2024-04-19(Fri)

第14回 昭和のくるま自慢展示会in道の駅 思川

今回の記事を書くことで気が付いたのだが、「昭和のくるま自慢展示会 in 道の駅思川」のイベントは一昨年前に行われた以来だった。
そう、昨年は開催されてなかったのだ。

今回は、地元のホンダZ360乗りの方が、何かイベントなどあったら誘って欲しいとのことだったので、良いタイミングでエントリー申込期限前だったこともあり、ご一緒することにした。

2024.04.10 (1)

そして開催日となる3月24日日曜日)薄曇りだが雨が降るような予報も気配もないので時間通りに会場に向かうべく9時を回った頃に出発する。

2024.04.10 (7)

10時入場開始とのことで、予定通りに10時少し前には道の駅に到着し、受付入場の順番待ちをする。

会場は今まで通りの場所ではあるが、スペースの東側半分はアスファルト施工されていた。

一緒に参加したゼロブラックのホンダZ360GSは、前期型の空冷モデルでホンダの360時代の軽最強のツインキャブ・5速ミッションに前輪はディスクブレーキと奢られている。
後期型になると水冷エンジンのGSSに引き継がれるが、フロントブレーキは何故かドラム式に戻ってしまうのだった。

2024.04.10 (2)

今回は非常に珍しい輸出仕様の600ccバージョンの参加もあった。
北米向けでは「Z」とは名乗らず、「ホンダ600クーペ」と言われたようだが、同じボディに排気量アップなので、走りもより機敏なのではないかと!

クルマの前に並べれてるホンダZ関連の品々は、販売目的ではなく展示品のようだ。

2024.04.10 (4)

この警察車両もかつて神奈川県警で活躍していた本物仕様のポルシェ912だ。

昭和の時代だと地元栃木県警でも、フォードムスタングマッハ1のパトカーの勇士を見ることが出来たが、一般に払下げられこうしてイベントで目にすることが出来るなんてとてもハードルが高そうだ。
車輛はワタシの住まいから3キロくらいの場所に常設展示されてるのだけどね。

2024.04.10 (3)

プリンスから日産時代に掛けてのスカイラインGTは個人的にも好みではあるが、当時のグランプリでは、この2000ccを相手にトヨタは1600ccで負かしてしまったから単純に凄いと思うが、そのモデルはイベントなどでも中々見掛けることがないのが寂しい。

2024.04.10 (8)

この4ドアのスカイラインは一見何てこともないモデルに思えるが、左ハンドルの沖縄仕様なことが今となっては珍しいモデルだ。

実はこの所有者もワタシの地元の方で、40年ほど前には時折見掛けていた車両である。
暫く寝ていたのを数年前に起こして走らせるようにしてる様だ。

2024.04.10 (5)

かつての大衆車で当時は街で見掛けない日はないほど走っていた サニーやバイオレットなどもホイールキャッブまで備えたノーマル車体となると、今や各地の旧車系イベントで見ないことなどあり得ないほどのスカイライン2000GTRよりも現存数は少ないのではないかと思う。
それほど粗末な扱いをされたモデルだったことは間違いない。

2024.04.10 (6)

奥に見えるクルマはワタシが乗って来たスバルR-2であるが、このような並びでフロントフードを開けておくと、子供連れの反応は面白いもので、当然の様にエンジンがあるかと覗き込むとそれが無いことに気付き不思議がる光景を多く見ることがある。

その延長で訊ねられると「お金が無くてエンジン買えなかったんだよ~。。」と言うと更にビックリして、付き添いの親たちまで不思議がる。
エンジンは後ろにあるよ!ってリアのフードを開けて見せると、外見からそのスペースを感じ取れないギャップからまた驚いたりするのがオモシロイ。

こんなこともチョットしたイベントでの楽しみでもあったりするノンビリ出来た一日であった。



スポンサーサイト



2024-03-21(Thu)

ホンダオリジン

以前から気になっていた茨城県筑西市にある テーマパーク「 ザ・ヒロサワ・シティ 」ゴルフ場や美術館や乗り物を主体とした博物館には、零式艦上戦闘機やYS-11の初号機を始め昭和のバイクやクルマから機関車や電車も多く展示されてるとのこと。

そお、数年前から気になっていたが、行ったことはなかったのだ。
そんな折に、乗り物を主体とした展示エリアを「 ユメノバ 」と銘打ってリニューアルオープンするそうで、そのオープン日となる2月11日日曜日)に見学に行かないか!? との誘いを頂いた。

2024.03.19 (1)

2月の初旬なので寒さも厳しいかと思ったのと、今回はツーリングではなく見学会であるうえ、距離もさほど遠くないことで、出動に機会の少なくなったスバルR-2の出番とする。

2024.03.19 (2)

今回の企画に興味がありそうな方々に連絡して、第一集合場所とした道の駅しもつけに9時半頃に集まるが、思いのほか気候が良かったからなのか多くの参加者が集まった!!

2024.03.19 (3)

我々の見学会の情報を何処で聞いたのかは知らないが、クラブROKU・GO・MARUの方々が相乗りしたいとのことで、国道294号線の最寄りのコンビニを第二集合場所とした。

こちらでも予想を上回る参加人数で、コンビニの駐車場にいつまでも居るには迷惑ではと、思えてしまうくらいだった。

2024.03.19 (4)

おおよそ集まったところでいよいよ「 ザ・ヒロサワ・シティ 」へと向かう。

2024.03.19 (5)

向かった方向からだと駐車場は奥の方になってしまったようだが、リニューアルオープンに目指して多くのクルマで賑わい、中々の渋滞気味であった。

2024.03.19 (6)

ここに映るのが全員ではないような気がしたが、此処からユメノバのエリアに行く時点で流れ解散になりそうな気がしたので、折角なこともあり集合写真を撮ることとした。

案の定、この場で見納めとなった方も少なくなかった。

2024.03.19 (7)

クルマ・バイクを停めた駐車場から「 ユメノバ 」入り口まで歩いて行くのだが、その少し手前に「 HONDAバイク館 」が併設され、こちらもこの日がオープン日となっていた。
 
なんでもホンダの創成期の頃のバイクを中心に個人の方のコレクションを展示公開されてるとのこと。
しかも、「 ユメノバ 」の有料エリアに対して、こちらは無料であるのだが、その展示内容は創成期に限っても展示としては茂木にあるホンダの博物館よりもマニアックで濃い様に思える。

2024.03.19 (8)

グラスファイバーボディの初代ジュノオだけでも、こんなに並ぶ姿は中々お目に掛かれない。

2024.03.19 (9)

これこそホンダの最初のモデルとなるA型とそのアップバージョンとなるC型。

ここの全ての所有者であり、館長さんとなる君和田さんと面識を持ったのは30年以上前に遡るが、その頃ワタシが所有していたホンダC型を譲って欲しいとのことで訪ねて来られたのが最初だった。

その10数年後に、残念ながら他の方に譲ることになったが、その件に於いても快く受け入れて頂けたようで、今回数年ぶりの挨拶の折も気まずさもなかった様に思えた。

2024.03.19 (10)

チャンネルフレームの初代ドリーム号シリーズから、SA、MEなどのシリーズ2世代目ドリームはもちろんのこと、初代のベンリーシリーズも未再生原型でラインナップ展示されている。

2024.03.19 (11)

旧車好きにはお馴染みとなるドリームスーパースポーツCB72ともなると、もはや近代的とさえ錯覚してしまうくらいだ。

2024.03.19 (12)

オプション品のてんこ盛り仕様のスポーツカブC110だが、輸出仕様の車体カラーも相まって、これでも60年以上経過してるとは思えなくなってしまうほど、戦後直ぐの頃の手探りで始まった歴史と、そこから十数年で世界の頂点にまで立ち上がったホンダの勢いを感じさせる流れの展示物である。


2024.03.19 (13)

昼食は美術館エリアにある「 アート・カフェ・プローレ 」にて頂くことにした。
と言うのも、食事の後にも「 HONDAバイク館 」に戻り、まだまだ見たりない状況を埋めるためでもある。

結局は、自宅で待ち合わせの用事があったため、その時間を逆算したギリギリとなる15時半頃までお邪魔させて頂いたが、当初の予定であった「 ユメノバ 」には行かず仕舞いとなってしまった。

自宅から直行でも1時間余りで行けるようなので、機会を見て足を向けてみたい。





2024-01-23(Tue)

2024年、走り初め

今年初めての記事は、毎年同じような流れでの走り初めになります。

長年昼食場所に利用させて頂いていた店が昨年には無くなってしまった関係で、新たな店へのアクセスが変わったなど、少しの変更はあるものの、大まかな変化は望まないマンネリ感を保たせてます。

その走り初めのタイミングは昨年とほぼ同じで1月7日日曜日)に行った。

2024.01.20 (1)

正月とは思えない陽気の下、久々に初期型のカワサキ650W1Sでスタートする。

2024.01.20 (2)

年末に会った方々と、昨年の同じ時を過ごした方々に連絡しておいたことで、都合の付いた方々が来れば良いだけな訳で、基本的に参加表明などは要らないので、実際にこの時間に誰が来るか来ないかの把握はしてない。

だいたい10時頃には集まって、10時半頃には出発するのだが、この場に居ない方は都合が着かなかったってだけなのだ。

2024.01.20 (3)
 
昼食場所の都合もあり、第2ポイントは毎年恒例のこの場所。

それにしても、調子が狂うくらいに寒さがない。

2024.01.20 (4)

以前の昼食場所よりも4キロ程度手前にある店を今回の昼食場所としたが、案として出たもお一軒の方も捨てがたい。

と言うのも、昨年までは広域農道のビーフラインを経由して行くのだが、今回の飯屋に行くにはビーフラインを横切って行くために少々味気ない走行ルートとなってしまうからだ。
また一年後までには思案のしどころかな!?

2024.01.20 (5)

今回のお店は、これはこれで田舎の食堂的な雰囲気で、メニューが豊富で量も多目なのが良い♪

2024.01.20 (6)

ここで合流した方が3名居てやっと全員揃ったことになった!

2024.01.20 (7)

いつものルートとは若干変更して次のポイントとなる道の駅ましこを目指す。

2024.01.20 (8)

信号の少ないルートを選んで、まったりペースで栃木県へと戻る。

2024.01.20 (9)

道の駅ましこに到着したが、ただでさえ狭い2輪専用駐車場は満杯で、仕方なく奥の方のスペースに分散して停めることにした。

年間通して気温が上昇気味なのか、1月のこの日も、それほど風もなく陽射しがある内はノンビリできる陽気だった。

今年も代り映えなく過ごすことが出来れば、それが平和な証なのだろう。
まだ一生懸命に遊べる環境ではないが、遊べるうちに楽しまないと、一瞬で状況が変わってしまうことも他人事ではないことも知っている。 出来ることからやらないと。



2023-12-31(Sun)

2023年 走り納め&忘年会

ここしばらくの年末の〆の記事となる 走り納め&忘年会のネタだが、2017年から温泉宿で宿泊忘年会としてから、年を追うごとに参加希望人数が徐々にだが多くなってきてる。

と言うのも、昨年から仕事納めを見計らった開催日を改め、仕事終わり前の週末としたことで、参加に都合の良い方が複数人居たことも参加人数の増加の一因のようだ。

それを踏まえた今回の忘年会は12月23日土曜日)に行うこととした。

2023.12.31 (1)

画像では天候には恵まれてるように見えるものの、気温は10℃未満で見た目ほど上がらずだが、冬でも陽射しさえあれば何とか凌げる気がする。

今回は、車検&修理を依頼されていたメグロ500スタミナK1を試運転代わりに乗ってゆくことにする。

2023.12.31 (2)

新型コロナ感染症の影響でしばらくテイクアウトオンリーだった餃子屋も、前回のカブ系忘年会の記事にも書いた通り、店内で食べられる様になったので、今回も利用させて頂いた。

2023.12.31 (3)

道の駅きつれがわには、予定の集合時間14時半にピタリ到着出来たが、既に1時間も早く到着してる方も居たのには驚きだった。

集合時間も余裕を持った設定にしたが、ここに来るとの連絡があった方々が揃ってから暫しの15時20分頃には宿に向けてスタートすることにした。

2023.12.31 (5)

さすがに一年中で一番日が短い日の翌日なだけあって、15時台でも既に影が長い!!

スタミナK1の本来の速度計は、180Km/hスケールなのだが、この車両には250ccクラスに採用されてる140km/hスケールの速度計が装着されてるので、ギア比も合わず本来の速度以上を指している。

2023.12.31 (6)

宿には16時丁度頃に到着することが出来た。 いつになく単車が多いからか、裏手の屋根下の駐車スペースに案内された。

これまた毎度のことだが、宴会時間まで余裕があるので、各自温泉に入ったり、一足早くアルコールで軽くやったりで様々だ。

2023.12.31 (7)

さて本番となりました。 忘年会の宴会時間となりまして、今回の参加メンバー内での年長者に乾杯の音頭をとって頂きまして!! 乾杯 

2023.12.31 (8)

これまた毎度の流れで、散々の飲み食いの宴会が終わって、食後の温泉や、卓球で汗かいたりも済ませてから2次会で、これもまた夜が更けるまでバイク談義などなど尽きることなく語らうのであった!!

2023.12.31 (15)

明けて12月24日日曜日)走り納めの本番の日となりました。

用事があって、此処で帰宅される方も数人いることも毎回の事、一旦此処で解散する形で、時間のある方は昼過ぎまでのお付き合い。

2023.12.31 (9)

今回はメグロが2台顔合わせをすることが出来た。
どちらもメグロ時代の最後のモデルとなる、250ccクラスのジュニアS8と、ワタシが試運転で乗って来た500ccクラスのスタミナK1となる。

今回の忘年会も、このスタミナK1の所有者さんも来ていて、それがまた50年以上前の10代の頃に乗ったのがジュニアS8だったこともあり、特に懐かしく見入っていた。

2023.12.31 (10)

泊まりの忘年会になってから欠かさず参加されていながら、寒いからと言ってクルマで来られていたのが、今回初めて単車で参加されたこの日が、過去イチ寒い日になってる事実!!
しかも、参加人数も15人と多かったが単車での参加割合も過去イチとなった。

10時を過ぎたこの時間でも吐く息が白いなんて!! 陽射しもないのが残念!!

2023.12.31 (11)

帰宅ルートも毎回同じくきたいばアップルラインを経て道の駅みわで小休止するわけだが、何故か後続のクルマが来ない。

待つこと暫しで、電話連絡してみると、曲がるべきところを真っ直ぐに行ってしまったので、昼食場所とする烏山で合流しましょうとのことになった。

2023.12.31 (12)

単車組は予定通り道の駅みわで小休止。

冷えると、トイレが近くなる傾向なので、夏場より休憩が多くなりがちな動きで設定(笑)

2023.12.31 (13)

あと一っ走りで那須烏山の市街地へと突入!

メグロの走りは至って好調ではあるが、速度計の針の動きが異常になってくるのが分かる。
スピードの上がり方の勢いによっては、唸り音も発生させることもあるので、このままでは壊れるのも時間の問題のように思える。

2023.12.31 (14)

昨年の同じ時も寄らせてもらったが、その時は外で待ってる方も多数見えていたので、此処での食事は断念したが、11月のメグロのイベントの時は入れたこともあり、今回も少し早めに到着出来たので入店が可能であった!

料理は相変わらず満足させて頂けたので、またの機会にも利用させて頂きます!!

此処からの帰り道、宇都宮市内を渋滞気味のクルマの流れで走っていたら、とうとう速度計の針がグルグル回転し始め、挙句の果てに真下を指したまま不動になってしまった。

そもそもが機種違いの速度計なので、出来れば同一機種の速度計を装着したいこともあり、この壊れたモノを修理してまで装着することもなかろうと。 まぁ運よく入手出来ればの話だが、なかなか上手く見付からないだろうなぁ~!!
会津田島は雪のシーズンなこともあり、来春迄預かることになってるので、まだ時間的な余裕もあることから気長に探してみることにする。

2023-12-23(Sat)

基本OHVカブ限定、シンチーム A・R・E 発足忘年会

9月終わりに、OHV型エンジンを有するホンダカブ号でチャレンジいろは坂 」と題して奥日光迄カブを走らせたのが初めてとなったグループは、その流れと時期から忘年会で再び集まることとなり、お誘いを受けることとなった。

そんな、今回12月9土曜日は忘年会会場に向かいがてら宇都宮で餃子を頂く。

2023.12.19 (1)
 
新型コロナ感染症の影響をもろに受けた飲食業だが、この行きつけの餃子屋さんも ここ数カ月でやっとテイクアウトオンリーから脱した。

但し、コロナ前は白飯のセットもあったのが、訳アリで餃子オンリーとなってしまったことは残念だ。
しかし、店で焼き立てを食べられるのは久々でいて嬉しい ♪ つい画像を撮る前に食べてしまった(笑)

2023.12.19 (2)

宇都宮から国道4号線を北上し、鬼怒川を渡ったら川沿いに曲がる国道4号線と別れ、道なりに真っ直ぐ進むと那須烏山市に入る。

今度は那珂川烏山大橋で渡って道なりに進むこと暫し、目指すところの古民家を左手に見付けることが出来る。

2023.12.19 (3)

指定された集合時間よりは早目に着くことが出来たが、山に囲まれてるだけあって、陽射しが遠のくのが早いようだ。

2023.12.19 (4)

時期になると、ホタルやオオムラサキの観察が出来るほどだけあって、「 ホタルの里の古民家 おおすぎ 」と銘打つ施設になる。

今回の声掛け人は、自身で仕上げたホンダ・カブ号のOHV型エンジンの中では最大排気量を誇る CM90型を見せつけ、希望の方々に試乗させたりして面子が揃うまでの場繋ぎに盛り上がっていた。

2023.12.19 (5)

日も暮れ、ほぼ面子が揃ったところで時間となりました! 今回の集まって頂いた経緯やらそれまでの愚痴やらで始まりの挨拶となります。

2023.12.19 (6)

兎にも角にも乾杯!!!

鍋や、炭火焼肉やオデンなどなど準備された方々の気合の入り様が伝わる食事や、この古民家の雰囲気も相まって、盛り上がらない訳が無いほどである!!

2023.12.19 (7)

ジャンケン大会でも盛り上がるが、持ち寄ったグッズや部品などなどのオークションなども目が離せない。

この時期、囲炉裏を囲むだけではなく、この施設は床暖房となってることもあり、競りの勢いに拍車が掛かるのかも!?

2023.12.19 (12)

なんと!初めに出迎えてくれた カブCM90 もオークションの出品物であった!
これは、ベース車体と仕上げた手間を抜いた部品代を足した分をも大幅に割り込んだ額からスタートしたが、ほぼ出来レース的に しかも競らずに購入者が決まったようだ。

それにしても、OHVカブ好きには目玉商品であった。

この盛り上がりがそのままで、推定平均年齢63歳くらいの面子の多くが、12月10日曜日)と日付が変わっても勢いが止まらない。 午前2時半を過ぎるまで床暖房の効いた囲炉裏端でワイワイと盛り上がってるのには驚いた!!

2023.12.19 (8)

朝食までがセットで、画像取得後に とろろの小鉢も来ました。

2023.12.19 (9)

スーパーカブC105で自走参加の方も居たが、12月と言えど陽がある内は比較的暖かく感じたこの日なので、帰りもノンビリと行けるような。

2023.12.19 (10)

次回の集まりはまだ未定ではあるが、来年も何度か足を運ぶことになりそうな良い雰囲気のロケーションなのは間違いない。

2023.12.19 (11)

帰り道に、先月行われたメグロのイベントでも紹介された、地元商工会がカワサキからの依頼で仕上げてるメグロ500Z型の骨格と、エンジンが展示されてると聞いたので、山あげ会館に寄って再度見学してきた。

ここもまた時折寄らせて頂くことになりますので、更なる仕上げの途中経過が見られるのかな?? 
今後もっと烏山が近く感じることになるでしょう!? ・・・そんな訳で早速明日も顔を出す予定でして(笑)

FC2カウンター
プロフィール

☆シルバー

Author:☆シルバー
.
思いっ切り旧式でもないが、比較的古い物は好き♪ かと言ってアナログ主義でもない 必要以上に高性能を求めない。 ってか高性能は扱えきれないので…。

フリーエリア
カテゴリ
最新コメント
最新記事
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR