ほど前には時折見掛けていた車両である。
暫く寝ていたのを数年前に起こして走らせるようにしてる様だ。

2024.04.10 (5)

かつての大衆車で当時は街で見掛けない日はないほど走っていた サニーやバイオレットなどもホイールキャッブまで備えたノーマル車体となると、今や各地の旧車系イベントで見ないことなどあり得ないほどのスカイライン2000GTRよりも現存数は少ないのではないかと思う。
それほど粗末な扱いをされたモデルだったことは間違いない。

2024.04.10 (6)

奥に見えるクルマはワタシが乗って来たスバルR-2であるが、このような並びでフロントフードを開けておくと、子供連れの反応は面白いもので、当然の様にエンジンがあるかと覗き込むとそれが無いことに気付き不思議がる光景を多く見ることがある。

その延長で訊ねられると「お金が無くてエンジン買えなかったんだよ~。。」と言うと更にビックリして、付き添いの親たちまで不思議がる。
エンジンは後ろにあるよ!ってリアのフードを開けて見せると、外見からそのスペースを感じ取れないギャップからまた驚いたりするのがオモシロイ。

こんなこともチョットしたイベントでの楽しみでもあったりするノンビリ出来た一日であった。



スポンサーサイト



2023-04-09(Sun)

雨中の軽トラ&ほんの少しだけスーパーカブミーティング

コロナ以前の頃の夏真っ只中には茨城県城里町のホロルの湯にて、スーパーカブミーティングが行われ、そこに参加したものだったが、今回 月25日土曜日)は、水戸藩カブが主催とした『軽トラ&スーパーカブミーティング in ホロルの湯』が行われた。

ワタシは、チャレンジ1,000で使用してるスーパーカブC100で参加しようかと思ってはいたが、開催日が近づく毎に天気予報も都度変わってゆくのであった。
前日の予報では、開催時間となる昼前後だけでも傘マークが外れたのだが、当日朝の予報では傘マークのオンパレードになってしまった。

2023.04.07 (1)

カブをトランスポーターに載せてったところで、展示中雨に打たれっぱなしなのはカブにも悪いので、気持ちを切り替えて顔出しだけでもとクルマで向かうことにした。


2023.04.07 (2)

2時間ほどで会場となるホロルの湯に到着。
 
軽トラック組は予想外に参加台数はあったが、スーパーカブ組は予想通り参加者が少ない。

2023.04.07 (3)

結果的に見学だけになるが、運営の足しにと参加料を払って受付を済ませる。

2023.04.07 (4)

クラシカルな軽トラックは、言わずと知れたホンダが手掛けた4輪車の最初のモデルとなる T360が4台も並んでいた。
天候が良ければ、少なくともプラス1台の参加が見込まれていたのだが、ぱっと見これ以外の昭和チックな軽トラは見当たらなかった。

2023.04.07 (5)

ホンダ・アクティ6輪が2台も参加されていた。

後の2輪にゴム製キャタピラを巻くことによって、営農用オフロード仕様として発売されたようだ。

2023.04.07 (11)

今回の主役となる軽トラに同じく主役のスーパーカブを積んで販売営業を目論む!?

スーパーカブとしては、それまでのOHV機構からOHCになった最初のモデルが、このC65だったと記憶してる。


2023.04.07 (6)

主催者からと会場主からの挨拶と・・・

2023.04.07 (7)

その流れで、集合写真の撮影が行われた。

2023.04.07 (8)

ホンダT360の荷台には、同じく「日本を支えた小さな働きモノ」の60年前のホンダ製耕運機F190型の心臓部をディスプレーし、始動運転させていた。



2023.04.07 (9)

食堂が混みあう前に食事をとろうと、ここでのお馴染みとなるダムカレーを注文♪

2023.04.07 (10)

食事を済ませて再び展示スペースに戻ると、昭和の軽トラが増えていた。

三菱360のデビューは、ホンダT360よりも早く、バンスタイルで発売開始し、追加で画像のピックアップトラックも含め生産期間は10年以上のヒットモデルであった。


2023.04.07 (12)

樹脂製のフードを開けても愛嬌のある表情だ。

この車両は、後日別のイベントで自走参加中にエンジンブローしてしまったようだが、このオーナーさんの力量なら、復活されるのも そぉ遠い話ではないだろう。

今回は終始あいにくの雨模様だったが、見学参加だけでも良かった♪
おそらく第二回も開催されると思うが、その時はスーパーカブでも埋め尽くすことが期待できる!



2023-01-03(Tue)

紅葉まつり 改め 「広重商工まつり」とな

これまたコロナ禍の影響で開催を見合わせていた那珂川町商工会主宰の「広重商工まつり・名車展示」は3年ぶりに行われる案内が来た。

過去2回に参加させて頂いたが、今回はそれらよりも少し時期を遅らせて紅葉の節は過ぎた 12月18日曜日)となる。

2022.12.31 (1)

毎回このイベントは好天に恵まれて、この日も陽射しを浴びての出発となる。

会場の受付時間に合わせての出発なので、8時10分と比較的ゆっくりな時間となる。

2022.12.31 (2)

宇都宮の街を抜け、上河内辺りに来ると霧が発生し、それは氏家辺りが濃くなり100メートル先の信号は完全に見えなくなり、行き交うクルマは灯火類の点灯を余儀なくされる。

2022.12.31 (3)

9時40分頃には集合場所に到着し、受付を済ませ本会場への移動を待つ。

2022.12.31 (4)

10時を回った頃に、本会場へと移動するが、その頃には青空が顔を出し、気温の上昇も期待できる。

2022.12.31 (5)

おそらく製造の古い順に展示されてるように思われる並びだ。

今回は、スバルのテントウ虫は1台のみだったのが少々寂しい気もした。

2022.12.31 (6)

新しい部類の並びは、毎回同じような感じで、ホンダ・シティカブリオレが数台。

これでも、デビューから40年近く経ってるので一般的には旧車感覚なのだろう。

2022.12.31 (7)

こちらの2代目 日産・フェアレディZも40年前後になるので、十分な旧車なのだ。

その手前に映り込む如何にも昭和的なマツダ・オート三輪と、奥にある初代 日産・フェアレディZは、生産時期が被るくらいオート三輪の人気による生産期間の長さが物語ってる。



今回のイベントの解散時間は16時とされていた。
主催者側は、参加者のクルマが古いことの考慮が足らないのか、指定の解散時間まで居たとするならば、30分も走らずにヘッドライトを点灯することになる。

現代のクルマと比較すると光量不足も否めないので、遠方からの参加者は指定の時間を待たずに撤収する方も少なくなかった。
理由は光量を含め電気系統の不安だけではないだろうが、あと一時間でも早めの解散時間を望むところだ。

ワタシも30分早くに会場を後にしたが、会場を出て直ぐに他の見学者?のクルマに呑まれ信号待ちで進めない状態だった。

2022.12.31 (8)

方向的に夕陽に向かう帰路なので眩しい時間帯になってしまう。

氏家の街からは南の方を走る農免道路だが、この時間で16時15分頃になる。

2022.12.31 (9)

そんなこんなで、帰宅出来たのは17時10分頃。

いつもの事だが、何事もなく順調に往復出来た♪


今回のイベントの参加車輛の多くは、ワタシを含めリピーターが多いように感じた。 
事前申し込みで多少なりとも車両の選別もあるのかとも思うが、毎回 同じような車両が並ぶようで、目新しさが感じられない。
過去の車両なので目新しさなんてハナッからないのは当たり前と言えば当然だが、那珂川町のイベントを盛り上げるためのダシに参加料払ってまでって感じるようになってしまったのは、この辺で潮時かな!?なんて。

ワタシ自身が違うクルマで参加すれば感覚的にも違うのかも知れないが、そんな余裕が一年後までにあれば続けて申し込むかも知れないが、どぉなることやら(苦笑)




2022-12-10(Sat)

第13回 昭和のくるま自慢展示会in道の駅 思川

例年の同じ時期に行われてるイベント「昭和のくるま自慢展示会 in 道の駅思川」(今回は何故か土曜日の開催となった。)に お誘いの案内を頂いたが、まだ続く新型コロナ感染症の影響の最中なのだろうが、申し込みをしても人数(台数)制限もあってか、抽選となっていた。

2022.12.10 (1)

運良く当選したようで、参加出来ることとなり 11月27日土曜日)の当イベントに向かうことが出来た!!

比較的近いこともあり、既定の搬入時間制限に迫る頃の到着だったこともあり、今回は余裕をもって指定された時間帯の早めに到着するように出発した。

2022.12.10 (2)

思った通りに入場時間早々に道の駅思川に到着してはみたものの、何故か建屋南側のいつものスペースには入れてもらえず、一般駐車場で待機するようにガードマンからの指示を受けるが、これでは道の駅を利用する方々の迷惑になるのでは!?と思うが。。。。
 
1時間ほど待つように言われたのだが、せっかく早目に来たのに意味がない。
よくよくガードマンに訊ねると、案内の時間とガードマンが指示された時間に相違があるようで、程なくして入場出来るようになった。

2022.12.10 (7)

かつては暴走族等のベース車にもなった日産バイオレットブルーバードUでも、ほぼノーマル状態を保った車両が返って新鮮さをも感じる。

2022.12.10 (4)

昭和を代表するような3輪貨物の360時代の軽自動車、ダイハツ・ミゼットと、同じくお仕事車両の農耕機。

そんな中、今にも降りそうで降らなかった雨は、天気予報で示した時間より何時間も早くに落ちてきてしまった。

2022.12.10 (6)

多少なりとも雨は覚悟していたので、前日にもワックス掛けをしていたが、当初の霧雨から徐々に粒も大きくなったり、数分で止んだりの繰り返しであった。

おそらく、参加予定であっても天気予報から参加を見合わせた方々も少なくないように思えた。

なんせ、今回の参加車両の中で360ccの軽乗用車はワタシのスバルR-2が唯一であったことも察するところである。

2022.12.10 (9)

こちらのケンとメリーのスカイライン2000GTもホイールキャップ迄装着されてるノーマル然とした希少な個体だ。
塗装までオリジナルの様に見えたのが尚更だ。

2022.12.10 (8)

外国車も少なからず参加されていたが、昭和40年代前半にデビューした初代シボレー・カマロのSSコンバーチブル

2022.12.10 (3)

欧州のスポーツカーも並んで展示。昭和40年代中頃のロータス・ヨーロッパS2と最終型のスペシャルのようだ。

2022.12.10 (5)

昭和50年頃から国内販売され、それまでのビートルの後継車として大ヒットした初代フォルクスワーゲン・ゴルフもほぼノーマルで、しかもコンディション抜群に思える。

2022.12.10 (10)

午後になって陽射しが出て来たと同時に気温も上がって来たのが良かった♪

初代カローラ・スプリンターも、奥に見えるセリカやフェアレディZより、かつては多くの販売台数を誇っていたであろうが、今となっての残存数は逆転されてるだろう。

2022.12.10 (11)

以前もこのイベントに展示されていた、ポンティアック・トランザムをベースにテレビドラマ「ナイトライダー」に登場する " ナイト2000 ” 仕様のこの車両は、内装まで凝った仕上げになっていた!


小雨程度で済んだ雨雲も西から青空が迫って来たので、帰り道の路面も乾くまでになるだろうと期待できる。

小雨で濡れたボディは一通り水滴を拭うことで済むが、濡れた路面により下回りから古いボディを湿らす方が昭和のクルマにはキツイと思うからだ。

2022.12.10 (12)

15時には会場を後にして、ほぼ乾いた路面で帰路に就いた。
 
来年のこの時期には、このスバルも車検満了となるが、それ前には他の所有車両を公道復帰させてやりたいと思ってる。
まぁ、毎年思ってるだけで結局 好調を維持出来てる このスバルを継続車検させるのが手っ取り早いし、出費も少ないのでズルズルと行きがちなのだが。。。。

まぁ~成るようになるなるだけさ(笑)



2022-11-27(Sun)

オートジャンボリー 2022


コロナ禍以来各地でのイベントも随分と復活してるようで、そんな中の一つとして 埼玉自動車大学校で10月23日日曜日開催された「 オートジャンボリー 2022 」に参加してきた。

2022.11.25 (1)

今回はセドリックのお供も居る中、自宅を6時40分過ぎに出発とした。

2022.11.25 (2)

渡良瀬遊水地近くになると、朝靄で視界が悪くなり画像の様な大きな橋でも、200メートルも離れると全くと言っていいほど見えなくなってしまっていた。

2022.11.25 (3)

国道4号に出てしばし、古河市街地を抜けた辺りのコンビニで休憩してると、大きな橋を渡って国道4号線に出た所のコンビニで停まっていたスバル360の集団が、またこのコンビニにも入って来た。

ワタシ達とは入れ違いに近い感じだったので、声掛けはしなかったが、おそらく目的地は同じかと思いはしたものの何故か休憩がまめだな!?とも思ったり。。。。

2022.11.25 (4)

到着したのは8時40分くらいだったので、数年前の参加の時と同じ2時間弱掛ったことになり、すなわち順調~♪ってことだ。

既定の入場は8時半~9時半とのことだったが、次回も順調に走ることが出来るなら、出発をあと30分くらい遅らせても良いかも!? とも思ったりも。。。。

2022.11.25 (5)

スタッフの方の指示に従い駐車してから受付に行く。

2022.11.25 (6)

さて、参加車両の見学となるが、まずトヨタ勢の並ぶところに足を運ぶ。
真ん中の2代目前期型クラウンの両脇を固めるのは当時の大衆車の代名詞でもある各世代のカローラが3台。

画像の左端の車両は昭和59年に発売されたモデルで、少し前にカローラ・レビンAE86などに積まれた同型ツインカムエンジンを前輪駆動として売り出したカローラFXだ。

丁度ワタシが、その販売ディーラーに勤めていた時に新発売されたのを今でもよく覚えてる。

2022.11.25 (12)

昭和43年頃の3代目 日産ブルーバードが並ぶ。 ノーマル全として当時の面影をそのまま伝えてくれる個体だ。

2022.11.25 (8)

10時近くになると主催者側からの挨拶やイベントの案内・注意事項などアナウンスが始まる。

例年だと7月頃の特に真夏の日差しの下 イベントは行われてきていたが、今回はとても過ごし易く空冷の車両で参加してるワタシは、クルマ共々ホッとできる♪

2022.11.25 (9)

続いての並びは日産のお仕事クルマ。
初代キャラバンも既に40~50年前のモデルになるが、ローダウンやオールペンなどして化粧直してはあるが、現状良いコンディションに仕上がってる。

ワタシが現役で使用してるキャラバンの姉妹車でもあるホーミーも3代目なので、デビューは昭和の最後になるのだが、裕に30年を超えた個体だ。
今回のイベントを始め、参加規程に合致するのも多いが、ホントの意味で仕事用の現役なのでまだまだ並べたいとは思えない。

2022.11.25 (11)

こちらは欧米車の並ぶ一角で、昭和42年頃の2代目シボレー・シェビーⅡ・ノヴァSS や 昭和39年頃で、プリムス・サボイとしては最終型の頃のモデルになる。
 
奥は、言わずと知れた昭和40年代後半頃のロータス・ヨーロッパや昭和53年頃のエスプリが占める。

2022.11.25 (7)

昭和38年頃のレーシングカー。 ロータス・23Bだが、ナンバーを取得して公道を走れる仕様になってる。

2022.11.25 (13)

会場の館内展示に目を向ける。

埼玉県警で使用されてる、マツダRX7・FD3S 日産スカイラインGTR や白バイ各種など街中で見たくない車両も多く展示されていた。

2022.11.25 (14)

サイドカーが多く展示されていた中に、昭和49年にそれまでの陸王からホンダにバトンタッチされた皇宮警察の車両だったと思われるドリームCB750four-K4側車を見ることができた。

2022.11.25 (15)

館内を散策ついでに、少し早めの昼食を食堂で頂く。

昼の時間になると、かなり並ばなくてはならないと記憶してたので、並ばずに食べられる丁度いい時間だった♪

2022.11.25 (16)

昭和のクルマのイベントで多く見られる発動機の運転風景。

クルマと一緒で、実際に現役として使用されるのは稀ではなかろうか!?

2022.11.25 (10)

朝、コンビニで見かけたスバルたちの並び。
休憩が多かった理由を訊ねたら、同行の車両が燃料系の不調があったために修理しながら来たのだというが、結果的には自走で会場入り出来るまでに修理したようで良かった。
 
そもそも顔見知りや地元の方も居たので、今後ワタシのテントウ虫を復活させる際にもいろいろと情報を得ておこうと(笑)

2022.11.25 (17)

楽しい時間は過ぎるのも早く感じるもので、14時半を過ぎた頃には退場パレードで解散となる。
学生を始めスタッフさん方々に見送られて帰路に向かうのである。

2022.11.25 (18)

以前の夏場と違って、日の入りの時間も早いことから寄り道せずに素直に帰って来た。
17時少し回った頃に何事もなく無事に帰宅できた。
 
今年は、あと2回はクルマのイベントに参加予定であるが、イベントそのものは各地で毎週のように行われてる気がした。

まだまだ楽しみは続く。


FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR